墨汁の落とし方や染み抜きの裏技!畳について落ちない理由とは?

和室 季節のイベント

スポンサードリンク



和室

やってしまった!畳に墨汁の黒い点々が…

急いでふき取ったけど、うっすら残ってしまっているし!

どうしよう…

 

書初めや習字の宿題で、畳に墨汁をこぼしてしまうことがありますよね。

書道に慣れていない低学年のお子さんならなおのことでしょう。

 

そこで、畳にこぼしてしまった墨汁の汚れの落とし方をご紹介します。

どれもお手軽にできますよ。

お困りの方はぜひ試してみてください!

 

スポンサードリンク

 

墨汁の落とし方にはこれが効く!畳にこぼしたての場合

まずは落ち着きましょう。

焦ってゴシゴシ拭くのはだめですよ!かえって汚れが広がってしまいます。

こちらで紹介する方法は、いずれも墨が乾く前の状態の時に効果的な方法です。

 

・中性洗剤を使う

台所やお風呂用に代表される洗剤です。

「中性」と表示のある洗剤をご用意ください。

200ccの水に対して5滴ほど洗剤を溶かした溶液を霧吹きに入れ、準備しておきます。

 

  1. ティッシュで墨汁をやさしくふき取ります。
  2. 薄めておいた洗剤溶液を、霧吹きでシュっと吹きかけます。
  3. 墨汁が浮いてくるので、ティッシュや布で拭きとります。
  4. 1~3を何回か繰り返したら、畳の目に沿って、歯ブラシで汚れた部分をこすります。
  5. 浮いた汚れをティッシュや布でふき取ります。
  6. 汚れ部分をドライヤーで乾かします。
  7. 汚れ部分が乾いてから砂消しゴムで軽くこすると、さらに目立ちにくくなります。

 

・小麦粉を使う

小麦粉など、乾いた粉であれば効果があります。

賞味期限が切れた小麦粉があれば有効活用できますね。

 

  1. ティッシュや布をのせて、墨汁を吸いとります。
  2. 汚れ部分が見えなくなるように、小麦粉をふりかけます。
  3. 指で墨汁と粉をやさしくなじませます。
  4. 粉がダマ状になるので、掃除機でこのダマを吸い取ります。
  5. 汚れが薄くなるまで、何回か繰り返しましょう。

 

・歯磨き粉を使う

歯磨き粉は、畳だけでなく衣類にも使えます。

小麦粉で取り切れなかった墨汁は、歯磨き粉も使ってみましょう。

同様の方法で、ご飯粒を使っても汚れを落とせます。

 

  1. 墨汁で汚れた部分に歯磨き粉を塗り、そこを歯ブラシなどで丸くこすります。
  2. ある程度こすったら、乾いた布でふき取ります。
  3. 仕上げに濡れた布でこすり、汚れを落とします。
  4. 汚れが薄くなるまで、繰り返します。

 

・大根おろしを使う

大根の辛味成分が墨汁の汚れを浮き上がらせ、汚れを落としやすくしてくれます。

 

  1. 大根おろしを墨汁で汚れた畳にのせます。
  2. 30分ほど放置すると、墨汁がきれいに畳から浮いてきます。
  3. 汚れが浮き上がってきたら、大根おろしごと拭き取ります。
  4. 仕上げに、乾いた布で拭き取ります。

 

墨汁が湿っているほど、これらの方法は効果が見られます。

要は、墨汁の汚れはスピードが勝負というわけですね!

 

スポンサードリンク

 

墨汁の染み抜きは可能?畳に染み込んで乾いた場合

あぁ、こんなところにも墨汁が…しかも乾いちゃってるし!

と、後から墨汁の汚れに気づき、がっくり肩を落とされたママさん。

でも大丈夫ですよ!

染み込んで乾いてしまった汚れを落とす方法をご紹介しますね。

 

・砂消しゴムを使う

文字を消すように、砂消しゴムで汚れ部分を軽くこすります。

多少跡が残りますが、ちゃんと汚れが落ちますよ。

ちなみに、この方法でマジックなどの汚れも落とすことができます。

 

畳用ではないですが、衣服についた墨の汚れ落としに、このような便利グッズも販売されています。

もしお持ちであれば、畳にも試してみる価値はあると思います。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すみおとしジェルタイプ 12g【墨運堂】28606【メール便対応】書道 習字 石鹸 道具
価格:297円(税込、送料別) (2019/11/10時点)

楽天で購入

 

 

 

こちらは最終手段になりますが、あまりに墨汁の汚れがひどい場合は、畳を裏返し・表替えする方法があります。

 

畳屋さんや、リフォーム業者、店舗によってはホームセンターでも扱っているところもあります。

地域により異なりますが、裏返しの料金相場は1畳3,500円〜6,000円前後、表替えの料金相場は1畳4,000円〜9,000円前後です。

 

客間の畳など、どうしても妥協できない汚れならば、この方法を検討された方が手っ取り早いかもしれません。

ただし、次からは新聞を引くなどして、再発防止は徹底しておきましょう!

 

墨汁が落ちない理由を知って対策を!

墨汁とはすすを接着剤(ニカワ)で固めたものです。

すすとは、暖炉やろうそくなどを燃やした時に、天井などにつくあの黒い微粒子です。

そして、ニカワとは、動物由来のゼラチンを主成分とする接着剤です。

 

すすは大変粒子が細かいため、畳や衣服へ付着すると繊維の奥へ入り込んでしまいます

そのため、ゴシゴシこすってしまうと、すすの粒子を奥へと押し込んでしまうことになるのです。

墨汁が乾くと、すすの粒子がそのまま繊維の奥に留まってしまうので、汚れを落とすことがより困難になってしまうというわけです。

 

この特徴を踏まえて、墨汁をこぼした時の対策は

  • できるだけ素早く、ふき取るか吸い取る
  • ごしごしこすらない

ということになります!覚えておきましょう。

 

まとめ

墨汁はこぼしてしまったら、すぐ処置をして被害を最小限にとどめましょう!

 

時間が経った汚れは、砂消しゴムなどの方法で対処しましょう。

少し跡が残りますが、だいぶ目立たなくなりますよ。

 

また、事前準備として

  • 新聞紙やレジャーシートを敷き、その上で習字をする
  • 汚れてもよい服装で習字をする
  • 洗濯で落とせる墨汁を利用する

など、対策しておくとより安心ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました