宿題をしない子供は放置か怒るべきか?自主的に宿題をさせる方法とは

宿題を手伝う親

こんにちは!私は現在小学5年生と2歳の子がいる母親です。

学校があるときは、毎日宿題や家庭学習がありますよね。

うちの子は、勉強大嫌い!なので、自分からやることはありませんでした。。。

「家事に追われているのに子供の宿題まで見てられない!」

「私だって夜はゆっくりしたい!」

そんな日々が続いていました。

下の子がいる場合は、もっともっと大変です。

宿題を見てあげたいけど、見てたら下の子が大暴れ(;´Д`)

ですが、なんと!最近は自分でやっているんです!

これは本当に助かっています。

ここまで来るのには、色んな方法を試しました。

どんな方法を試したのか、みなさん知りたいですよね?^^

今回は、私が実践したやり方を惜しみなくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

宿題をしない子供を放置するのはあり?

基本的に宿題をする気配がないからといって、放置はNGです!

「お母さんもしなくていいと思ってる!」と思われてしまいます。

でも、『見守る』と『伝える』の2点セットで進める方法は効果的です!

宿題、やらなくても良いよ。でもそれで困るのはあなただよ。

お母さんは困らないのよ。あなたのために言ってるのよ。

というような気持ちで、優しく伝えてください。

もう小学生ですから、自分で考えることができます。

自分の子を信じて、見守ってみるという方法はとても良いです。

また、毎日言い続けるのも良くないです。

毎日優しく言ってても、「聞き慣れちゃう」んですよね。

なので、週2回程度が良いと思います。

もちろん、その間には宿題をしない日もあるでしょう。

私の場合は、事前に学校の先生に連絡を入れていました。

うちの子は自主的に宿題をしません。でも自分からやれるように私頑張ってみます!なので、先生も見守ってくれますか?

という感じです。

事前に伝えておくと、先生も心配せずに待っていてくれました。

でも、自分が家事や時間に追われてしまうと、ついつい

「宿題やったの?!」

「まだなの?!」

「やりなさい!!」

と言ってしまいませんか?私は言っていました…orz

ですが、それが良くないことなのだと気付きました。

次章ではその理由について説明していきます。

スポンサーリンク

宿題をしない子供を怒鳴ったり、ガミガミ言うのは逆効果?

宿題をしない子供に対して、ガミガミ言うことはオススメしません

理由は、

  1. お母さんに言われたらやろう!
  2. お母さんに怒られたくないからやろう…

の2パターンに分かれてしまうからです。

パターン1ですと、ずーっと言い続けなければいけませんね。

パターン2の場合は、宿題はやるようになりますが、親子関係がギスギスしますし、更に嘘をつくようにもなります。

それでは全く意味がないですよね。

せっかくなのですから、「宿題やらなきゃ」と自分で思ってもらえるように工夫をしてみましょう!

次章では、私が実際に試した工夫方法をお伝えします。

自主的に宿題をさせる効果的な方法

宿題を子供自ら率先してやるようにするためには、いくつか方法があります。

順番に紹介していきましょう。

1.宿題をやりたくない理由を聞く

これはスタンダードですね。

宿題をやらないからには、何からしら理由があるはずです。

「勉強が嫌い」「宿題が難しい」「ゲームをやりたい」「YouTubeが見たい」などが挙がるかと思います。

そして、その理由を否定せず、自分が小学生だった時を思い出し、伝えてみてください。

「そういえば、お母さんも宿題は嫌だったな〜」

「だよね〜。ゲーム楽しいしね♪」

と、私は言っていました。

そしてそのあとで、

「でも、宿題って先生とのお約束だよね?先生に、宿題やりません!って言ってきた??」

「先生に何も言わないで、宿題をやらないって…約束やぶってない??」

と聞いてみてください。

私は「宿題=先生とのお約束」と思っていて、それを子どもにも伝えています。

2.一緒にやる

忙しいお母さんにはちょっと大変ですが…一度やってみませんか?

「じゃあ、お母さんと一緒に宿題やらない?」

は私がよく言っていたフレーズです^^

ノートを用意し、問題を写させてもらって、一緒に勉強しました。

そして実際やってみると、不思議と、私も悩む問題がありました(笑)

「あれ…どうだっけ?!」と言ってしまう場面もありましたし、

逆に子供に教えてもらったりもしました(^^;)

そこで子供は得意げに教えてくれたりもして、ちょっと自信がついたようです。

親子交流も兼ねて、「宿題を一緒にやる」という方法はオススメですよ。

3.時間で区切る

これ、意外とやっていないご家庭が多いです!

その子によって、勉強の理解度って違いますよね?

宿題をやらない理由が「勉強が嫌い」「苦手」の場合には、当然、宿題にかかる時間も長くなってしまいます。

うちの子は特に勉強ができなかったので、宿題に2時間近くかかる日も…

そんなこと毎日やったら尚更嫌になりますよね。

目安として、学年×10分が勉強時間の目安と言われているので、3年生だと30分、6年生だと1時間になります。

そして、それ以上は無理にやらないで良いと思います。

また、開始時間と終了時間を宿題の空いているスペースに書くようにしていました。

こうすることにより、しっかり勉強に取り組んだ時間がわかるようになります。

出来ないのは、その子が悪いわけではないと思っています。

私たちも、子供の時「得意教科」「苦手な教科」ってありましたよね?

今でも「家事は苦手…」なんてこともありますよね。

それと同じです。

理解できてないところは、土日や夏休み・冬休みを利用して、少しずつ勉強すれば良いのです。

4.宿題が終わった後のこと決める

宿題に取り掛かる前に、「宿題が終わったら、何する?」と聞きます。

例えば我が家の場合だと、

  • 一緒にゲームをする
  • おやつタイム
  • (女の子なら)恋バナ?!
  • 休みの日の予定を考える

などを宿題後にやっていました。

「宿題終わったら、今度の日曜日何するか決めよ!」

「行きたいとこある?!」などです。

そのあとに楽しいことが待っている!と思うと、「宿題がんばろ〜!」とモチベーションアップに繋がるお子さんもいることでしょう。

まとめ

我が家ではこの4つの方法をやってみることで、いつの間にか自分から宿題をやるようになりました。

うちの子の場合は、「宿題終わったよー」という声もかけてくれるようになりました!

今でも「宿題が終わったあとのことを決める」戦法は効果バツグンです。

だんだん子供の方から、

「宿題終わったらこれやろ?!」

「宿題終わったらおやつ食べていい?」

など聞いてくれるようになりました。

自主的に宿題をやってもらうことで、親も負担軽減です^^

毎日「宿題しなさい!!」と言うのは、こちらも疲れちゃいますしね…

「自分から宿題やろう!」と思ってもらえるように、もう一工夫、親である私たちが頑張ってみましょう!

でも、頑張りすぎは注意が必要です。

1日~2日で効果が出るものではありません。

長い目で、サポートしていきましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする