レシートと領収書両方が欲しいけど可能なの?違いは何?

レシート 仕事

確定申告や経費の精算で必須となるレシートと領収書ですが、その両方を同時に発行してはいけない理由をご存じですか?

また、レシートと領収書で処理の仕方に違いはあるのでしょうか?

簡単にまとめてみましたので、参考にしてください。

 

 

レシートと領収書の両方が欲しいんだけど…

領収書を発行するとき、同時にレシートを渡さないことは広く知られていますが、

実は法的に問われるようなことではありません。

ではなぜ、一般的にレシートと領収書は同時に渡さないようになっているのかというと、

  • 精算時の混乱を回避するため
  • 不正な請求を防ぐため

とされています。

 

仮に、レシートと領収書を同時に精算に回した場合、同じ内容の処理が2回行われてしまう可能性があります。

そういったミスや不正を回避するために、領収書を発行した場合のレシートは店側が保管するようルールを決めているケースが多くなっています

レシートより領収書の重要度の方が高いように思われがちですが、定義としてはどちらも同じで「収支の証明書」の役割を果たしています。

 

レシートと領収書の違いって?

では、なぜわざわざ領収書を発行する必要があるのでしょうか。

それぞれの違いからひも解いてみましょう。

 

レシート

  • 購入品が項目ごとに細かく明記されている
  • 購入日、時間、店舗などが明確に記載されている

 

領収書

  • 品名の詳細はなく、総額と但し書き、発行者名(または店舗名、企業名など)が記されている
  • 宛名を明記しなくてはならない
  • 手書きのものが主流

 

レシートは主にデジタル印刷されたもので、日付・時間・品目・数量・金額など正確に証明することが可能です。

一方領収書は、商品購入後に必要に応じて発行が可能で、宛名・総額・日付・発行者名手書きしてもらいます。

 

では、それぞれのメリット・デメリットとは何でしょう?

 

レシートでも最近では領収書として取り扱えるよう、宛名を記入する欄が印字されている場合もあります。

しかし、レシートに使われる感熱紙は、摩擦などで印字が消えることがありますので、手書きの領収書の方が重宝される傾向にあります。

レシートをもらう場合は、印字面を中に折り畳んで、空気に触れないようにしておくと、多少印字が長持ちしますよ。

 

一方で、領収書は「正確さに欠ける」というデメリットがあります。

手書きである分、ミスが起こりえますし、改ざんも容易になります。

よって、経費等の精算時は、レシートを求める企業も増えています。

 

 

レシートを領収書に交換してもらうのは後日でも可能?

本来、レシートや領収書は金銭のやり取りがあった日に発行されるものですが、店側(発行者側)が支払の確認を取れる場合は、後日発行も可能です。

しかし、店によってはトラブル防止のため、後日発行を禁止していることもありますので、事前の確認は必要でしょう。

また、発行を希望する場合は、引き換えにレシートを渡す事もお忘れなく。

 

レシートと領収書についてのまとめ

難しく考えがちな領収書ですが、その用途はレシートと同じだということが分かりましたね。

どちらも大切な収支の証明書であることに変わりはありません。

しかし、不正請求防止の観点から、両方を渡すお店はほぼありません。

用途に応じてどちらを貰うべきかを考えて、紛失したり、印字が消えたりしないよう、取扱いには十分注意しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました