ピアノの練習は騒音問題になる?時間や環境に気を配ろう!

生活の知恵

スポンサードリンク



お子さんにピアノを習わせているご家庭では、

自宅でも練習ができるように

ピアノを置いていることが多いと思います。

 

ピアノ教室で受けるレッスンだけでは

上達するのは難しいため、

自宅での練習は必要ですしね。

 

家が密集している住宅街に暮らしていると、

どこからかピアノの音が

漏れ聞こえてくることもあります。

 

特に気にならない人もいますが、

デリケートな人はそれほど大きな音でなくても

騒音だと感じることもあるので難しい問題です。

 

子供が一生懸命練習しているのに

やめさせるのも可哀想ですし、

悩んでしまいますよね。

 

ピアノの音によるご近所トラブルも

実際によくあることなので、

事が大きくなる前に対策を考えておきましょう。

 

ピアノの騒音は一戸建てかマンションかによって対策も考えよう

悩むお姉さん

ピアノの音に限った話ではなく、騒音は

ご近所トラブルの原因として一番多いのです。

 

では、どのように騒音に気を付ければ良いか、

マンションと一戸建てそれぞれの対策法を

ご紹介したいと思います。

 

マンションの場合

マンション

マンションならピアノ以外にも、

足音やドアの開け閉め、排水の音なども

騒音問題の原因になります。

 

マンションなど集合住宅の場合は

構造的に振動が伝わりやすいので、

ピアノの練習をする部屋は防音対策をしないと

近所迷惑になってしまう可能性があります。

 

防音のためにリフォームできればベストですが、

費用は高額です。

 

ピアノ用の防音リフォーム工事の費用は

鉄筋コンクリートなら6畳で230~250万円

木造だと260~280万円ほどかかります。

 

マンションを新規購入するタイミングであれば、

防音リフォームを考えても良いかもしれませんが、

既に住んでいる状態でのリフォームとなると、

あまり現実的ではないですよね。

 

マンションの一室でピアノの練習をする場合は

消音マットを引き、窓やドアを閉めて、

できるだけ外に音が漏れないように注意します

そして、隣と上下の階の住人に

先に伝えておくと良いでしょう。

 

夜間の練習をしないように気を付けていても、

隣人が夜勤の仕事をしているのであれば、

昼間のピアノの練習さえも

迷惑になってしまうかもしれません。

 

ですが、「ご迷惑を掛けるかもしれないので」

と予め練習時間を含めて伝えておけば、

少しだけ漏れてくる音くらいなら

許容して貰える可能性があります。

 

隣人や上下の階に気難しい人が

いることがわかっているのなら、

音を出さずにヘッドフォンで練習できる

電子ピアノで練習させた方が無難でしょう。

 

一戸建ての場合

一戸建て

一戸建ての場合はマンションほど神経質に

考える必要はないですが、

家と家の間が1メートルも空いていないほど

密集しているような住宅街だと、

隣近所の声や音が騒々しく感じることもあります。

 

ピアノの練習をする場合は、

窓をしっかり閉めて音漏れしないように

気を付けるのは基本です。

雨戸があるなら、それも閉めれば

さらに音が漏れにくいですね。

 

窓ガラスを二重にしたり、

防音ガラスに取り換えれば

近所迷惑への不安も軽減されることでしょう。

 

防音ガラスは2~3万円くらいが相場なので

安くはないのですが、

ピアノの音でご近所トラブルになって

揉めることに比べれば、

必ずしも高いとは言えないと思いますよ。

 

また、練習時間は遅くても20時迄にするなど、

遅い時間にピアノを使わないように

気を付けましょう

 

スポンサードリンク

 

ピアノの騒音の苦情が出た時はお詫びに伺った方が良い?

ごめんなさい

ピアノを使う時間を短くしたり、

夜間の練習をしないように気を付けていたけれど

苦情を言われてしまった場合は、

すぐにお詫びに行きましょう

 

迷惑をかけてしまったことをまず謝罪して、

お詫びの気持ちの品として菓子折を持参します

だいたい5000円前後が目安になります。

 

お詫びをする時にピアノを使っている子供自身を

連れて行くべきだという人もいますが、

これは賛否両論です。

 

まず、賛成派は子供が自分自身が

迷惑を掛けいることを自覚させるために

連れて行くべきという意見。

 

反対派は、子供を連れて行けば

相手は我慢するしかなくなるから、

子供を連れて行くべきではないという意見。

 

どちらが正しいとは言い切れないですが、

連れて行かなかったとしても、

迷惑をかけている住人と顔を会わせた時には

子供の口から謝罪の言葉を伝えさせた方が

私は個人的に良いと思います。

 

まとめ

ピアノが騒音トラブルの原因になるなんて、

何だか嫌な世の中ですよね。

 

ですが、誰でもイライラすることもあるので、

精神状態によっては気に障る音になってしまう

というのも仕方ありません。

 

防音対策としてできる限りのことして、

迷惑にならない時間を選び、

効率良く練習できるように導いてあげましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました