電車で隣の人が寄りかかる災難!ベストな回避術とは!?

電車で居眠り 生活の知恵

スポンサードリンク



通勤ラッシュで「やっと、座れた! 」と

一安心していたら、隣の人が船を漕ぎ出して、

いつの間にかあなたの肩を枕に眠り始めた…

なんて経験ありませんか?

 

子供や同性ならまだいいです。

それが異性だったりするとちょっと気まずい。

苦手な上司似のオジサンだったりしたら

もうテンション最悪…Σ( ̄ロ ̄lll)

 

そもそも、電車で眠らない人には

眠る人の心理は理解できないでしょう。

私は眠れない派なので、

無用心にも眠ってしまう気持ちが分かりません。

 

寝ている間に貴重品をなくしたり、

盗られたりする可能性だってあります。

降りる駅を乗り過ごす可能性もあるでしょう。

 

それらのリスクを冒してでも眠ってしまう

神経の図太さ…だから起きないんですかね。

さらに整髪料や香水の匂いがきついと

枕役はなかなか辛いものがあります。

 

どうすれば、隣で寄りかかって寝ている人を

それとなく起こすことができるでしょうか?

 

電車で隣の人が寄りかかってきた時は、肘でつつくと良い?

電車の座席

 

隣で寄りかかって来た人を起こすパターンで、

よくあるのが「肘で軽くつつく」という方法。

そう、まずは軽くジャブを打つのです。

(本当にジャブを入れたらダメですよ!)

 

いくら寄りかかられてイライラしていても、

力いっぱいつついてはいけません。

傷害事件になってしまいます。

 

つついてみて、意識を取り戻したのなら、

寄りかかっているのを気付かせるために

軽く咳払いなどしてみましょう

 

つついてもぐっすり…という場合は、

あなたの肩が揺れるように、

携帯電話や手帳を探すふりをして

鞄の中をガソゴソをいじりましょう

 

肩の揺れや当たる腕、そして鞄を触る物音で

目を覚ましてくれるかもしれません。

 

それでもダメなら、座り直してみましょう

軽くお尻を上げて座り直すだけでも

隣に振動は伝わります。

 

それでも寄りかかられたままなら…?

 

今度は座席に浅く腰掛けてみましょう

うまくいけば、寄りかかるものがないので、

そのまま背中と座席の隙間に倒れて

目を覚ましてくれるかもしれません(実話)。

 

これでもダメなら、諦めて席を移動するか、

立つしかないですね(^^;)

 

スポンサードリンク

 

電車で隣の人が怖い・怪しい雰囲気なら車両を変えてしまおう!

座席

電車で寄りかかってこなくても、

お隣に耐え難い雰囲気の人が

座ってくるケースもあるでしょう。

 

直感で「怖い・怪しい」と感じたら、

直ちに移動しましょう

触らぬ神に祟りなしとはよく言ったものです。

不利益を被る前に、

車両ごと変えてしまいましょう

 

その不利益は、痴漢だったかもしれませんし、

社会的に危ない人だったかもしれません。

単なる誤解で何もなくても、

恐怖を我慢してまで確保するほど

その座席に価値はあるでしょうか?

 

直感で怖いと感じた人が痴漢やスリだった場合、

あなたは精神的・経済的ダメージを被るばかりで

何ひとついいことはありません。

 

逃げることは恥でも何でもありません

まずは自分の身を守りましょう。

 

同僚の体験談

ここで、私の同僚から聞いた話を

紹介したいと思います。

 

地方の特急列車で痴漢事件がありました。

座席は通路を挟んで左右に2つずつ。

 

窓際に座っていた女性の隣に、

見知らぬ男性が座ったそうです。

女性は通路側の男性が退かないと

席を移動できない状況でした。

 

そして乗っているのは特急列車。

次の駅までは何十分とかかる、密室です。

 

そこに被害女性と痴漢男が座っていました。

最初は女性がひたすら我慢をしていたので、

周りの人たちは何が起きているのか、

まったく気付きませんでした。

 

しかし、やがて耐え切れなくなった女性が

「やめてください!」と泣き声を上げます。

そこでやっと周囲は異常に気付くのです。

 

たまたま乗り合わせていた、

私の同僚男性たちが「痴漢か!?」と

男を隣の車両まで引きずって連行し、

女性を保護、警察に通報するという

事態になりました。

 

この女性はさぞ心に傷を負ったことでしょう。

電車・列車は密室空間です。

何かを感じたら、例えそれが勘違いであっても

逃げて身を守るということは大事だと思います。

 

最近では警視庁が「Digi Police」という

防犯アプリを開発したことが話題となりました。

怖くて声が出せないという時に、

このアプリを起動させて大音量で流せば

周囲は必ず気づいてくれるでしょう。

 

警視庁開発の無料防犯アプリ「Digi Police」

 

まとめ

電車で隣の人が寝てしまって、

自分の肩に寄りかかってきたとしたら。

 

まずは軽く肘でつついて咳払い。

それでダメなら座り直す。

それでも尚ダメなら、

浅く腰掛けてフェイントを仕掛ける。

 

私なら本格的にお隣さんが身を委ねる前に

モゾモゾと動いて、目を開けたところで

「お疲れですね!」などと声をかけて

覚醒を促しますね。

 

自分もお隣さんも、うっかり降りる駅を

乗り過ごしてしまってはいけませんから…。

 

覚醒を促す暇もなく、本格的に寝入ったのなら、

無慈悲にも「降りますから」と

強制的に退けて立ち上がるしかありません。

ごめんね、自分の鞄でも枕にして下さい…。

 

乗り物は他人と密室で過ごすことになります。

寝てしまって肩に寄りかかってくる程度なら

まだ良いですが、痴漢は絶対にいけません。

 

自分の身を守るためにも、

危険を察知する勘は鍛えておきましょうね。

心配な方はアプリも入れておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました