パパママ必見!歯医者が怖いと泣く子供を説得する方法

小児歯科 子育て

スポンサードリンク



子供の歯磨きをしていると、虫歯らしきものが!

すぐに歯医者に連れて行きたいけど、

ぜったい嫌がるだろうなぁ…

 

なんで子供って歯医者を怖がるのでしょう?

大人になっても怖いという人は多いですよね。

 

得体の知れないギラギラ光る怪しい器具。

表情がよくわからないマスク姿の大人たち。

 

言われるがまま、診察台に乗せられて

 

「はい、あーんして」

 

と言われた次の瞬間には、

口の中に広がる謎の不快感と響く不快音。

一体何が起こっているのかもわからず

幼い心はパニック一色!!

 

これだけでもトラウマレベルなのに、

お家に帰ったら帰ったで、

 

「ちゃんと歯磨きしないと、虫歯になって

歯医者さんで痛いことされるんだから!」

 

と、子供に歯磨きを強要するために

歯医者さんを出す親もいるかもしれません。

 

これが更なる刷り込みとなって、

子供は「歯医者さん=怖いもの」として

認識してしまうのではないでしょうか。

 

子供が歯医者が怖いと感じるのはなぜ?

歯医者

何よりもあの雰囲気が子どもにはNGでしょう。

不快な音だけが響く無機質な白い空間に、

先の尖った怖そうな器具やマスク姿の大人が

恐怖心を一層駆り立ていると考えられます。

 

更にここで痛い思いをすれば、

歯医者さんは痛いことをされる怖い場所

という認識が出来てしまいます。

 

自分の口の中が見えない状態で

よくわからない医療器具を入れられ、

ギュイーンと歯を削られでもしたら、

痛くなくても恐怖心から泣いてしまいます。

 

子供のうちは乳歯から永久歯への生え変わりで

定期健診で歯医者に行く機会が多いものです。

 

いつもの定期健診だと思って行って、

ついでに虫歯治療もされようものなら

不意打ちすぎて余計にトラウマに

なってしまいますね。

 

また、冒頭で述べたように、

『親や周囲の環境による刷り込みも

歯医者を怖いものとしての認識を助長させている』

といっても過言ではないでしょう。

 

「悪いことしたら、歯医者連れて行くよ!」

 

なんて脅し文句に使おうもんなら、

子供の中で歯医者に対するイメージが

良くなることはまずないでしょうから、

気を付けましょう。

 

スポンサードリンク

 

「歯医者は怖い」を克服するとっておきの方法とは?

楽しい歯医者

子供の頃の歯医者通いがトラウマになって

未だに歯医者さんが怖い…という大人の方は

少なくないでしょう。

 

幼少期にトラウマのない私でも、

進んで歯医者に行こうとは思いません。

やっぱりなんとなく怖いからです。

 

実は私は虫歯ができにくい体質で、

初めて歯医者さんに行ったのは

成人してからでした。

親知らずが疼いていたため受診しました。

 

治療前には不安に思っている点を

担当医に相談しました。

 

  • 何をされているか分からない
  • 嘔吐反射が出やすい
  • 治療中にオエッとなったらどうすればいい

 

すると先生は治療が始まると、

まず「今から〇〇をします」と教えてくれて、

オエッとなりそうなときは手を挙げることで

こまめに治療を休止してくれました。

 

このように患者の気持ちをよく汲んで、

心理的負担を減らそうとしてくれる

歯医者さんを見つけることが大事です。

 

日本の歯科はコンビニより多いと

言われていますからね!

イマイチ相性が合わないな…と感じたら

どんどん新規開拓をしちゃいましょう。

 

お子さんの性格にもよりますが、

歯医者さんに良いイメージを

持って貰うことが一番の克服に繋がります。

 

できれば、小さい子供の扱いに慣れた

小児歯科を探すと良いしょう。

 

私の友人は幼稚園から高校まで

ずっと同じ小児歯科に通っていました。

みなさん優しくて居心地が良かったのだとか。

 

あちこちにアンパンマンのイラストや

人形が飾ってあって、BGMや先生の鼻歌まで

アンパンマンの曲だったそうです(笑)

 

スタッフさんも怖くないようにマスクを外し、

胸にはそれぞれキャラクターのバッヂを付けて

小さい子に受け入れてもらいやすいよう

色々工夫されてたみたいです。

 

しかも、診察中は小さい手鏡を持たせて、

今どんな治療をしているかを見れるようにして

安心感を与えてくれたとのこと。

 

これを聞いて「良い歯医者を見つけたなぁ!」

と思いましたね。

小さい頃に地元の歯科で泣きじゃくって

すっかり歯医者嫌いになった従妹を見かねて、

お母さんが必死に探してくれたそうですよ^^

 

幼稚園に通っているくらいのお子さんですと、

歯科医や衛生士とのコミュニケーションを取って

信頼関係を構築することが可能と思われます。

 

そして信頼関係が築けた上で

どうして治療が必要なのか、

具体的に何をされるのかがわかれば、

恐怖心も少しは薄まるのではないでしょうか。

 

ママ友などのリアルな口コミを参考に、

良い歯医者さんを根気強く探してみましょう!

 

歯は一生ものですからね^^

お子さんと相性のいい歯医者さんに

巡り合えればいいですね!

 

まとめ

まずは親御さんが、

歯医者さんへのマイナスイメージを

お子さんに植え付けないことが大事です。

 

ご自身が歯医者さんのお世話になった時も、

「歯医者さんできちんと治してもらったから、

美味しくご飯が食べられるよ♪」など、

歯医者さんのイメージアップをしましょう。

 

そして、お子さんを褒めてあげましょう。

「ちゃんと歯医者さんの言う通りに出来たね」

「お行儀よかったね」

などなど。

 

歯医者のトラウマを克服しておけば、

これからの人生絶対楽だし得です!

気になることができた時に、

迷いなく歯医者に行けますからね。

 

年老いた時に全て自分の歯か否かによって、

食べる楽しみも見た目も全然違ってきます。

定期検診は、子供にも大人にも必要です。

 

ぜひ、歯医者に行くことの大切さを

小さいうちに教えてあげて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました