意外と知らない!?招き猫の手は左右の上げ方により意味があった!

招き猫1 生活の知恵

スポンサードリンク



商売繁盛のお守りとして、身近な存在の招き猫。

ところで、あなたが思いつく招き猫は

右手を上げていますか?それとも左手ですか?

身近なようで意外と知らない招き猫にまつわる

ヒミツをご紹介します。

 

招き猫の手の意味とは?右手・左手・両手によって変わる!

長手

招き猫の手には幸運を呼び込むパワーがある

とされていますが、左右の手には異なる意味が

込められています。

 

・右手を上げている招き猫

右手を上げている招き猫は

「金運」を運ぶと言われています。

 

・左手を上げている招き猫

左手を上げている招き猫は

「人脈」を豊かにすると言われています。

 

・両手を上げている招き猫

両手を上げた招き猫は、

「金運」と「人脈」の両方を運ぶ

と言われていますが、その一方で、

「欲張りすぎて”お手上げ”」のポーズだ

と唱える説もあります。

 

また、招き猫の手は左右の意味だけでなく、

長さの違いにも意味があります。

 

通常の招き猫の手は耳の下辺りまでに

手の長さが収まっていますが、

耳より高い位置まで手が上がっている

手長」という招き猫もいます。ご存知でした?

 

上の写真2つをよ~く観察してみて下さい。

よく見ると手の長さが違うのがわかります。

 

・手が短い招き猫

よく見かける手が短い招き猫は

主に身近な幸運を呼び寄せるとされています。

ちょっとした幸せを呼んでくれるわけですね。

 

手が長い招き猫

ちょっとレアな手の長い招き猫はその長い手で、

より大きな福をもたらし、離れたところから

金運・人脈を呼び込むと言われています。

 

日々のちょっとした幸せを感じたい人は

手の短い招き猫を。

新しく商売を始めようとしている人は、

手の長い招き猫を置くと良さそうですね。

 

スポンサードリンク

 

招き猫に隠されたヒミツは手だけじゃない!?色にも意味があった!

カラー招き猫

招き猫はもともと「白」だけでした。

現在は、風習や生活習慣の変化などもあり、

様々な色と意味を持つ招き猫が登場しています。

 

まず、白・黒・赤の招き猫は伝統的な配色で、

深い意味を持っています。

 

・白

白色には邪気を跳ね除ける、

人間関係を良好にする、気持ちを落ち着ける

など、様々な意味合いがあります。

ベーシックな白い招き猫は、

総合的な運気を上げてくれると言えるでしょう。

 

・黒

黒猫は西洋では不吉とされますが、

日本では昔から「福猫」と言われ、

幸運をもたらすとされてきました。

黒い招き猫の持つパワーは魔除け・縁切りなど、

不幸を断ち切ることに長けています。

 

・赤

赤は疫病神が避ける色とされ、

赤い招き猫は無病息災のお守りす。

家族が集まるリビングや、寝室などに置くと

効果を発揮してくれることでしょう。

 

これら伝統的な3色に加え、近年の招き猫は

風水に影響されたカラーリングが特徴的です。

 

・金色

見た目の通りですが、金の招き猫は

金運上昇の意味があります。

商売繁盛のお守りである招き猫が金色になれば、

相乗効果が期待できそうですね。

 

・ピンク

風水ではピンクは恋愛成就の意味を持ちますので、

そこからインスピレーションされて作られたのが

ピンクの招き猫です。間違いなく女子向けですね。

可愛い見た目なのでインテリアとしても

楽しめそうです。

 

他にも青や緑などのカラフルな招き猫が

出回っていますが、インテリアとして役割が強く、

意味は後付されたものと考えてよいでしょう。

 

まとめ

よく目にするけど、意外と知らない

招き猫にまつわるトリビアをお話ししました。

 

次にお店に行った時は、招き猫を探してみて、

お友達や家族にその意味を教えてあげましょう。

 

招き猫はどんな形や色のものを飾るかによって、

訪れる幸運の種類も変わります。

お好みの招き猫を飾って

どんどん福を招き入れましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました