年賀状に子供の写真は迷惑だしうざい…いらないと伝えるのは失礼?

悩む女性 季節のイベント

スポンサードリンク



悩む女性

突然ですが、筆者は結婚していなければ、当然子供もいないアラフォー独身女性です。

 

最近、断捨離を始めました。

着ない洋服、使わない日用品をどんどん捨てていく中、目に留まったのは毎年送られてくる子供の写真付きの年賀状の束でした。

 

ほとんどの友人は結婚、出産しているので、当たり前のように年賀状には子供の写真が使われています。

若い頃はその年賀状をもらう度に、「私も結婚して子供を産んで家庭を作るぞ!」と意気込んだものですが、今やその思いはどこへやら…というくらいおひとり様を満喫しています。

 

私と同じような世の中のアラフォー独身女性は、子供の写真付き年賀状を見てどう感じているのでしょう?

肯定的な意見が多いのか、否定的な意見が多いのか、それとも特に何も思わないのか…。

気になったので、調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

年賀状に子供の写真は迷惑だと感じるのはなぜ?

子供の写真付き年賀状をもらって迷惑だと感じる人は、どこか「自分が持っていない幸せを羨ましい」という心理が働いていることが考えられます。

また、反対に、特にもらっても何も思わない人や、「幸せのおすそわけをもらった」と嬉しい気持ちになる人もいます。

 

送る側としては、特に他意があるわけではなく、単純に出産の報告や、我が子の成長を報告したいという気持ちがほとんどだと思います。

もらった側が結婚できなくて寂しい思いをしているなど、考えもしていないでしょう。

 

しかし、もう一度思い出して欲しいのですが、冒頭で申し上げたように、人は誰しも「自分にはないものが羨ましい」という思いが少なからずあるという事です。

 

隣の芝生は青いもの。

 

子供がいる人からすれば、自分で稼いだお金を自由に使って、習い事や海外旅行など、好きな事をする時間がある独身女性が「羨ましい」と思っている人もいるのです。

逆に、子持ちのママさんが、独身の友人から海外旅行の写真が付いた年賀状を貰って、「私はこんなに忙しいのに…」とモヤモヤした気持ちになったという意見もありました。

 

私自身も家族がいる人を羨ましいと思っていた時期はありましたが、家事や育児に追われ、心に余裕がないといった状況も、それはそれで辛いのかもしれない…と感じるようになりました。

 

だからといって独身女性の「寂しい」という気持ちが消えるわけではないので、「寂しい」「羨ましい」という気持ちを素直に認め、自分で自分の気持ちに寄り添ってあげましょう。

無理に「人を妬むなんていけないことだ!」なんて否定する必要はありません。

「ああ、私は今こういう状況を羨ましいと感じるんだなぁ」と客観的に見れば、意外と落ち込んだり、イライラすることもなく、冷静になれるはずですよ。

 

スポンサードリンク

 

年賀状の子供の写真がうざいと感じてしまう人はどれくらいいる?

年賀状に子どもの写真は鬱陶しいと感じている人と、何とも思わないという独身女性は共に半数近くいることがわかりました!

 

子供の写真付き年賀状くらいでモヤっとしたり、うざいと感じてしまう自分が、なんだか心の小さい奴だな…と思っていませんか?

 

しかし、半数の独身女性はうざいと感じているのが現状です。

特に、うざいと感じる理由の大半は子供の写真で「幸せアピール」をする年賀状です。

 

実は私もうざいと感じたその一人です。

正直私がイラっとしたのは、メッセージが「また遊びに来てね!」とシンプルなのに、子供の写真が年賀状の大部分をしめている所です。

もう、幸せアピールでしかないのがうざい!と感じてしまいます。

その友人は年賀状に限らず、どこか子供とイベントへ出かけるたびにその様子をタイムラインに載せ、さらに「スタンプよろしく」とLINEをしてくるのです。

 

年賀状って新年の挨拶なのに、いつしか子供の写真を送り合うイベントのようになってしまっているのが、正直残念に思います。

そんな幸せアピールが凄い人の心理は大体、幸せだと他者に認めてもらいたい承認欲求が強い人です。

それに応える必要はないと思いました。

 

「うざい」と感じたらなら、その気持ちを否定する必要は何らありません。

「わぁ、可愛いお子さんだね!」などと無理にリアクションする必要もありません。

「( ´_ゝ`)フーン」という感じで、自分の中で流してしまいましょう。

 

年賀状に子供の写真はいらないと伝えてもいいもの?

子供の写真は新年早々辛い!と感じるのであれば、その気持ちを正直に伝えて良いと思います。

年賀状を受け取って、モヤッとやりきれない気持ちで新年が始まるのはもったいないです。

年賀状を受け取った時の自分の感情を大切にしてください。

 

そうは言っても、ストレートに「年賀状に子どもの写真はいらない」なんて言ったら、友人関係にヒビが入りそうですし、「結婚できなくてかわいそう」なんて見下されるのではないか…と心配になりますよね。

 

そんな時は、

 

「私は子供がいないから写真付きの年賀状を見るのがちょっと辛いんだ(^^;)」

「できれば、写真付きではなくメッセージのみの年賀状だと助かるな~」

 

など、やんわりと伝えるのがいいでしょう。

 

私は友人に、

「子供だけでなくて、あなたを含めた家族全員の近況が知りたいな^^」

と伝えたら、子供オンリーの写真から、毎年家族全員が写ったものに変えてくれました。

 

特に友達の子供って、極端な言い方をすれば赤の他人なので、そんな写真を見せられても、正直つまらないんですよね(^^;)

でも、友人が写った写真だと「おぉ!友達は今こんな感じなのか!」と、一気に懐かしい気持ちになれるので、私はこれだけでも嬉しかったです。

 

また、私のリクエストを嫌な顔一つせず「確かにそうだね!来年からそうするよ!」と快諾してくれた友人にも感謝です。

本当の友達なら、こんなリクエストをしても友情が壊れることはないので(これくらいで壊れるならその程度の関係ということ)、正直に話してもいいのではないかと思います。

 

それでもやはり伝えづらいと感じる場合は、第一章で書いたように、「人は誰しも隣の芝生は青く見えるものということを思い出して下さい。

自分だって相手からしたら「羨ましい」と思われるような幸せがある事を忘れず、他人の幸せは気にせずほっておきましょう。

 

まとめ

・人は誰しも「自分には持っていないもの」が羨ましいという思いがある事を忘れてはいけない。

・年賀状での幸せアピールは正直うざい。そういう人は自分の幸せを認めてもらいたい人なので相手にしないこと。

・年賀状を見て、やりきれない気持ちを感じたらそれとなく相手に気持ちを伝えるか、自分の今ある幸せを大切にして、人の幸せはほっておく。

 

ちなみに私は、断捨離をしていて出てきた子供の写真付き年賀状は、先ほどの家族写真に変えてくれた友人の分を除いて、シュレッダーにかけました。

この記事が、新年からモヤモヤしているあなたの気持ちを少しでも軽くすることができれば幸いです^^

 

タイトルとURLをコピーしました