本当の仕掛け人は誰!?恵方巻はいつから始まったもの?

豆と恵方巻 季節のイベント

スポンサードリンク



すっかり日本の節分に定着した恵方巻。

毎年どっちを向いて食べるのか、

ネットで律儀に調べている方も多いのでは?

 

私が小さい頃は、節分と言えば鬼が来て

「鬼は外~!福は内~!」

と声をかけながら鬼に豆を投げて、

そのあと歳の数だけ豆を食べる…

というだけのイベントだったと記憶しています。

 

最近は、「節分と言えば豆まき恵方巻き

に落ち着いた感がありますね。

 

恵方巻きは恵方を向いて、

その方角から目をそらさずに無言で一気に

一本まるまる太巻きを食べる…

という縁起物なのはご存じの通りです。

 

このちょっとお行儀がよろしくない感じがする

お食事で得られるものは、

縁起アゲアゲ・商売繁盛・無病息災

とフルコースです。

 

この節分の恵方巻きはいつから

私たちの生活の中に取り込まれたのでしょう?

 

諸説あり!恵方巻はいつから流行ったものなのか

丸かぶり

恵方巻きについていろいろ調べてみると、

諸説ありまして、いつから流行ったものなのか

実ははっきりとは解明されていないのです。

 

一説に、江戸末期から明治にかけて、

”大阪の商人街で商売繁盛・無病息災・家内円満

を願って始まった”

と言われているものがあります。

 

また一説に、

”関西で忙しさのあまりに巻き寿司を

切らずにかぶりつき、ついでに神棚に向かって

その年の無病息災を願い、拝んでいたのが始まり”

とも言われています。

 

となると、ルーツは関西にあるのでしょうか?

関西では恵方巻きが昔から長く

受け継がれてきたのでしょうか?

日本全体の伝統ではなく、

ローカルなイベントが全国展開したのでしょうか?

 

恐らく、現代の恵方巻きを売っている販売店も

そのルーツを知らないまま作っているところが

大半ではないでしょうか。

 

豆まきのほうも昔は謂れ(いわれ)が

あったのでしょうが、現代では邪気を払う、

鬼を追い払う程度のイメージですよね。

 

まずは、節分のなんたるかから

勉強しないといけないですね。

このブログには節分や豆まきの起源についての

記事もあるので、あわせて読んでみて下さいね。

 

スポンサードリンク

 

恵方巻の仕掛け人は海苔屋?それともコンビニ?

恵方巻

現在、海苔は養殖技術が発達し、

いつでも店舗で購入できますが、

昔はそうはいきませんでした。

 

昭和20年代にアメリカの教授が

日本で海苔を研究する教授にヒントを与え、

その数年後に人工採苗に成功し、

海苔の養殖が始まり安定供給が可能となりました。

 

その後、昭和50年代あたりから、

全国的に海苔は過剰生産となってしまいました。

 

海苔が過剰生産となった時期と前後して、

関西のメディアが恵方巻きを取り上げます。

この頃から恵方巻きは関西に定着したのでは

ないでしょうか。

 

時代が昭和から平成に移り変わった1989年、

広島県のセブンイレブンの一部店舗が

恵方巻きの前身の販売を始めました。

 

その後、1998年に『丸かぶり寿司 恵方巻』

として全国販売を始め、大ヒットしたというのが

現在の恵方巻きのルーツとなっているようです。

 

”過剰生産で困った海苔屋さんと

メディア・大手コンビニがタッグを組んで流行らせた“

といったところでしょうか。

 

戦後アメリカが小麦粉の余剰在庫を抱え、

日本の学校給食にパンが導入された話を

思い出しました。

 

まとめ

恵方巻の起源についていかがでしたでしょうか?

なんとなーく聞いたことはあっても、

詳しくは知らない方が大半ではないでしょうか。

 

ちなみに、恵方巻きを食べるときは、

食べ終わるまで喋ってはいけません。

 

言葉がこぼれると運を取りこぼし、

途中で切ってしまうと運が切れてしまうとか…。

作法にうるさい恵方巻きですが、

美味しい縁起物です。

 

そしてそこらじゅうで売っているとなると、

クリスマスやバレンタインデーでご存知の通り、

流行りものが好きな日本人は

ついつい買ってしまいそうですね。

 

最近はいろんな寿司ネタの恵方巻きや、

スイーツの恵方巻きもあるそうです。

お好みの恵方巻きで無病息災など

ご利益を期待しましょう。

 

そして今度の節分では

この恵方巻の起源について、

ちょっとドヤ顔でご家族に話してみて下さいね!

 

タイトルとURLをコピーしました