電気不要!暇つぶしにやりたい遊び6選(一人~四人対象)

コミュニケーション 生活の知恵

スポンサードリンク



ちょっとした空き時間、何をしていますか?

最近はスマホで手軽にゲームもできるので、

暇つぶしには困っていない方がほどんどのはず。

 

しかーし!誰か隣りにいるのに

スマホゲームに勤しむのはもったいない!

たまには電気を使わないお手軽ミニゲームを

楽しんでみませんか?

 

1~4人で、道具も何も使わず楽しめる、

大人も子供も盛り上がれる遊び6つをご紹介!

 

暇つぶしの遊び(1~ 2 人編)

2人

まずは1~2人で出来る遊びを3つご紹介します。

 

1.連想ゲーム

1人でやっても面白いのがこの連想ゲーム。

ルールはとってもシンプルでかんたん。

関連する単語をどんどん言っていくだけです。

例えば「ゲーム→すごろく→サイコロ→四角」

みたいな感じですね。

 

40代になると中々出てこないんですよ。

この関連ワードが・・・(^^;)

それだけに燃えるんです!

 

このゲーム、実は脳トレも兼ねています。

例えば「1分で50個連想ワードを言う」

というように目標を決めると、効果大ですよ!

 

2.あっち向いてホイ!

2人用の遊びでは定番中の定番ですね。

ふつうにやるのではおもしろくないので、

罰ゲームでスリリングさを添えましょう!

我が家の定番罰ゲームは本気のデコピン。

何事も「本気」が我が家のモットーですから!

 

3.いっせーのーせ!ゲーム

これの正式名称がわからないのですが…

両手こぶしをグーにしてくっつけて

「いっせいの~(数字)!」

の掛け声で親指を立てて、

全員が立てる親指の合計数を当てるゲームです。

単純なゲームだからこそ夢中になれますよ。

 

これも2人用の遊びでは定番です。

このゲームは人数が増えても遊べますが、

増えれば増える程カウントが大変になります。

 

スポンサードリンク

 

暇つぶしの遊び(4人編)

4人

続いて、4人以上で出来る遊びを3つご紹介します。

 

1.鼻歌あてゲーム

ルールは簡単。一人ひとり順番に鼻歌を歌って

他の人がその曲名を当てるゲームです。

歌詞はつけてはいけません。あくまで鼻歌で。

 

このゲームの最大のメリットは

音痴がバレにくいということです!

歌詞がないので、上手いんだか下手なんだか

よく分からなくて私は重宝しています。

でも、下手な方が盛り上がりますけどね^^

 

2.モノマネあてゲーム

こちらも簡単。順番にモノマネをしていって

他の人が誰のモノマネをしているか当てます

 

動物でも、アニメのキャラクターでも、

芸能人でも、何のマネでもOK!

子供にもわかりやすくて

我が家でも毎回盛り上がっています。

 

3.山手線(古今東西)ゲーム

パーティの定番ともいうべきゲーム。

リズムに乗りながら順番に連想ワードを

言っていく遊びですね。

この手の頭を使う遊びなんですが、

30代後半あたりから勝率がガクンと落ちます…

まぁ、頭の体操と思って積極的に遊びましょう!

 

まとめ

カラダ一つで楽しめる遊び、いかがでしたか?

人とのコミュニケーションの楽しさは、

テレビやスマホゲームでは得られないものです。

 

積極的に遊びを通じて、コミュニケーションを

増やしていければ、気分も明るく楽しくなり、

頭も体もリフレッシュされて、一石二鳥です!

 

タイトルとURLをコピーしました