扇風機をサーキュレーター化できる?どっちがエアコン効率化に良い?

サーキュレーター 季節のイベント

スポンサードリンク



サーキュレーター

 

夏場になるとあがる電気代。

電気代を上げる主な要因はエアコンですよね。

 

部屋は涼しくしたいけれど、できるなら電気代は節約して、効率良くエアコンを使用したい。

誰だってそう思いますよね。

 

家にあるエアコンは古いから冷房の効きがイマイチ…

でもエアコンを買い替える余裕もないし、できれば買い替えずに費用を抑えて涼しくする方法を知りたい…

 

そんなあなたに朗報です。

サーキュレーターをエアコンと併用すると、部屋をうまく冷やすことができるのです。

 

どのように利用すればいいのか。

また、似たような見た目の扇風機はサーキュレータの代わりになるのか。

気になる点についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

扇風機をサーキュレーターに代用化することは可能?

扇風機とサーキュレーターは似ているようで、実はまったくその機能は違うのです。

 

1.扇風機

扇風機は人の体に直接風をあてることで、涼感を得るのが目的です。

そのため、サーキュレーターに比べると風の量は少ないです。

広範囲にわたって風を起こすため、風が拡散しやすく、遠くまで届かないという特徴があります。

 

2.サーキュレーター

サーキュレーターは室内の空気を循環させることが目的です。

送風に特化した設計をしており、遠くまで強い風を送ることができます。

直進性の風を発生させるために、壁などにぶつかっても風が散らずに跳ね返ってきます。

 

扇風機の見た目はサーキュレーターと似ているので、一見代用できるように見えますが、そもそも用途が違うため、完全な代用にはできないのです。

 

スポンサードリンク

 

サーキュレーターはどうやって使うのが良い?

サーキュレーターはエアコンの風を部屋全体にいきわたらせるのを手伝ってくれるので、冷房の時だけでなく暖房の時にも使える優れものです。

 

1.冷房時の使い方

冷気は部屋の下の方にいくという性質があります。

冷房を効率化させるには、この下の方に溜まってしまった空気を部屋全体にいきわたらせることが大切です。

 

まず、エアコンの風向きは水平に設定しましょう。

エアコンから出た冷たい風はゆっくりと下に降りてきて、やがて下の方に溜まっていきます。

このときにサーキュレーターはエアコンを背にした状態で置いて、首は天井に向けて動かすようにしましょう。

 

すると、床に溜まっていた冷たい空気が部屋中にいきわたってくれて、冷たい空気のムラが減り、足元だけが寒いといった状態がなくなります。

 

2.暖房時の使い方

暖気は部屋の上の方にいくという性質があります。

暖房を使う時に、サーキュレーターまで使ってしまうと風が発生するため、逆に部屋が寒くなるのではないかと思われがちです。

しかし、サーキュレーターの風を直接人に当ててしまわないように注意して、部屋の中で滞っている空気にあてると、室内の空気がよく動いて部屋全体が暖まるようになります。

サーキュレーターは部屋の隅からエアコンに向かって対角線上に置きましょう。

こうすることで、天井に溜まっていた暖かい空気を下に送れるため、部屋全体の温度が上がり、顔だけ暑いといった状態がなくなります。

 

扇風機かサーキュレーターどっちを買うか迷った時は?

ご自身がどういう目的で使用したいかを考えて買うようにしましょう。

エアコンの効率を上げる目的であれば、断然サーキュレーターす。

エアコンが古くて買い替えたいけど、高額な出費はちょっとイタイ…と思っている人にはおススメですね。

サーキュレーター自体が3,000円~4,000円程度で購入できますので、エアコンを買い替えるよりかは安く済みますし、少しでも費用をかけずに涼しくしたい!という方にはコスパ抜群です。

 

単純に涼をとりたい場合は、人の体に風を当てることを目的に作られている扇風機がおすすめです。

 

この説明を聞いて、

「エアコンの効率も上げたいけど、涼も取りたい!でも両方も買うのはお金がかかるし、邪魔!」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

ご安心下さい。今はサーキュレーター機能付き扇風機も販売されています。

我が家は山善のリビング扇風機を使っていますが、1粒で2度美味しい…じゃなくて、1台で2機能の役割をしてくれるので、年中大活躍しています。

 

 

 

まとめ

近頃は扇風機だけで乗り切るのが大変な夏ばかりですよね。

だからといって各部屋に最新のエアコンを取り付けるのは費用面から現実的ではありません。

 

その場合は、今回ご紹介したサーキュレーターをうまくエアコンと併用して、お部屋の温度調整の効率化を目指してみて下さい。

「こんなもので…」と疑われるかもしれませんが、やっぱり使うと使わないでは、エアコンの効きが違うな~と感じます。

 

お財布にも環境にも、そしてお身体にも良い夏を過ごせるよう、ぜひサーキュレーターの導入を検討してみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました