兄弟喧嘩で暴力を止めるには?効果的な対応と仲直り方法をアドバイス

兄弟喧嘩 子育て

スポンサードリンク



兄弟喧嘩

毎日のように絶えない兄弟喧嘩。

さすがに、ウンザリしているママも多いのではないでしょうか?

 

しかし、子供は兄弟喧嘩から様々なことを学ぶことができるため、決して悪いことばかりではないんです。

 

とはいえ、どちらかが手をあげてしまう場合はケガの心配などもありますし、放っておくわけにはいきませんよね。

兄弟喧嘩でカッとなって暴力をふるう子供を止める方法はあるのでしょうか。

 

また、兄弟喧嘩に親が介入しすぎることはよくありません。

より喧嘩がヒートアップしたり、兄弟の関係が悪くなってしまうこともあり、根本的な解決にはならないことが多いのです。

では、親は兄弟喧嘩にどのように間に入って、仲直りさせるべきなのでしょうか。

 

今日は兄弟喧嘩の際に親がすべき対応についてみていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

兄弟喧嘩で暴力をふるう子供を止めるには?

どちらかが手をあげるような激しい兄弟喧嘩が始まったら、ママが悲しむ様子を見せるのが効果です。

 

「2人のこと大好き。それなのになぜ喧嘩をするの?」

「2人が喧嘩をしている姿を見るのは悲しいよ」

 

そんな言葉を涙ながらにかけてみて下さい。

子供の心に響き、喧嘩を止めてくれるでしょう。

 

兄弟喧嘩をしている時には、子供同士も親もイライラ状態です。

そんな中でママが怒鳴ったとしても、子供たちのイライラは増すばかり。

一層喧嘩が激しくなるだけです。

 

「ママは悲しい」

 

それを大きな声で伝えてみて下さい。

 

 

喧嘩を止める方法はもう1つ。

それは、喧嘩から気をそらすということです。

 

お子さんがやってはいけないことや、怒られることがわかっている時には、もちろん兄弟喧嘩で手を出すことも悪いとわかっています。

 

それでも取っ組み合いの喧嘩が始まってしまったら、

 

「はい!もう終わり!」

「ジュース欲しい人~?」

 

そんな風に気をそらすような言葉をかけてみましょう。

 

お子さんが大好きなジュースやお菓子などを用意していれば、喧嘩なんてなかったように、ケロッとして食べに来たりするものです。

 

 

また、お子さんがまだ小さいようであれば、ママの身体を使って止めてあげましょう

 

特に手が出てしまうという時は興奮している状態です。

そのような時には、言葉だけでは気持ちを落ち着けることができないこともあるでしょう。

 

抱きかかえて違う場所に移動したりすると、ママのぬくもりを感じられますので、お子さんの気持ちは落ち着きます。

 

スポンサードリンク

 

兄弟喧嘩に親はどう対応するのがベスト?

兄弟喧嘩に親が介入しすぎるのはNGです

頭ごなしに叱ったり、どちらかの肩を持つのも良くありません。

 

頭ごなしに叱れば、喧嘩は一時的に収まるかもしれませんが、それでは、子供は何も学ぶことができません。

子供というものは、実は兄弟喧嘩で様々なことを学んでいます。

 

・遠慮する気持ち

・相手の立場に立って考えるということ

・力加減

 

兄弟喧嘩から人との関わり方、コミュニケーションなどを学んでいます。

 

 

また、理由を聞かないで叱ることは反発心を生み出します。

 

「自分は悪くないのに」

「自分よりお兄ちゃん(弟)の方が可愛いんだ」

 

そんな気持ちでは、素直に話を聞いてくれません。

どちらか一方の話だけでなく、しっかりと両者の話を聞いてあげましょう。

 

その上で、叩いてはいけないことや、大きい子が一歩引くことなど、伝えるべき大切なことを教えていきましょう。

 

 

親は兄弟喧嘩はあって当たり前、何かを学んでいる。

そんな気持ちで黙って見守ることも大切です。

 

手をあげてケガをする心配がある時には別ですが、それ以外は放っておくというのも1つです。

親が必要以上に止めてしまえば、兄弟喧嘩をしても親が止めてくれると思い、自分たちで解決できなくなります。

それでは、将来何か困難にぶつかった時にも解決できず、打たれ弱い人間になってしまいます。

 

また、兄弟というのはかけがえのない存在であることは日頃から話して聞かせてあげましょう。

そして、仲良くしている時には褒めてあげましょう。

お子さんは親に褒められるのは何よりも嬉しいことです。

 

兄弟喧嘩で上手く仲直りする方法

兄弟喧嘩をしても、意外と親が口を出さなくてもいつの間にか喧嘩が終わり、仲直りして笑い合っているということも多くあります。

 

下手に親が口を出してこじらせるよりも、ある程度喧嘩をさせて自分たちで考えさせ、仲直りをさせるのが良いでしょう。

 

 

親が仲直りのお手伝いをする場合にはこんな方法もあります。

 

・怒っている子供を抱きしめてあげる

・順番にくすぐったりして笑わせて最後はみんなで笑う

 

いくらヒートアップしているお子さんでも、ママにギュッとしてもらえたら気持ちが落ち着き安心するでしょう。

それが仲直りのきっかけになることもあります。

 

くすぐられれば、どうしても笑ってしまいますよね。

声を出して笑えば、怒った気持ちも薄れていくでしょう。

ママも一緒に笑えばイライラしていた気持ちを忘れられますよ。

 

まとめ

毎日のように続く兄弟喧嘩は、親も子供もイライラ!

しかし、頭ごなしに叱ったり、むやみに止めてしまったりするのは絶対にNGです。

 

お子さんが人との関わり方やコミュニケーションなどを学ぶという経験を奪ってしまうことにもなります。

時には喧嘩を黙って見守り、時にはママが平等に話を聞き、大切な話を伝える。

 

兄弟喧嘩はある程度成長すると、自然と少なくなるものです。

イライラする気持ちを抑えるのは大変ですが、それまでは兄弟喧嘩は当たり前と割り切って対応していきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました