パパ&ママ必見!子供にもわかるやさしい逆上がりの教え方

鉄棒少女 子育て

スポンサードリンク



幼稚園の年長さんや小学生になると、

鉄棒遊びが始まりますね。

小学校では体育時間でも「鉄棒」があります。

 

果たしてうちの子はできるかどうか…

親としては心配です。

 

でも、大丈夫!

初めはなかなか出来なくても、

一度できるとコツをつかんで、

あとは繰り返しできるようになります。

 

一緒に練習をして

なんとかできるようになって欲しい…

そんなパパ・ママ必見!

逆上がりができるようになる3つのコツ

を教えたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

まずは感覚を掴もう!逆上がりを成功させるコツとは

公園

うちの子は運動神経が良くないし…

なんていう心配は要りません。

逆上がりに運動神経は関係ないんです。

 

大事なのは、腕の力と足の蹴る力です。

 

まず、逆上がりを練習する前に

いくつかポイントをご紹介します。

 

一つ目は、

子供の筋力がどのくらいあるかを知っておく

 

鉄棒を握ってぶら下がり、

10秒キープ出来るかやってみましょう。

これが出来れば、

逆上がりができるだけの腕力はあるはずです。

 

二つ目は、自分に合った鉄棒の高さを知ること

 

あまり低くても高くても

上手に力が加わらないので

胸と腰の中間あたりの高さの

鉄棒を選びましょう。

 

三つ目は、恐怖心をなくすこと

 

そして「自分は出来る!」という

自信を持って臨むこと。

逆上がりの動画などを見せて

イメージトレーニングをし、

出来るんだと思いこませてあげることが大事です。

 

逆上がりの持ち手は、

鉄棒を上から握る「順手」

下から握る「逆手」があります。

 

私が子供の頃は「逆手」と習いましたが、

落下しやすいというリスクもあるため、

今は「順手」が主流のようです。

 

これがわかったところで、

実際に逆上がりを実践する時の

3つのコツをご説明します。

 

1.足を前後に開いて後ろ足を蹴り上げる

足を空に向かって蹴り上げるイメージで、

思いっきり上げます。

 

2.前足を「えいっ」と踏み切る

腕の力と同じくらい蹴る力が大事です。

後ろ足が上がったらそれを追いかける感じで

前足も蹴り上げましょう。

 

3.おへそを鉄棒につけるように肘を曲げる

足を蹴った勢いで腕を胸に引きつけ、

おへそを鉄棒につけて肘を曲げたまま回ります。

 

この練習を何度もしていくと

だんだん身体が動くようになります。

 

くまっけJAPANさんのわかりやすい

実践動画もご紹介しておきますね。

2018年版!逆上がりの3つのコツおまけ付き【できる】

 

 

補助を付けてみよう!逆上がりの練習にはタオルが有効

応援パパ

やっぱりまだ一人の力ではちょっと難しい…

という時は、手で少し腰の辺りを支えてあげると

割と簡単に回れます。

 

何回もやって感覚を掴ませるには良い方法です。

自転車の補助輪を外す時と同じような感じですね。

 

また、一般家庭にはなかなかないと思いますが、

蹴り上げ練習用に大きい板があると便利です。

私の時はロイター版を使って練習してました。

 

板をトトンッ!と駆け上る感覚で足を上げれば、

すぐ鉄棒に足を引っかけられるので、

蹴る力が弱い子でも感覚を掴みやすくなります。

 

足が上に上がるようになったら、あともう少し!

今度はパパ・ママの補助なしで

自分でやってみましょう。

 

その時に準備して欲しいのが

フェイスタオルです。

 

やり方は、

タオルの両端を掴んで腰の後ろに持っていき、

タオルを掴んだまま鉄棒を握り、腕を引きつけて

足を蹴り上げます。

タオルの長さは少しずつ調整して、

やりやすいベストな長さを見つけて下さい。

 

まとめ

子供は褒めて伸びます。

練習中は声をかけ続けてあげて下さい。

 

決して、

「なんで出来ないの!?」

なんて言わないで、

根気強く親子で一緒に練習していきましょう。

 

きっと諦めなければできるはずです。

がんばって!

 

タイトルとURLをコピーしました