知っておきたい渋滞時のトイレ対策!子供がもよおしたその時に!

渋滞 子育て

スポンサードリンク



GWやお盆、そして年末年始の帰省時には、

公共の交通機関を使うよりも車での移動の方が

子供の小さいうちは楽ですよね。

 

子供連れの遠出は荷物も多いですし、

眠くなったり、泣いてしまった時などにも

車の方が気を遣わないので安心です。

 

ただ、渋滞に巻き込まれることは

覚悟しないといけません。

そこで困るのがトイレ問題です。

 

子供は急にトイレに行きたいと

言い出すことがあります。

そんな時の緊急対策と準備しておきたい物

についてご紹介します。

 

渋滞中に限って子供がトイレに行きたくなる!どうすれば?

泣く子供

高速道路で渋滞に巻き込まれると、

思うようにサービスエリアに

入ることができません。

 

大人でもトイレを我慢している間に

渋滞が発生すると焦りますよね。

ですが、子供は待ったナシ!です。

 

渋滞していなくても、

サービスエリアやパーキングエリアの真横を

通り過ぎる時に「トイレ行きたい」なんて

突然言い出すことがあります(;´Д`)

 

高速道路ではUターンなんて勿論できませんし、

車線変更にも注意が必要です。

 

携帯用の簡易トイレやオムツがあれば、

どうしても間に合わない場合でも何とかなりますが、

それも無い場合は困ってしまいますね。

 

そんな時には、車内にあるものでどうにか

緊急用の簡易トイレを作らないといけません。

 

車内にあるもので作る簡易トイレ

ティッシュ箱

車を使って長距離移動するので、

ペットボトルの飲み物を持っていることが

多いと思います。

 

男児であれば、

空のペットボトルがあれば何とかなるでしょう。

 

女児の場合は、

ビニール袋の中にティッシュペーパーを入れて

簡易トイレにします。

ティッシュペーパーの枚数は多めに使わないと

吸水しないので、たっぷり入れてください。

 

もしもサニタリーナプキンがあれば、

吸水しやすいので、ティッシュペーパーと

合わせて使っても良いと思います。

 

ゴミ用のビニール袋は車内にあると思いますが、

それも無い場合は車内用のゴミ箱を利用する

という方法もあります。

 

私の友人は、まだ開けて間もない

ボックスティッシュの口を破って広げて使い

最後にビニール袋に入れて捨てたそうです。

なかなかの機転ですよね(・∀・)

 

これらはどうしても簡易トイレやオムツが

ない場合の緊急対策なので、

今後は準備して出かけるようにしましょう。

 

大人用の紙おむつを準備して出かけると、

子供のオシッコなら2~3回くらい使えるので、

大人用紙おむつとビニール袋で

簡易トイレを作っても良いと思います。

 

スポンサードリンク

 

渋滞中にトイレに行きたくなっても路肩に停めるのは危険!

高速道路

渋滞している高速道路をゆっくり走っている時に、

路肩に車を停めて、その車の陰で子供に

用を足させているのを見かけたことがあります。

 

「緊急事態なんだから、それも仕方ない」

と思うのかも知れませんが、絶対にやめましょう

 

路肩に一時停止している車に突っ込んで

事故になったら車外にいる子供はとても危険です。

 

ニュースでもよく、なんらかのトラブルがあり、

高速道路の脇に停車して車外に出ていた人が

後続車に轢かれるという事故が報道されています。

 

「渋滞中でスピードが出ていないから大丈夫」

と油断するのは危険です。

居眠りや脇見運転は渋滞中に多発します。

 

子供の命を守るためにも、

安易に高速道路で路肩に停めるのはやめましょう。

 

まとめ

子供連れで高速道路を使う場合は

渋滞予測が出ていない時でも

携帯トイレは必須だと思います。

 

その前に、携帯トイレを使わなくても済むよう、

子供のペースに任せるのではなく、

サービスエリアやパーキングエリアで

こまめにトイレ休憩をさせましょう。

 

渋滞していると少しでも早く前に進みたいと、

つい焦ってしまうのはわかりますが、

子供のトイレは突然だということを

頭に置いておきましょう。

 

事前にトイレ対策をして、楽しいドライブを!

タイトルとURLをコピーしました