窓拭きは新聞紙では綺麗にならない?ガラスを新聞で掃除する理由とは

新聞紙 季節のイベント

スポンサードリンク



新聞紙

窓を掃除する時には、何を使って掃除していますか?

今では様々な洗剤や便利グッズなどがたくさん販売されていますね。

 

しかし!

 

窓ガラスは、それらの便利な掃除グッズを使って綺麗に拭いたつもりでも、ムラができていたり、筋が残ってしまったりと意外に厄介な掃除場所です。

実はそんな厄介な窓拭きですが、新聞紙を使うと綺麗に拭くことができるというのを聞いたことがありませんか?

新聞紙を使うと、なぜ窓が綺麗になるのでしょうか。

それには、ちゃんと理由があるのです。

その理由についてみてみましょう。

 

窓が綺麗になるちょっとしたコツもお教えしますよ~^^

 

スポンサードリンク

 

窓拭きが新聞紙で綺麗にならない!コツはある?

新聞紙で窓拭きをすると、窓が驚くほど簡単に綺麗することができますが、そのためには、窓拭きのコツを抑えておくことがポイントです。

 

窓拭きのコツ1つ目は、新聞紙をクシャクシャと丸めて使うということです。

新聞紙で窓拭きというと、新聞紙を雑巾のように開いて使うというイメージがあると思いますが、新聞紙をボールのように丸めて使う方法がベストです。

窓をしっかりと拭けるように、握れる大きさに丸めましょう。

窓拭きを始める前に、いくつか新聞紙ボールを作っておくとスムーズに掃除をすることができますよ。

 

窓拭きのコツ2つ目は、窓を拭く時にジグザグに動かしながら拭くことです。

新聞紙をぬるま湯でしっかりと濡らして拭いていきますが、その時に真っ直ぐではなく、ジグザクと動かすと汚れがよく落ちます。

しっかりと擦って汚れを落としましょう。

 

ちなみに、汚れがひどいという時には新聞紙で窓拭きの前にワンステップ!

濡れた雑巾などで、あらかじめ汚れを拭き取っておくと良いでしょう。

使い古したシャツなどを破いて雑巾代わりにすれば、すぐに捨てられるので便利です。

 

また特にホコリが多いという場合には、そのまま新聞紙で拭いてしまうと乾いた後に白くなってしまうこともありますので、要注意です。

このような時には、水拭きではなく、先に水洗いをしてホコリなどを落としておくのもおすすめです。

 

窓拭きのコツ3つ目は、小さな円を描くようにして拭きあげることです。

汚れが落ちたことを確認したら、ボール状に丸めた乾いた新聞紙で仕上げます。

この時には、水が垂れるので、上から下、左から右(または右から左)と、小さな円を描くようにしながら拭いていくというのがコツです。

こうして拭きあげていくことで、ムラや跡などができにくくなります。

 

さらに、もっと綺麗にしたいという方は、掃除をする日もポイントです。

掃除というと晴れた日に気持ち良く掃除をしたいものですが、窓拭きの場合は、断然曇りの日がおすすめ

曇りの日は、晴れた日に比べると湿気が多くなりますので、窓に付いた汚れが湿気を吸い、汚れが落ちやすくなるのです。

晴れた日に比べると拭いた後が乾くのに時間はかかりますが、拭き跡が残りにくくなりますので、より綺麗に仕上がります。

 

新聞紙を使って窓が綺麗にならなかった経験がある方は、これらのコツやポイントを抑えて、再トライしてみて下さい。

今度は綺麗に仕上がるはずですよ!

 

スポンサードリンク

 

新聞で窓拭きをすると綺麗になる理由とは

新聞紙は紙でできていますが、紙は布に比べると繊維が粗いのが特徴で、この繊維の粗さが窓掃除に適しています。

布に比べると繊維が粗いため、布で拭いた後のような細かな繊維の跡がつきにくいため、綺麗な拭きあがりになります。

また、紙は繊維が粗いため、汚れなどを絡め取りやすいといったメリットもあるんです。

 

これらの理由から、新聞紙で窓拭きをすると綺麗に仕上がるのです。

新聞の意外な使い道ですね。

 

また、新聞紙に印刷されているたくさんの文字。

これらの文字を印刷しているインクに綺麗になる秘密があるんです。

 

新聞紙に印刷されている文字のほとんどは、大豆油を使った大豆インクが使用されています。

大豆インクの成分には、汚れを分解・吸収する働きがあります。

この働きによって、窓の汚れをスッキリと落とすことができるのですね。

 

さらに、新聞紙で窓拭きの仕上げをすると、ツヤ出し効果もありますし、インクがガラスをコーティングしてくれて、汚れも付きにくくなるというわけです。

 

これらの理由から、窓拭きには新聞紙がおすすめされているのです。

 

ガラスを新聞で掃除したらインクは付かない?

ガラスを新聞紙で掃除しても、新聞紙に印刷されたインクがガラスに付くことはありません

新聞紙のインクが汚れを分解・吸収してくれますので、心配ご無用です。

 

ただ、新聞ボールを握っていた手にはインクが付いてしまうことがありますので、注意しましょう。

新聞紙を使って窓を拭く時には、ギュッと新聞紙を握りますので、どうしてもインクが付いてしまいます。

 

私も毎回、窓掃除が終わった後に手を見て「あちゃー(ノ∀`)」となっています。

窓はキレイになったのに、手は真っ黒…

石鹸ではなかなか落ちないので厄介です。

 

手が汚れるのが気になるという場合には、ゴム手袋やビニール手袋などを装着してから掃除をすることをおすすめします。

まとめ

窓拭きというのは意外と厄介で、雑巾などを使うとムラや筋が残ってしまうことがあります。

そんな時におすすめなのが、新聞紙です。

  • 粗い繊維が汚れをしっかり絡め取る
  • 繊維が粗いため細かい繊維の跡が残らない
  • 新聞紙のインクが汚れを分解・吸収する
  • 新聞紙のインクがツヤを出し、汚れを付きにくくする

これらの理由を見ても、新聞紙が窓拭きに最適というのも頷けますよね。

今年の大掃除は新聞紙を使って、窓をピカピカに仕上げちゃいましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました