すぐ物をなくす子供と旦那にできる対策はこれでバッチリ!

おもちゃ遊び 子育て

スポンサードリンク



使おうと思った物が見つからない!

どこに置いたのか忘れてしまった!

 

だからつい

「ねえママ、○○どこ~?」

と聞いてしまう。

 

子供は物をなくすことが多いですよね。

食事の支度をしている時など、

家事の真っ最中でも手をとめて探してあげないと

見つけられないこともあるでしょう。

 

子供だから仕方ないと思って

何も対策しないままでいると、

大人になっても同じことを続けてしまうかも。

もしかして、旦那さんも子供と同じように

「ママ~」と頼っていませんか?

 

こんな時どうやって対処すればいいのでしょう?

物をなくす原因を突き止めて、

解決方法を考えてみましょう。

 

まずは物をなくすことが多い子供の性格を知ろう

おままごと

子供が物をなくしやすいのは性格というより、

1つのことに集中しやすいからと考えられます。

 

子供が好きな遊びに夢中になっている時の

様子を観察してみてください。

本当に集中していると、

名前を呼んでも耳に届かないほど

夢中になっていることがあります。

 

大人の場合はどれほど集中しても、

呼びかける声が耳に入らないほど

入り込むことは滅多にありません。

それほど1つのことに集中しやすいのが

子供なんですよね。

 

だから1つの欲求を満たしている間に、

1つ前のことをすっかり忘れてしまうことも

あるわけです。

 

物をなくすことが多い子供のことを、

「だらしない」と思い込むのは早計です。

 

物をなくしやすいのは、

素晴らしい集中力を持っているから

と思うようにすれば、ネガティブに考えることも

なくなるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

旦那さんが大人になっても物をなくす理由は?

考えるパパ

子供が物をなくすのは経験すること全てが新鮮で

1つ1つの行動が上書きされてしまうほど

印象に残りやすいからでしょう。

 

ですが、大人になれば日常生活で行うことは

ほとんどが経験済みなので新鮮味もなく、

記憶が1つ1つ上書きされることも少なくなります。

 

それなのに物をなくす大人って何なのでしょう?

旦那さんが物をなくしやすい人だったとしたら、

自分が使うものや必要な物を自分自身で

管理してきた経験が薄いからだと考えられます。

 

例えば、子供のころに物をなくしても、

いつも親が探してくれたので

自分では探す努力をしなかったとか。

 

または、遊んだ後のおもちゃを自分で片付けずに

人任せでそのまま成長してしまったとしたら、

その習慣が大人になっても続いている

可能性があります。

 

すぐ物をなくす子供と旦那さんに有効な方法!

子供部屋

子供でも旦那さんでも、物をなくす度に

ママを呼んで助けを求められるのは困ります。

 

ママは暇じゃありません!

 

ということで、物をなくしやすい家族のために

今からできる対策を考えてみましょう。

 

自分で片付けさせる

子供でも大人でも、自分が使った物を

元の位置に戻すことはできるはずです。

 

出しっぱなし、使いっぱなしにした物を

見つけた時は必ず自分で片付けさせましょう。

 

見つけた時に何も言わずに

ママが片付けてしまえば、

結局見つけられなくてママに助けを

求めることになってしまいます。

 

どんなに散らかっていても、ママはノータッチ

これを頑として貫きましょう。

 

定位置をわかりやすくする

物をなくしやすい人は、

片付ける時に何のルールも作らずに

ただ収納場所に押し込んでしまいがちです。

 

おもちゃの場所・本の場所と、

定位置をきちんと決めることで

探す時も見つけやすくなります

 

少し不格好でも、その習慣が身につくまでは

収納場所に目立つシールなどを貼って

それぞれグループに分けて

収納しやすくしてあげましょう。

 

目で探す習慣をつけさせる

探しているものが見つからないと、

すぐに人を頼るのは癖のようなものです。

自分で見つけようと努力しなければ、

きちんと物を管理できない大人になりかねません。

 

子供の頃からその習慣を

身につけさせることが大切ですが、

大人になっても癖が直っていない旦那さんには

「口で探さずに目で探してね」

とその都度言って聞かせましょう。

 

「ママ~」とか「お~い」と呼べば

自分の代わりになって探してくれる人がいるのが

当たり前という環境を変えなくてはダメです!

 

まとめ

物をなくすことが多いのは

年齢の低い子供では普通のことなので、

それほど心配することはないですが、

できるだけ自分で探させる習慣を

身につけるようにしていきましょう。

 

徐々に自分の物をきちんと整理整頓できるよう、

子供専用の収納スペースを作ってあげて

楽しみながら片付けられるように

環境を整えてあげてください。

 

タイトルとURLをコピーしました