みんなどうしてる?子供のお小遣いっていつまであげればいいの?

貯金箱 子育て

スポンサードリンク



子供が成長するにつれて行動範囲も広がります。

そうなると、子供が友達と買い物に行く時などに

お小遣いが必要になります。

 

そこで気になるのは、子供のお小遣いに関して

どのように考えればよいのかということですね。

 

そもそも、子供のお小遣いを始めるとして、

いつまであげればいいのでしょうか?

これに関しては意見が様々なようです。

 

高校生になると、自分でバイトをする子もいます。

その場合、親からお小遣いをあげることも

なくなります。

 

しかし、バイトをしない子やバイト禁止の学校に

通っている場合には、そのままお小遣いを続ける

ということになるようです。

 

更に、県外の大学に進学する場合は、

「子供への仕送り」という形で

小遣いを渡すケースも見受けられます。

 

このように、家庭の在り方やバイトの有無により

お小遣いをあげる期間は人によってバラバラです。

 

ただ、お小遣いをやめる時期はほとんどの家庭で

一致しているのではないでしょうか。

それは、子供が仕事に就いた時です。

子供がお給料をもらい始めると、

親からのお小遣いは必要なくなりますからね。

 

そこで、今回はこれからお子さんに

お小遣いをあげようかという時期に

差し掛かっている、ママさん・パパさんに

世間のお小遣い事情についてご紹介します。

 

子供のお小遣いはいつから始めるものなの?

おこづかい

まず、子供のお小遣いは何歳くらいから

あげるのが良いのでしょうか。

 

こちらは調べてみると、一般的には

小学生からという家庭が多いようです。

私の子供時代も小学校からでしたね。

 

理由としては、子供の小学校入学を機に、

ママが働き始めることが多いからです。

そうなると、親と離れて行動することも

増えて、お小遣いが必要になるということです。

 

我が家では、まだ子供たちにきちんと

お小遣いを与えてはいません。

子供が帰って来る時間帯に

私が家にいることが多いので、

別途お小遣いを渡す必要がないからです。

 

欲しいものがある時は、

その都度渡すようにしています。

子供たちも、今はそれで満足してくれています。

 

しかし、そのうちきっと自分の方から

「お小遣いが欲しい」と言ってきそうなので

その時にはお金の大切さを覚えるためにも

お小遣いを考えようと思っています。

 

スポンサードリンク

 

子供のお小遣いは使い道を話し合って金額と期間を決めよう

小銭

子供にお小遣いを渡す場合は、主に何に使うのか

を予め話し合うことが大切ですね。

 

例えば、自分の欲しい本を買うために

お小遣いが欲しいのならば、

1か月に500円くらいから渡すのが無難でしょう。

 

あまりにも多くのお金を最初から渡すと、

きちんと自分で管理できずに

無駄遣いの癖がついてしまっては大変です。

 

お小遣いをあげるようになったら、

お小遣い帳もつけるように言ってみましょう。

 

私も小1で初めてお小遣いを貰った時、

一緒にお小遣い帳も渡されました。

それからずっと帳簿の習慣が消えず、

今でもExcelでお金の収支管理をしています。

 

このように、ただお小遣いを渡すだけでなく、

お金の大切さ、残った時は貯金することの

大切さも教えていきましょう

お小遣いを通して、

お金のありがたさも学んでほしいですね。

 

まとめ

私は小学校からお小遣いをもらい始めたのですが、

金額は毎週200円だったと記憶しています。

結構、多い方かもしれませんね。

 

使い道は主に漫画やお菓子。

でも、そんなに使わないタイプだったので、

ほとんど貯金にまわしていました。

 

当時読んでいた「ちびまる子ちゃん」で、

まるちゃんが毎日30円もらっているというのを読んで、

「いいな!毎日お小遣い貰えるんだ!」と、

母に「まるちゃんと一緒がいい」と伝えたところ、

「毎日30円と週に200円とどっちが高いか計算してみな」

と言われたことがあります(笑)

 

計算できない残念なオツムだと思われたのか、

翌年のお正月にちびまる子ちゃんの

「おこづかい大作戦」というゲームボーイの

ゲームをプレゼントされたのを覚えています。

 

きっと「大好きなゲームを通してお小遣いのことを学んでおくれ」と思われたのでしょう。

結果は、ただのジャンケンゲームで、すぐ飽きたという(笑)

 

まぁ、そんな私のおバカエピソードはさておき、

お小遣いは子供時代にお金の大切さを

学ぶとても良い機会だと思います。

期間と金額を決めて、子供にお金のありがたみを

知ってもらうきっかけになったら良いですね。

 

タイトルとURLをコピーしました