待望の初節句!五月人形は果たして必要?それとも要らない?

初節句 季節のイベント

スポンサードリンク



男の子の節句は鯉のぼりと

鎧兜や五月人形を飾って祝うものです。

 

女の子の桃の節句が終わったらすぐ、

男の子の節句の準備をする時期になります。

 

生まれて初めて迎える節句は

盛大にお祝いしたいと思いつつ、

五月人形を部屋に飾るのは

家のスペースの関係上難しい…

 

ということから、買わない選択肢もあるのか

迷ってしまうご家庭も増えています。

 

住宅によって家の広さは違うので、

せっかくだから飾ってあげたくても

スペースが確保できないこともあるでしょう。

 

そこで、五月人形はどうしても必要なものなのか

一緒に考えてみましょう。

 

五月人形を買って後悔する人も…大きさはよく考えよう!

五月人形

5月5日の子供の日は端午の節句として、

昔から男の子の成長を願うための

節目の日とされてきました。

 

鯉のぼりをあげるのは、鯉が龍になるという

中国の伝説がもとになっている風習で、

男の子が立派に成長して、出世して欲しいと

願ったことが始まりだと言われています。

 

五月人形として鎧兜の飾りや

勇ましい姿の金太郎人形を飾るのは、

魔除けの意味があります。

 

五月人形の意味を知ると、

無事に成長して欲しいと願う親なら

「五月人形は必要ない」なんて考えるのは

いけないことでは?と思うかもしれません。

 

ですが、男の子は女の子とは違い、

五月人形を飾って喜ぶなんてことは

数年で終わってしまいます

 

女の子はかなり成長するまで

ひな人形を飾ることを楽しみにするので、

買って良かったと思うことが多いでしょうが、

男の子は早々に興味なし…なんてことも。

 

スペースを占領するような大きな五月人形は

出し入れするだけでも大変なので、

すぐに飾らなくなってしまいがちです。

 

また、収納するだけでも場所をとるので

困ってしまう人が多いのが現状です。

 

自分たちが買うわけではなく、

実家の両親が孫の初節句のために張り切って

立派な五月人形を買う場合もあるのですが、

とにかくスペースが限られているのなら、

無理して飾るのは危険です。

 

子供が触って壊してしまい、

怪我をする恐れもあります。

 

五月人形が必要なのか、それとも不要なのか。

まずは自宅のスペースを考慮して決めましょう。

 

生活するスペースを狭められてまで

大きな五月人形を飾るのは、

後々後悔してしまうかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

五月人形をパパから受け継ぐのはあり?

鎧兜

五月人形はその子の魔除けとして飾る意味があるので、

1人に対して1体というのが正しいとされています。

ですが、これは現実的ではありませんよね。

 

男兄弟が増えた分だけ五月人形も増えていたら、

人形に部屋を占領されてしまいます。

一家に1体でも十分ではないでしょうか。

 

例えばわざわざ新しいものを買わずに、

父親の五月人形を子供に受け継がせる

といったケースもあります。

 

男の子は五月人形に対する興味を失うのが

早い傾向にあるため、ずっとしまったままで

ほとんど新品と変わらないほどキレイな状態で

保存されていることもあるからです。

 

「1人1体だから魔除けの効力がなくなってダメ」

という意見もありますが、

逆に元気で立派な大人の男性に成長した

父親から受け継ぐのは、

頼もしい魔除けだと考えれば良いのです。

 

まとめ

初節句に関するしきたりや風習は

地方によっても色々違いますし、

「絶対にコレが正しい!」という

ルールがあるわけじゃないのです。

 

五月人形を買わなければダメだと思い込まずに、

自分たちの生活を快適に送ることを前提に

考えてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました