阪神大震災経験者が語る!防災対策どうしてる?何をすればいい?

アナウンサー 生活の知恵

スポンサードリンク



日本は災害大国と言われるほど、

地震・水害・土砂災害など様々な自然災害に

脅かされています。

 

最近も大きな地震が日本の各地を襲い、

大雨による水害や台風による災害もありました。

 

災害はいつ起きるか分かりません。

だからこそ、家族と災害が起きた時のことを

よく話し合い、防災グッズの準備や日常的に

やっておくべきことを確認しておくべきです。

 

地震などで家族がバラバラになってしまった場合はどうする?

家族一致団結

私も大きな地震を体験したことがあります。

それは阪神淡路大震災です。

 

時間が朝早くということもあり、

家族が全員家にいましたが、

もしそれが昼間に起きていたら…

 

電話をしても回線が混乱して

すぐには連絡がつかず、

どうしたらいいのか分からなかったでしょう。

 

当時は今のように携帯電話も

普及していませんでした。

もちろん便利なアプリもありません。

 

だからこそ、もし災害が起きた時にどうするのか

家族で話し合うきっかけにもなりました。

 

現在は便利なスマホがあるため、

どうしても油断しがちです。

その油断が最悪な結果にならないように

十分に備えておきましょう。

 

まず、災害用伝言ダイヤルというものが

あることを知っていますか?

災害が発生した時は、

電話が殺到して繋がりにくくなります。

 

そんな時に171という番号を押すと

災害用伝言ダイヤルのサービスを受けられます。

 

【メッセージを残したい場合】

171をダイヤル

「1」を押して録音を選択

自分の電話番号をダイヤル

再度「1」を押す

メッセージを録音する

「9」を押して録音完了

※この時「8」を押せば録音し直せる

 

【メッセージの聞きたい場合】

171をダイヤル

「2」を押して再生を選択

自分の電話番号をダイヤル

再度「1」を押す

メッセージを再生する

「9」を押して次のメッセージへ(無い場合は終了)

※この時「8」を押せばメッセージの繰り返し

※この時「3」を押せばメッセージを追加

 

もしも何かあった場合は、171にダイヤルして

家族に対して伝言を必ず残しましょう。

 

NTT東日本による解説動画も紹介しておきます。

ぜひブックマーク登録をおススメします。

↓NTT東日本YouTube公式チャンネル「災害用伝言ダイヤル(171) 伝言の録音篇」↓

災害用伝言ダイヤル(171) 伝言の録音篇
災害用伝言ダイヤル(171) 伝言の再生篇

また、携帯電話会社では災害用伝言板

というものを提供しているところもあります。

そこでは100文字程度のメッセージ

残すことができます。

携帯電話会社によってサービスが違うため、

確認してみましょう。

 

伝言ダイヤルや伝言板だけではなく、

もしも何かあったらこの場所に必ず集合しよう

ということも決めておきましょう。

 

その方が無駄な動きもなく、

最短時間で出会うことができます。

 

集合場所としては、

避難場所に指定されている学校や公園

などを選びましょう。

 

スポンサードリンク

 

防災グッズは用意してる?最低限準備すべきものとは?

水

なんといってもまず防災グッズとして

用意すべきはです。

最低3日分は準備しておきましょう。

 

それから非常食も忘れてはいけません。

乾パンや缶詰、ビスケットやチョコレートなど

リュックに入れてもかさばらない

コンパクトなものを準備しましょう。

 

忘れがちなのが、貴重品や現金です。

状況がある程度落ち着いて、

買い物ができるようになったときは

現金が必要になります。

 

ATMもしばらくは動かないでしょうから、

必ず現金はいくらかリュックに

いれておきましょう。

 

次に防寒着です。

季節が夏であればいいのですが、

冬に災害が起きた時に寒さを防ぐものを

必ず用意しておきましょう。

体温が下がると、体力も落ちてしまいます。

 

アルミブランケットはかさばらず、

寒さも防げておススメです。

 

衛生的な面では携帯トイレは必需品です。

着替えも何着か入れておきましょう。

特に下着を忘れずに

 

最後に、ラップもあると重宝します。

節水のため食器カバーにしたり、

スポンジとしても使えます。

また、防寒対策や包帯代わりに役立ったりと、

あらゆる面で活躍してくれるでしょう。

 

まとめ

日常的に意識してほしいことは3つです。

 

まずは、知るという事

日本にはどんな災害があるのか、

知っておくだけでも違います。

 

次に、考えるという事

災害が起きているのをニュースで見ていても、

どこか実感はありませんよね。

 

しかしいつか「自分にも」

関わることかもしれません。

だからこそ「もし自分だったらどうするのか」

を考えましょう。

 

最後に、行動する事

災害についての知識を深めた後は、

それを実践しましょう。

 

家族と話し合う、避難ルートを確かめる、

防災グッズを準備するなど、

行動しなければなにも始まりません。

災害大国だからこそ、

しっかりと考えていく必要があります。

 

準備は大変かもしれませんが、

何かあってからでは遅いのです。

しっかりと防災についての心得を確認し、

災害に備えましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました