同窓会に参加しないのはあり?つまらなかった・楽しかった話をご紹介

飲み会

あなたは、同窓会のお知らせを受けてどのように感じますか?

私の場合は気が重くなります。。

以前、サークルの同窓会に参加した時のことなのですが、友達同士は近くに住んでいてよく会っているらしく、楽しそうに盛り上がっていました。

しかし、私は遠方に住んでおり、内輪話についていけないので、聞き役にまわっていたのですが、だんだん友達との距離を感じてしまいました。

以来、同窓会のお誘いがある度、「またあの疎外感を感じないといけないのか…」と気が重くなるようになりました。

私のように「同窓会は気が進まないな」と感じている人以外には、どのような理由で出席を躊躇う人が多いのでしょうか?

また、実際に同窓会に出て「つまらなかった」と感じた方、逆に「楽しかった」という方の両方の意見も調べてみました。

もし、今あなたが同窓会の出席を迷っているなら、参考にして頂ければと思います!

スポンサーリンク

同窓会に参加しない人の理由とは?

同窓会に参加しないといっても、理由は人それぞれ。

一体どのような理由があって参加を躊躇う人が多いのでしょうか?

・そもそも会いたい友達がいない

元から友達が少ない、参加メンバーもそれほど親しくない、幹事グループと合わないなど。

会いたい友達がいないので、出席する理由がないというケースです。

この理由の方は意外と多いのではないでしょうか。

・忙しい、面倒くさい、費用の問題

仕事や家事が忙しく、同窓会のために時間を割けない。

会場まで遠いので交通費がかかる。

着ていく服を迷う、など。

これらのことを考えるうちに、面倒くさくなってしまう人もいるようです。

・大人数の会が苦手

人数に圧倒されて身の置き所がない自分を想像しただけで、参加する気が失せてしまうという人も。

誰もが大人数の集まりが得意なわけではないので、少人数あるいは一人でいる方が楽という人は、同窓会への出席に二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。

ちなみに私の友人はこれで、「コミュ障だから、こういうのは苦手」と言っていました。

・会いたくない、気まずい人がいる

気が合わない友達や、中には当時自分をいじめていた人が来ているかもしれません。

そんな嫌なことを思い出させるような相手に、敢えて遭遇するような場所に行きたくないという人もいます。

・自分に自信がない

自分の外見や現状などに引け目を感じていると、参加したくなくなります。

特に女性同士は、結婚していたら専業主婦なのかどうか、子供がいればどんな学校に通っているのか、などでマウンティングが起こりやすいです。

自分に自慢できるようなステータスがなければ、参加しても惨めな気分になることを想定して、行かない人もいます。

・今が楽しいから

現状に満足し、今という時間を大切にしているので、過去を振り返らないという割り切ったタイプの人も中にはいます!

「あの頃に戻りたい」とか、「あの頃は良かった」など考えないので、同窓会も参加の必要を感じません。

これはちょっと珍しいタイプの理由でしょうね。

これらの理由を見ていると、必ずしも誰しもが同窓会を喜んでいるというわけではないのがわかるかと思います。

どちらかというとネガティブな理由が多い中、最後の「今が楽しいから、過去は振り返らない」という理由は前向きでカッコいいですね!

私もこんな風に思えるようになりたいです(^^;)

スポンサーリンク

同窓会がつまらなかった人の意見とは

せっかく同窓会に行ってみたものの、「つまらなかった…」という人もいます。

その人たちは何が理由でつまらないと感じたのでしょうか?

・会話が合わない、価値観が合わない、疎外感を感じた

これは冒頭で話した私の経験談と同じですね。

昔は気があった仲間でも、時が経てばどうしても互いの環境や考え方がずれてきます。

学生の頃はほぼみんな同じような状況ですが、社会人になってしまえば、専業主婦になる人、バリキャリの道を進む人、ワーママとして仕事と家事の両立をする人、海外に住む人など、人によって全く違う人生を歩むことなります。

これは致し方ないことなのですが、どうしても当時のイメージが先行してしまうので、「あの頃と違う…」と距離感を感じてしまう人が多いようです。

・友達が変わりすぎていた

憧れだった異性の容姿が変わりすぎていて、ショック…!なんてことはよくあるのではないでしょうか。

「憧れは憧れのままにしておきたかった」という乙女心を打ち明けてくれた人もいました。

同時に「時の流れは残酷だと感じた」という辛口意見も(^_^;)

まぁ、時の流れはお互い平等に過ぎていますからね。

向こうも同じように感じている可能性もあるかもしれませんね。

また、「仲良しだった友達の性格が変わってしまい、がっかりした…」という意見もありました。

一緒にいる時間より、離れた時間の方が長い分、取り巻く環境の違いから「性格が変わった」と感じてしまうのも仕方のないことでしょう。

・自慢話を聞かされるのが嫌だった

これは先ほど「同窓会に行きたくない理由」にも挙がっていたマウンティングのことですね。

お互い近況報告のつもりが、いつの間にか自慢話になっていた…というのも本当によくあります。

仕事の成功話、子供の話、パートナーの話など。

「聞き流すこともできず、いちいち嫉妬してしまう自分も嫌になってしまった」という、なんとも悲しい感想も聞かれました。

・愚痴が多いネガティブな会話が多かった

普段話せる人がいないのか、ここぞとばかりに仕事・家庭・環境のことを愚痴る人がいます。

「途中から何の会なのかわからなくなり、心底、無駄な時間だと思った」という感想もありました。

愚痴り始めたら止まらない人っていますね。

こういう人に遭遇したら、無理やり話題を変えるか、トイレへ行くふりをして、戻ってきたらそれとなく違う席へ座るのが無難でしょう。

・会いたくない人が来ていた

自分をいじめた相手や、酷い別れ方をされた元カレ・元カノなど。

二度と会いたくないと思っていたのに、出会ってしまうと非常に気まずいですよね。

こうならないためにも、事前に幹事さんに出席メンバーを確認しておき、もし来るのがわかっているのなら、座席を考慮してもらえるよう頼んでおくといいですね。

こうしてみると、「つまらなかった」派の意見も多種多様ですね~。

同窓会がマウンティング合戦になるというのは本当によく聞きます。

男性同士ならどれくらい出世してどれくらいの年収があるか、女性なら結婚や子供の有無などで自慢話の応酬になるようです。

せっかくの懐かしい再会の場なのですから、険悪な雰囲気を出すのはやめてほしいですね。

近況を話すのもいいですが、当時の思い出を振り返って楽しむのもまた一興なのを覚えておいて欲しいです。

同窓会が楽しかった人の意見とは

では、最後に同窓会に良い思い出がある方の意見を見ていきましょう!

・友達から刺激を受け、気持ちを切り替えることができた

難しい仕事や困難な状況に立ち向かう友達と再会し、「アイツもがんばってるから、俺もやってやろう!」と、前向きな気持ちになれたという意見。

これは非常に良い刺激を貰っていますね。

自分が刺激を与えられる側の人間になりたいところです^^

・意外な人と会話があった

昔は親しくなかった友達だったのに、話してみると共感しあえる部分が多く、大人になってから親交が深まったというもの。

実は同窓会に出て、このパターンになった人が非常に多いのです!

このパターンは関係が長く続くことが多く、しょっちゅう遊びに行く仲になったり、ビジネスのコネクションに発展する場合もあるようです。

ぜひ、同窓会では新しい縁を探してみてはいかがでしょうか?

・変わらない友達が嬉しかった

外見はすっかり別人のように変わってしまった友達だけど、話し出すと昔と一緒で、友達の変わらない一面に安心し嬉しくなったという感想も。

先ほどの「同窓会がつまらなかった」派の中に、「友達が変わり過ぎていた」という意見がありましたが、それと全く逆のパターンですね。

やはり友達が当時のままでいてくれるというのは、ホッとするものです。

・気になる異性と出会えた

当時は全く意識していなかったのに、今ではすっかり垢抜けたクラスメイトに異性として意識してしまったという、胸キュンエピソードも聞かれました。

当時冴えなかった人が垢抜けていた!というのはよくある話です。

もしフリーなのであれば、良いご縁があるかもしれないので、是非おめかしして行ってみてはいかがでしょう?

・純粋に再会が楽しかった

「友達と一声交わしただけで、懐かしいあの頃に戻れた!」

「会えて本当に良かった!」

という純粋に同窓会らしい同窓会を楽しめたという人もたくさんいました。

「あっという間のひと時だったので、また会いたい!」と、リピートを熱望する声も。

同窓会の醍醐味はやはり、かつての友人と再会できるのはもちろんですが、当時全然知らなかった人ともご縁が繋がることがある!ということではないでしょうか。

これは期待していなかった分、非常に感慨深いものとなるようです。

まとめ

同窓会は実際のところ行ってみないと、楽しいか・つまらないかはわかりません。

私のように一度行ってみて「もう行きたくない」と感じたのなら、次からは無理して参加する必要はないでしょう。

でも、もし一度も行ったことがないのに「行ってもつまらないかな?行かないと後悔するかな?」とずっと頭で考えたところで、その答えは出ないでしょう。

上の様々な同窓会経験者の意見を参考にしながら、迷っているなら一度出てみてはどうでしょうか?

良いご縁があれば儲けもの!ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする