子供がおもちゃを片付けない!捨てるフリは効果的?

おもちゃ 子育て

スポンサードリンク



何度言っても、子供がおもちゃを片付けなくて

イライラ…というのはママあるあるですよね。

我が家も3歳と1歳の散らかし魔が、

今日も暴れています…( ノД`)

 

なかなか片付けない時もありますが、

上手く声がけすれば、なんとか

片付けてくれるようになりました!

 

今日は私が実践した

「子供が片付けをするようになる方法」

をお伝えしたいと思います。

 

子供の片付けは何歳くらいからしつけるべき?

おもちゃで遊ぶ子供

片付けは習慣が大切です。

子供がまだ小さなうちから

遊んだ後は片付ける」ということを

刷り込むことで、大きくなった時も

スムーズに片付けられるようになります。

 

大人の言葉を少しずつ理解出来るようになり、

おもちゃで遊ぶ機会も増える10ヶ月頃までには

遊んだ後は片付けるように教えると良いですね。

 

「まだ小さいから…」

「言っても聞かないから…」と、

ついつい親が毎回片付けてしまいがちですが、

そうすると子供に片付ける習慣が身につかないので、

結局、後々困ることになるでしょう。

 

とはいえ、毎回小さな子供に

全て片付けさせるのは難しいですよね。

そういう場合は、必ず子供たちが見ている前で

片付けるようにしましょう。

 

そして「〇〇ちゃんも一緒にお片付けしよう!」

と、楽しそうに誘ってあげてください

 

その時には実際に子供が片付けなくても、

遊んだ後は片付ける」ということ自体を

見せることが大切です。

 

「楽だし、早いから…」と、

子供が他のことをしている時や

寝静まった後に片付けるのはおススメしません。

 

子供はママやパパのマネをするのが好きですし、

自然とそうなる傾向になります。

まずは子供たちにお手本を見せてあげましょう。

 

スポンサードリンク

 

子供に片付けを促すべストタイミングとは? 捨てるフリはしても良い?

悩むママ

子供は基本的に飽きっぽいため、

次々といろんな遊びをします。

ちょっと目を離した隙に部屋中おもちゃだらけ…

なんてことはよくあるかと思います。

 

親としては、一つの遊びが終わったら、

それを片付けて次の遊びをして欲しい所です。

しかし、ここはグッと堪えて

まずは好きなように遊ばせましょう。

 

子供は大人には想像もつかないような遊びを

どんどん考えつきます。

 

子供の想像力は無限大で、

ブロックがおままごとのお料理になったり、

「え?!そんな遊び方するの?」と

ビックリすることもありますが、

危なくない限りは見守ってあげて下さい^^

 

じゃあ、いつ片付けさせるのか?

それはあらかじめ決めておいた

お片付けタイム」にです!

 

〇時と具体的な時間で決めても良いですし、

ご飯の前などザックリでも良いと思います。

その時間になったら、

遊びの途中でも片付けさせます。

 

お片付けの時間になったら

毎回決まった曲をかけるのがオススメ

 

小さいうちからやっていると、音楽を聞くと

自然にお片付けモードになってくれるので、

とっても楽ですよ^^

 

それでも片付けない時の最終手段。

「片付けしないなら、おもちゃ捨てるよ!」

言ったことのあるママさんも多いかと思います。

 

私も一度、3歳の娘に言ったことがあります。

捨てる…というか、

おもちゃが家出した」ことにしました。

きちんと片付けるなら戻す予定でしたので。

 

結果、お気に入りのおもちゃが無くなった事が

ショックだったようで、

その日は必死に片付けていましたが、

あまり気持ちの良いものではありませんでした。

 

効果は確かにありますので、

お子さんが幼稚園生くらいになって

何度言っても聞かない場合には、

試してみてもいいかもしれません。

 

しかし、中途半端はいけませんね。

「捨てるなんてウソ!どうせ返ってくるもん」

なんて子どもが思ってしまったら逆効果です。

「約束を守らないなら、本当に捨てる!」

…くらいの覚悟で臨むのがいいのかも(^^;)

 

まとめ

子供に片付けさせるのは中々難しいですが、

きちんと習慣にする事で

少しずつ出来るようにしていきたいですね。

 

ちなみに、我が家の家出したおもちゃの

いくつかは本当に処分しました。

 

お気に入りのものは

「〇〇が無い」

「〇〇いつ返ってくる?」

とよく気にかけてたので数日で返しましたが、

(勿論、ちゃんと片付ける事を約束させた上で)

そうでないものは存在自体忘れていたようなので、

これを機に処分しました。

 

ついつい増えてしまうおもちゃ達。

おもちゃがありすぎて、

片付けきれないこともあるかもしれません。

その子にあった必要な分だけのおもちゃを

大切に持つ事が何より大事なことだと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました