夏休みの宿題が終わらない!小中高校生別に出来る対策とは?

夏休みの宿題 季節のイベント

スポンサードリンク



夏休みの宿題

夏休みも終盤になり、

「宿題が終わっていない!」

と毎年のように大慌てに…

 

親は困っている子供を目の前にして

「手伝うべきか否か…」

悩むところですよね。

 

この記事を読むと、

夏休みの宿題を最終日までやらない

子供にどのような対策をすれば良いのか、

そのヒントがわかりますよ。

 

スポンサードリンク

 

夏休みの宿題が終わらない!小中学生の子供は親が手伝うべき?

宿題を手伝う親

小学生の頃は興味関心を優先させてしまい、

なかなか学校の宿題をやりたがらないことも

あるかもしれません。

 

更に、夏休みの宿題が終わらないという悩みは

本格的に部活動の始まる中学生になってから

格段と増えるのです。

 

部活の予定がギッチリ入ってしまうと、

部活疲れでグッタリしてしまって

なかなか宿題に手がつかないということも。

 

「ま、明日やればいっか!」

と、どんどん先延ばしにしてしまうと、

結果として宿題が終わらない…

ということになってしまいます。

 

そこで、

時間管理をすることを親と一緒に行う

ということが効果的でです。

 

つまり、

夏休みの宿題の取り掛かりだけを

親御さんと一緒にするのです。

そしてタイムマネジメント

身に付けるようにしましょう。

 

特にテレビを見る・ゲームをするなどは

自分では中々コントロールしにくいでしょう。

 

親御さんが「テレビやゲームは1時間まで!」

とルールを決めてしまうと、

子供も勉強の時間を確保しやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

夏休みの宿題がなくなることはない!高校生になったら自力で解決を

宿題をする高校生

夏休みの宿題は放置したところで

なくなることはありません。

いくら先延ばしにしても、

最終的には完了しなければならないのです。

 

小中学生の頃は、自分のやりたいことを

優先させたい気持ちを抑えたり、

時間管理をすることが難しいかもしれません。

 

しかし、高校生になったらほぼ大人です。

いつまでも親に頼ってばかりではいられません。

自力で宿題を完了することが

できるようにならなければいけませんよね。

 

そのためには、いくつかのポイントがあります。

 

勉強にメリハリをつけよう!

  • 勉強中に友達からLINEが気になる
  • テレビを見ていたらついつい時間が経ってしまう

など宿題中に誘惑はたくさんあります。

特に高校生はスマホを持っている子も多く、

スマホの誘惑は簡単には勝てないでしょう。

 

そこで、

勉強中は関係ないものは遮断する

と決めて、物理的に勉強の邪魔になるものは

排除してしまいましょう。

 

例えば、

  • 勉強中はスマホを親に預ける
  • 遠い戸棚の中に隠す

などして、お子さんの手が届く範囲に置かずに

見ることのできない状況を作り出すのです。

 

また、アプリやグッズの力を借りる手もあります。

 

例えば、タイマーロックというアプリ。

アンドロイド専用なのですが、

予め指定した時間までスマホにロックがかかり、

一切触れなくなるというアプリです。

 

どうしても解除して使いたい場合は、

100円課金しないといけないという(笑)

スマホ依存対策もここまで来たか…!

という感じです。

 

お子さんのスマホを触っている時間が

多すぎる場合はこっそりインストールして

タイマーを設定しちゃうのもありですね。

 

更に、デジタルではなくアナログに攻めるなら

タイムロッキングコンテナというグッズも

最近注目を浴びています。

 

プラスチックの箱にタイマーがついていて、

指定時間になるまで蓋が空かなくなります。

これにスマホを入れておけば、

箱を壊さない限りは取り出せません。

 

しかも壊すには少々躊躇うくらいの

ややお高いグッズですので、

最終手段に有効かと思われます。

 

テレビの場合ですと、

オフタイマーを設定しておいて

1時間経ったら自動的に消えるようにしましょう。

もちろんリモコンは親御さんが管理です。

 

また、どうしても見たいテレビ番組は

「録画しておいて、宿題が終わったら解禁」

と、ルールを決めておくと良いでしょう。

 

友達と締め切りを共有しよう

夏休みの宿題を行う過程は、

誰も何も言わないことが多いので

ついつい先送りにしてしまうものです。

 

そこで、友達同士で「宿題を何日までにやる」

という約束をすると良いでしょう

そうすることで宿題に対する拘束力が出てきます。

 

その時に宿題を細かく分けて、

その都度チェックし合うようにしましょう。

 

「XXの教科を◯ページから△ページまで何月何日までにやる」

のように、なるべく具体的に細かい目標を

立てると良いでしょう。

 

友達同士で行うことは、

親がやるよりも自分たちで問題を協力して

解決しようとするという点で有益です。

 

もし、友達同士で決めた締め切りまでに

宿題を完成させることができなかったら

「ジュースをおごるなど」の縛りを付ける

より効果的です^^

 

まとめ

  • 勉強時間にメリハリをつける
  • 誘惑を強制的に絶つ
  • タイムマネジメントを親が手伝う
  • 友達と宿題の進行状況を共有する

 

以上のことを心掛けることで、

デッドラインに追われることは無くなります。

 

宿題は時間管理を身につける上でも

子供にとって有益です。

 

大きくなってからいつまでも

親が手伝うことのないようにするために、

小さい頃から自力で行うことを

習慣づけていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました