お年玉の減額はケチだと思われる?廃止したい時はどうするのが良い?

お年玉

お年玉の時期になると、親戚の子が多い人は少し憂鬱になりますよね。

私にも、甥っ子・姪っ子が合計3人いますが、やはりお年玉は毎年悩みます。

また、親戚の子供の他に、友達の子にも会ったら「あげなきゃいけないかな?」と思っちゃいますよね。

お年玉は毎年のことですし、しかも年末年始は家族皆が家にいるので食費の出費がかさんだりと、何かと物入りです。

我が家は「お正月だから!」を合言葉に、毎年結構お金を使っちゃってます(^^;)

でも、昨年は甥っ子・姪っ子にお年玉はあげませんでした。

一昨年まではあげていましたが、やはり「きつい」というのが本音です。

また、私の子供たちも親戚からは貰いませんでした。

今回はお年玉を減らしたい、もしくはやめたい人に向けて、私の実践した方法をご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

お年玉の減額をするのはあり?

私は基本的に「減額はなし派」です。

お金の価値が分かる年齢になったら、「去年より少ない…」と気付かれるからです。

年齢別のお年玉の相場はご存知でしょうか?

  • 未就学の子:500~1,000円
  • 小学校低学年:2,000円
  • 小学校高学年:3,000円
  • 中学生:5,000円
  • 高校生:10,000円

例えば、3歳から18歳になるまで、ずーっと毎年相場のお年玉をあげたとすると、1人につき大体65,000円かかる計算になります!

では、3人渡す子がいたら?20万円近くなります…

さらに、5人渡す子がいたら?30万円以上になります!

こうやってみると、結構な額ですよね~。

なので、減額したいと思う気持ちはすごくよく分かります!

お年玉をあげるような関係ということは、入学や進学祝いなどもあげている方が多いはずです。

そうすると、もっともっとお金が無くなります。

私もこのトータルの計算をしてみて、正直「あげたくない」と思いました。

ですが、甥っ子・姪っ子は全て「主人の兄弟」の子なのです。

「自分の兄弟だったら相談しやすいのにな〜。」と思いました(;´・ω・)

とは言え、キツいのは事実です。

では、どうやってお年玉を廃止する方向に持っていけばいいのでしょうか?

私が試した3つの方法を順に紹介していきます。

1.夫に相談

これは鉄板ですよね!

夫なら家計の大変さを知っていますし、キツいこともわかってます。

でも、「甥っ子・姪っ子が可愛い」「もらってるから」であげているご家庭が多いですよね。

更に男の人って、「見栄」であげる時も多いのです(^^;)

そこで私は、お年玉と入進学のお祝い金3人分のトータル金額を書いて夫に見せました。

しかし、夫からの返事は「結構な額だな〜」で終了でしたorz

2.ストレートに「お年玉をあげる余裕がない」と伝える

あげたくない」は禁止ワードです!

それが本音なのはわかりますが、義理の甥っ子・姪っ子の場合、夫自身も、夫の家族もそれを聞いたら不愉快に感じてしまいますので、口に出してはいけません。

ですので、「あげる余裕がない」と伝えましょう。

「あげたいんだけどね…(;´・ω・)」もプラスして伝えると、「お金がないから」と理解してもらいやすいです。

ここで、「そうだね、お年玉はやめる・減額するって言うよ!」と言ってくれるご主人なら、万々歳ですね!

うちの夫は「大丈夫じゃない?(甥っ子・姪っ子は)たった3人だし!」で終わりましたorz

なかなか一筋縄ではいかない鈍い夫…さて、どうしたものかと悩んだ末に、私が試した最終手段がこちら!

3.最終手段は「あなたのお小遣いからあげたら?!」

私はこれで、夫に勝ちました(笑)

  • 生活費から出すのは厳しい(お年玉は毎年続く上に、節目でお祝いもあげるので)
  • でも夫はあげたい

という、お互いに平行線を辿っていましたが、

だったら、あなたのお小遣いであげたらいいと思う

と言ってみました。

だってそうじゃないですか?生活費から出すのが厳しいのです。

「あげたい人があげれば?」って言うしかないですよね。

ここでようやくうちの夫は、

「それはキツい。じゃあお年玉だけはやめない?って、俺から言ってみる」

と言ってくれました。

なんて単純な人なのでしょう…(^^;)

よく考え、私は気付きました。

本当は「あげたくない」のではなく、「生活費から出すのが厳しい」だけだったのです。

夫のお小遣いで出してくれるのなら、「あげても良い」「減額しなくても良い」派でした。

まぁ、その結果、夫は出し渋ったのですが(笑)

これは最終兵器として効果テキメンですので!

上の1~2で効果がない時に使ってみて下さい。

スポンサーリンク

お年玉をケチると印象が悪くなる?

もちろん、印象が悪くなる可能性はあります

「そこまで家計キツいの?」

「親戚付き合いしたくないの?」

「お互い様でしょ?うちだってあなたの子にあげてるよ?」

など、言われるかもしれません。

でも、私は「仕方がない」と思ってます。

嫌いであげないのではないのですから。

我が家の場合は、主人の兄弟だったので、「家計がキツくて」とストレートに言ってもらいました。

隠しても仕方ないですし、うちの子のためにお年玉を用意してくれたのに、我が家は用意してないなんてことになったら、その場の雰囲気が悪くなりますよね。

なので事前に、「今度からお年玉やめたいんだ…家計がキツくて」と伝えてもらいました。

お年玉を廃止したい場合はどうすればいい?

私は、お年玉廃止に賛成です!

理由は、甥っ子・姪っ子の3人がうちの下の子と同い年だからです。

つまり、自分の子が小学校入学の時に、

  • 自分の子の入学準備
  • 加えて、甥っ子・姪っ子3人にお祝い

という同時多発的にお金が出ていくイベントが発生するのです!

しかもこの後、中学・高校・大学・成人のお祝いと続くわけですが、全部同じ時期ですよΣ( ̄ロ ̄lll)

これは、どこかで「線引き」をしないといけないと思いました。

なので、「あげる・あげない」を決めよう!と思いました。

「全員同い年だから、尚更キツい」というのを強調しつつ、

  • お年玉はあげるけど、入学などのお祝いの額を下げる
  • お年玉を減らして、入学などのお祝いはこのまま相場であげる
  • お年玉をやめて、お祝いのみにする
  • どっちもやめる

の4つを提案しました。

これは年齢が違っても使える方法だと思います!

今は0歳や5歳でも、いつかは小学校や中学校に入りますよね。

早いか遅いかの差です。

なので、兄弟に子供が出来たら、

私たち兄弟間では、お年玉(お祝い)は無しにしない?

と、先に決めておくと良いですね。

夫側の兄弟の場合には、

  • 出来れば結婚したときに夫に伝えておく
  • 子供が出来たときに夫に伝えておく

がとても良いと思います。

子供は楽しみに待っているでしょうが、もし廃止する場合は、「その代わり、お母さんがお年玉あげるね」というようにしたら、まだ家族内のことですし、金額も気にすることはないので、負担も減るのではないでしょうか。

つい、夫や親戚に事前にお年玉の廃止を伝えるだけで、自分の子供にはそのことを言い忘れがちです。

お年玉は子供が貰えるものですので、「減額」や「お年玉自体を廃止」になった時には、お子さんにもきちんと伝えておきましょう!

まとめ

お年玉を「あげたくない」「減らしたい」って、言いづらいことですよね。

ですが、お年玉は1回あげて終わるものではなく、何年も続くものです。

親戚が多ければ、その分、合計の出費額も大きくなります。

渡すのはキツいな〜と思ったら、早目にご主人などに相談しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする