男だって日差しが怖い!日傘をさす男性をどう思う?

傘だらけ 生活の知恵

スポンサードリンク



日傘男子はここ数年で一気に増えました。

真夏の午後のじりじりと照り付ける太陽の下では

男女関係なく紫外線ダメージを受けてしまいます。

 

オフィス街では日傘を使っているビジネスマンを

見かけることも珍しくなくなりましたが、

やはりまだ恥ずかしいと思って使えない

男性も少なくないようです。

 

ですが、日傘のメリットをチェックしてみると

恥ずかしいと思う気持ちも吹き飛びますよ^^

 

男の日傘はやっぱり恥ずかしい?

男性と傘

男の人が日傘を使うことを女性はどう思うのか、

女性数人に聞いてみました。

 

自分も含めてですが、12人中10人は

いいと思う」という感想です。

 

「いいとは思わない」と答えた2人は、

普段から日傘を使わない人なので、

日傘の良さがわからないがゆえに

抵抗を感じるのではないでしょうか。

 

男性の中で「男が日傘なんて…」と思う人が

まだまだ多いのは、日傘を使ったことがないので

その効果やメリットを実感していないから

だと考えられます。

 

使ってみれば日傘の絶大な効果がわかるので、

実感すればすぐ日傘男子になるかもですね!

 

私の父も最初は嫌がっていましたが、

一度試しに私の日傘を貸してあげたところ、

その涼しさに驚いて今ではすっかり

日傘男子に仲間入りしました(笑)。

 

女性が使うようなフリルが付いているものや、

レースがあしらわれた日傘を男性が使えば

確かに人目を引いてしまうでしょう。

 

ですが、晴雨兼用のシンプルな傘なら、

恥ずかしいなんて思わずに

堂々を使っても良いと思いますよ。

 

父も黒色の晴雨兼用日傘を愛用しています。

折り畳みで鞄に入れられるし重宝しているとか。

見た目も全然違和感ないので、おススメです☆

 

スポンサードリンク

 

日傘は熱中症対策に効果あり!男性でも日傘はさすべし

外回り

日傘は紫外線を防ぐ目的で使う人が多いです。

昔よりも太陽光に含まれる有害な光の波長が

地上に届きやすくなっているので、

皮膚に与える紫外線の害が大きくなっています。

 

なので、

紫外線を防ぐために日傘を使うのは正解です!

 

皮膚を老化させる原因は

80%は光老化だと言われているので、

男女問わず見た目を左右する肌老化を防ぐために

日傘を使って肌を守るのは良いことです。

 

でも、それだけじゃなく、

真夏の熱中症対策にも有効なのですよ。

日本の夏は昔よりも気温が高くなっているので、

熱中症の危険度も高まっています。

 

真夏の強い太陽の光を直接浴びているのと、

日傘を使って日差しを防ぐのとでは

体感で2~3℃も差があります

身体の表面温度を測定する実験では

5℃も差が出たというデータもあります。

 

屋内でも熱中症になることもあるほど

厳しい暑さが続く真夏には、

男性も日傘を使って熱中症リスクを

少しでも減らしましょう。

 

 

 

日傘は何年くらい使えるもの?

考えるリーマン

男性用の日傘も増えていますが、

ほとんどは晴雨兼用なので

見た目には普通の雨傘と同じです。

 

ただ、日傘としての機能もチェックしましょう。

紫外線には布やガラスを

通り抜けてしまう波長の光があるので、

UVカット加工されたものを選びます。

 

UVカット機能はおよそ3年くらい

無くなってしまいます。

防水加工はスプレーで復活させられますが、

UVカット機能は復活させられません

 

3年以上使っている日傘では、

日差しを防いでも紫外線の有害な波長まで

ブロックできないので注意しましょう。

 

まとめ

数年前には流行語大賞の候補に

『日傘男子』が選ばれたくらいなので、

男性が日傘を使うことを恥ずかしいことだと

思う人はだんだん少なくなっていくでしょう。

 

恥ずかしさよりも危険な暑さから

身を守る方が大切ですから、

勇気を出して日傘デビューしてみませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました