旅行前に知っておきたい!水道水がおいしく飲める国と県はどこ?

お水 生活の知恵

スポンサードリンク



「日本の水道水は世界的にみても安全に飲める」

と言う定説は耳にしたことがあるかと思います。

 

一方で海外の水道水事情は、

どうなっているのかご存知ですか?

果たして日本のように安全に水道水が飲める国は

どのくらい存在するのでしょうか?

 

渡航前に知っておきたい水道水が飲める国はここ!

ペットボトル

結論から申しますと、ほとんどの国では

水道水は「飲めない」と考えてよいでしょう。

 

国ごとに水質基準が設けられており、

それぞれ自国の基準で水道を引いていますので、

そもそも「飲料水」として設備を整えていない

という場合が多いのです。

 

さらに、発展途上国など水道管の設備が

整っていない国では、その基準さえ

設けられていない場合もありますので、

やはり安易に口にするのはおすすめできません。

 

では、どの国であれば水道水を飲料水として

使えるのでしょうか。

 

・アジア

アジア圏で水道水が飲める国は

日本とアラブ首長国連邦の

わずか二カ国と言われています。

 

中国や韓国も経済大国ですので

随分と配水管の設備が進んでいますが、

料理や氷を作る際も浄水器の水や

ミネラルウォーターを使うよう

習慣づけられているようです。

 

日本は言わずもがな、浄水技術が優れており、

安心して口にすることができます。

 

アラブ首長国連邦は近年、めまぐるしい

発展を遂げている国で、高級ホテルが連なる

観光地として人気が集まっています。

 

一方で、まだまだ発展途上の国なので、

インフラの整備が行き届いていない場所もあり、

心から安心して飲めるとは言い切れないでしょう。

 

・ヨーロッパ

ヨーロッパの多くの国は水道水が飲める

と言われています。

特にアイスランドやオーストリアは

天然水を引いているため、純度の高い

美味しい水が飲めると評判です。

 

ただ、ヨーロッパの水は日本の水に比べて

硬度が高いです。カルシウムとマグネシウムが

多く含まれていますので、軟水に慣れている

日本人はお腹がゆるくなることが多いので

注意が必要です。

 

・アメリカ

多くの家庭にウォーターサーバーが

設置されているなど、

水道水を飲む習慣自体が馴染んでいません。

 

ただし、世界最大の経済国であるアメリカには

厳しい水質基準が設けられていますので、

都市部であれば飲めない水が流れていることは

ほとんどありません

 

水質は「軟水」で、ニューヨークなどは

日本とほとんど同じだと言われています。

しかし、国土が広い分、州によって硬度が

大きく変動しますので、滞在する場所によっては

口にするのを避けるべきでしょう。

 

・カナダ

アメリカと隣接する大国であるカナダは

水力発電が主なエネルギーになるほど、

水が生活に必要不可欠な存在となっています。

 

環境問題に国を挙げて精力的に取り組んでいて、

ペットボトルの生産・処分が極力ないように

水道水を飲むよう推奨されているほどです。

 

水質は中硬度と言われおり、日本に比べると

少し硬いかもしれません。

 

・オセアニア

日本と同じく島国で形成されている

オセアニアですが、オーストラリアと

ニュージーランドでは水道が整備されていて

安全に水道水を飲めると言われています。

 

むしろ、市販のミネラルウォーターが

ジュースよりも高く売られていることがある

というのだから驚きです。

 

硬度が高いことと、フッ素を添加しているので、

心配な方はミネラルウォーターを購入した方が

良いでしょう。

 

ただ、この「フッ素入り」というのがキモで、

『オーストリアには虫歯の人が少ない』

というのを聞いたことがあります。

 

筆者はそれを聞いて、ホームステイをしていた時は

水道水をよく飲んでました。

ちょっと味にクセがあるような気もしますが、

慣れれば普通に美味しく飲めました!

 

スポンサードリンク

 

水道水が飲める日本!特においしいと評判の県はどこ?

水道水

地方から都市部に出てきた人は

「都会の水は美味しくない」

と言う人が多いです。

 

安全で安心して飲めると言われている

日本の水道水でも、微妙に味の好みが

分かれてくるものです。

 

日本国内で水道水がおいしいと言われている

場所はどこでしょう?

 

富士宮市のホームページに

水道水のおいしい都市32市

という興味深い記事がありました。

 

都道府県別に見ていくと、下記都市が

水道水がおいしく飲めるとされています。

結構ありましたので、紹介してみますね。

 

【北海道・東北】

・北海道:帯広市、苫小牧市

・青森県:青森市、弘前市

・秋田県:秋田市

 

広大な土地を持ち、険しい山々を下る

雪解け水が流れる北海道・東北地方の水道水は、

季節を問わず濁りのない高い水質を保っています。

 

【関東】

・栃木県:宇都宮市、小山市

・群馬県:前橋市

・埼玉県:熊谷市

・山梨県:甲府市

 

関東にもおいしく飲める水道が引かれている

都市がいくつかあります。

ご覧の通り、海のない県ばかりですね。

 

一帯の山奥で降った雨はその土壌を

フィルターとし、じっくりと時間をかけて

水質を整え、利根川や荒川に流れ着きます。

 

他県に比べると関東の水道水は硬度が高めです。

地方から訪れる人が関東の水になじめないのは、

硬度が関わっているのかもしれません。

 

【東海・中部・北陸】

・長野県:松本市

・静岡県:静岡市、沼津市、富士宮市

・愛知県:名古屋市、豊橋市

・岐阜県:岐阜市、大垣市

・三重県:津市、松坂市

・富山県:富山市、高岡市

・石川県:金沢市

・福井県:福井市

 

北陸は水が豊かなことで有名です。

冬は豪雪地帯で知られていますが、

雪解け水は地下水となり、夏でも

キンと冷えた水道水を飲むことができます。

 

一方、都会的で意外なイメージのある

名古屋ですが、水源の確保が難しかった

この地域では、遠くの木曽川より水源を

確保するしかありませんでした。

大都市特有のインフラの強さが、

おいしい水道水を提供できる理由です。

 

富士山のおひざ元である静岡県は、

湧水や地下水を利用した質の良い水道水を

飲むことができます。

 

ちなみに、静岡県は「わさび発祥の地」

と言われていますが、

わさびの栽培にはきれいな水が欠かせません。

静岡の水がおいしいと言われるのにも

納得できますね。

 

【中国・四国・九州】

・鳥取県:鳥取市、米子市

・岡山県:岡山市

・広島県:広島市

・山口県:山口市

・高知県:高知市

・熊本県:熊本市

・宮崎県:都城市

 

鳥取県の特徴として、伏流水や井戸水などの

地下水でほとんどの配水が賄われている

ということ。

塩素消毒を最低限に抑えることができるため、

臭みのない水を飲むことができます。

 

高知県は水の安全性を守り続け、

財産として考える県民性があります。

澄んだ美しい川と、石灰岩を含む地質によって、

ミネラル豊富な水質になっています。

 

「蛇口をひねればミネラルウォーター」

自らアピールをするのは熊本県です。

熊本市内の水道水はその水源の全てを

地下水で賄っています。

これほどの規模の都市が地下水のみで

配水していることに驚かされますね。

 

・・・ってあれっ?

近畿地方が全然出てきませんでしたね。

 

神戸は六甲山からの恵みで美味しい水道水が

飲めそうなイメージでしたが、

調べてみると人口増加で水源の確保が難しく、

水道水のほとんどが淀川の水なんだとか。

う~ん、残念(;´Д`)

 

まとめ

海外の水道水は硬度や水質基準が日本とは

異なりますので、うかつに口にするのは

リスクが高いかもしれません。

 

せっかくの海外旅行を楽しむためには、

浄水装置の使用や、煮沸させるなどして

安全に飲みましょう。

 

日本の水はそもそも、日本人の味覚と身体に

合った水質で、全国どこへ行っても安全に

飲むことができます。

 

しかし、その土地ごとの特色があり、

味も微妙に異なります。

お出かけの際は、地域ごとに飲み比べてみるのも

楽しみの1つになるかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました