困った!気分が乗らないお誘いの断り方とは?メール例文付き

返信に悩む女性 生活の知恵

スポンサードリンク



今日は仕事の山場も乗り越えた久しぶりの休日。

何もしないでおうちでのんびり過ごしたい…

そんな日もありますよね。

 

そんな時に限って友人からお誘いが来たりします。

メールで、

『明後日の日曜日休みだよね?買い物付き合って~』

『〇〇に遊びに行こうよ!』

などなど…。

 

断りたいけど断りにくい。

できれば行きたくない。

波風立てない断り方はないものか。

そんなメールのやり取りについて考えてみました。

 

友達からのお誘いの無難な断り方とは?メールでどう返せばいい?

断りメール

関西弁には便利な言い回しがあります。

それは「行けたら行くわ~」です。

 

「行くには行きたいけど、

行けないかもしれないし…

もちろん行けそうだったら行くけど、

ダメだったらごめんね。」

 

こんな言葉が凝縮されているように思える

魔法の言葉ですね。

 

気心知れた付き合いの深いお友達なら、

はっきり言えるでしょう。

 

「悪い、久しぶりの休みだから

寝かせておいて。ごめん。」

 

ぐっすり休ませてもらった後なら、

そのうち埋め合わせでも…

という気持ちにもなるでしょう。

 

でも、まだ付き合いが浅いお友達だったり、

仕事関係で知り合った人からのお誘いは

波風が立たないように無難な断り方を

したいですね。

 

メールだとお互いに顔が見えませんから、

誤解のないよう、分かりやすく書かなければ

伝わりません

 

では、どんなメールを返せば、

穏便に断れるでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

お誘いの断り方のメール文例をご紹介

通信機器

1.とても親しい友達の場合

「ごめん、今週は休みたい。

今度埋め合わせするから(>_<)」

 

「寝不足で具合悪いから無理~(;_;)」

 

ストレートでわかりやすいですね。

親しい間柄なら、

正直に伝える方がお互いスッキリします

 

さらに絵文字や顔文字を入れると、

きつすぎない印象になりますね。

 

2.付き合いがまだ浅い友達の場合

「今、金欠だからちょっと行くの無理だわ。」

 

お金なら貸すよ!と言ってくるかもしれませんが、

どんなに仲が良かろうと、

お金の貸し借りはしない主義だと伝えましょう。

 

「昨日まで仕事が忙しくて、

今ちょっと体調が悪くて…」

 

体調が悪いと言っても無理やり誘ってくるような

友達は今後、お付き合いの仕方を少し考えた方が

いいかもしれませんね。

 

3.異性の友達の場合(特に発展を望まない)

「行けなくてごめんね。

今度彼氏(彼女)が出来たらWデートしよう!」

 

「もしかして誰か紹介してくれる人いたの?

行けなくて残念だな~」

 

こちらが向こうに気がないことを

さりげなくアピールして、

後々のトラブルを回避します。

 

4.仕事仲間の場合

「今週は用事(実家で法事等)があるんですよ。

すみません、また今度誘ってください!」

 

「わー、行きたかったー!

先週だったら良かったんですけど、

今週はちょっと先約あって無理なんです~」

 

不可抗力なんだ、ということをアピールします。

用事があると言って断る場合は、

先約があるとか、法要があるなど、

中身まで伝えられるようにしておくと

スムーズです。

 

まとめ

日本人はハッキリと断ることが苦手です。

「NOと言えない日本人」という書籍が

かなり昔ですが流行ったこともありました。

イエスもノーも、はっきり伝えても

揺るがない人間関係を作りたいものです。

 

現代は通信手段の普及で、

実家住みであろうと一人暮らしであろうと、

どこにいようとも簡単にメッセージを

やりとりしたり、通話することが可能です。

 

手軽にやり取りできるからこそ、

言葉は大切に選んで使いたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました