喉がカラカラ!飛行機に加湿器の持ち込みはできる?

機内 生活の知恵

スポンサードリンク



飛行機の中って、かなり乾燥していますよね。

火照った感じがするので何でかな~と思ったら

機内の湿度はせいぜい20%程しかないようです。

 

40%を下回ると乾燥状態と言われていますが、

それでも湿度を上げることが出来ないのは、

機器の結露防止の為です。

飛行機は安全運行が最優先なので、

これは仕方ありません。

 

特に国際線は長時間のフライトになるので、

乾燥に弱い方は自分で対策をしましょう。

 

ポータブル加湿器で飛行機内で使えるのはこれ!

ペーパー式加湿器

機内の乾燥対策にはポータブル加湿器

持ち込むのが一番手っ取り早いでしょう。

USB式と充電式ならどちらが良いのでしょうか?

 

USB式はバッテリーを持たない分、

コンパクトで軽いのですが、

座席にUSBコネクタが設置されていない場合は

当然使えません。

 

充電式なら電源に関係なく使用出来ますが、

ANAの場合は、水蒸気が出るタイプは

下記の理由から禁止となっています。

 

・水蒸気が煙のようにみえて誤認識に繋がる恐れがある。
・他のお客様に対して不安感・不快感をお掛けする恐れがある。
・機内のディスプレイやコンセントに直接水蒸気があたることでショートに繋がる。

ANA「よくあるご質問」より

 

ANAに限らず、電力を使うタイプだと

機内での使用は制約が多そうなので、

控えた方が無難かもしれません。

どうしても使いたい場合は、事前に

各航空会社に確認した方がいいでしょう。

 

確実に使えそうなのは、

効果は緩やかになりますが、

シンプルなペーパー式になります。

 

要するに、紙(不織布)に水を吸わせて

放出する仕組みのものです。

ちょこっとオアシス」なんかがその例で、

ロフトなどで見たことがあるかもしれませんね。

私もオフィスで使っています^^

 

水受けに水道水を入れて置いておくだけです。

とっても簡単で便利なので重宝しますよ。

旅先のホテルの乾燥対策にも持ってこいです!

 

 

 

他にもある!みんながやってる飛行機内の加湿対策

保湿

加湿器にこだわらず、機内での乾燥対策に

加湿や保湿をする方法は他にないでしょうか?

 

加湿で最も簡単なのはタオルとS字フックです。

タオルを適度に濡らして

閉じたままのテーブルにS字フックを掛け、

そこに濡れタオルを引っ掛けます。

 

そうすることで、ペーパー式加湿器と同じく、

緩やかに水分が放出されます。

 

保湿だと、ドライアイ専用の目薬は目を守り、

リップクリームは唇のかさつき、

ひび割れ防止になります。

 

お肌の乾燥にはハンディミストで化粧水を

吹き付ける方法もありますが、

保湿成分が少ないためイマイチだと

感じる人もいるようです。

 

また、ANAでは加湿器と同じ理由から、

水蒸気が出るため使用が禁止されています。

 

潤いを優先するならば、

乳液やミルクローションを使うと良いですね。

水分と油分の補給に向いています。

 

ただし、液体物の機内持ち込みのルールは

国内線・国際線それぞれで細かく

決められていますので事前確認を怠りなく。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

機内の乾燥は止むをえないことです。

しかし、長時間ガマンするのは

なかなか辛いものがありますね。

 

加湿対策の中で確実な方法として、

ペーパー式を一番おすすめします。

 

また、保湿には乳液とミルクローションを

用意しておくといいでしょう。

 

自宅にいる時と同じように、

加湿や保湿をすることはまず難しいので、

飛行機に乗る前にどれくらい効果があるのか

一度試しておくといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました