梅雨シーズン来たれり…雨の日の洗濯物はどうしてる?

室内干し 生活の知恵

スポンサードリンク



雨が続く季節になると困るのが、

毎日の洗濯物が片付かないことですよね。

 

梅雨の時期だけじゃなく、この頃の天気は

予報に反してにわか雨が降ることも多いので、

干しっぱなしの洗濯物を

濡らしてしまったりすることもあります。

 

洗濯物を増やさないようにどれだけ頑張っても、

毎日増え続けていくのですから、

少しずつでも片付けていかないといけません。

 

梅雨の時期の洗濯物は、

みんなどのように対処しているのでしょう?

早速調べて、まとめてみました!

 

雨の日の洗濯物はどこに干すべき?

室内乾燥

雨の日の洗濯物に困らないのは、

乾燥機付きの全自動洗濯機を持っている人や、

浴室乾燥機能で洗濯物が乾かせるように

完備された家に住んでいる人くらいでしょう。

 

それ以外の人は、何日も雨が続けば

洗濯物に悩まされるはずです。

 

乾燥関連の電化製品を持っていない場合は、

部屋干しするくらいしか方法はありませんが、

どこに干せば一番効率良く乾くのでしょうか?

 

もちろん、その家の間取りですとか、

エアコンやサーキュレーターの有無、

除湿器の使用など条件は様々なので

「ココがベストな場所!」と

特定することはできません。

 

まず基本的には通り道には干さないようにして、

<部屋で過ごす時に邪魔にならない場所>

を選ぶのが良いでしょう。

 

といっても、限られた空間になってしまうので、

おすすめは移動しやすい物干しやハンガーを使い、

移動させながら乾かすと良いでしょう。

 

コンパクトに折り畳めて

キャスターが付いているタイプなら、

エアコンの風が当たる場所や風通しの良い場所、

人が居る時は邪魔にならない場所へと

移動させることができます。

 

雨の日の洗濯物以外にも

花粉の時期の部屋干しにも使えるので、

コンパクトな部屋干し用ハンガーは

1つあると何かと便利でしょう。

 

持ち運びできる除湿機を使う場合は、

洗面所や脱衣所につっぱり棒などで

ハンガーをかけられるようにすれば、

狭い空間でしっかり乾燥させられるので

短い時間で乾かせますよ。

 

ちなみに、窓際のカーテンレールに

ハンガーをかけて干すのはおすすめしません

 

カーテンに湿気が移り、

カビの発生の原因になります。

更に濡れた洗濯物の重みでカーテンレールが

曲がってしまう可能性もあります。

 

また、結露が発生すると

更にカビの原因を増やすことになるので、

カーテンレールを物干し代わりにするのは

やめまておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

雨の日に洗濯物干しっぱなしにしちゃった!洗い直した方がいい?

濡れた洗濯物

天気予報では雨が降るとは言ってなかったので、

安心して洗濯物を外に干して出かけたら、

突然の雨…そんなこと、たまにありますよね。

 

逆に降水確率が40%くらいで、

迷った末に部屋干しすると、

太陽が顔を出すなんてことも。

正にマーフィーの法則です(^^;)

 

でも、それならまだマシな方です。

せっかく洗った洗濯物が雨で

びしょ濡れになるよりも断然マシでしょう。

 

雨に濡れてしまった洗濯物は

汚れているようには見えないので、

そのまま放置してしまう人もいると思います。

 

確かに「乾く」という点だけでみれば、

問題ないかもしれません。

 

しかし、それでは雨に含まれたホコリやチリを

洗濯物に含ませた状態で乾かすことに

なってしまいます

 

雨に濡れてしまった洗濯物を

そのままにして乾かすと、

ホコリ臭くなってしまうこともあるほどです。

 

面倒なのでそのまま乾かしたくなる

気持ちはわかりますが、

すすぎ洗いだけでも良いので、

洗い直した方が良いでしょう。

 

まとめ

梅雨シーズンの洗濯物は

干す場所に困らないようできるだけ溜め込まず、

こまめに片付けるように心がけましょう。

 

お天気の良い日に一気に片付けようと思っても、

何日もハッキリしない天気が続く梅雨シーズンは

計画通りにならないことが多いので、

マメに片付けるようにしてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました