年賀状の返事がなしの人はいつまで待つべき?返事がないのは非常識?

年賀はがき 季節のイベント

スポンサードリンク



年賀はがき

年末が近づいてくると当たり前のように準備する年賀状。

いつもお世話になっている人に送るのはもちろん、最近会っていない友達や親戚などにも、なんとなく毎年の習慣として送っている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、届いた年賀状を見ていると、自分が送った人から返ってきていないこともありますよね。

しばらく待っていても、返ってこない。

最近では、スマホの普及に伴って、メールやSNSがあるからと、年賀状を出さない人も増えています。

 

せっかく送った年賀状に返信がこない場合、来年からは送らないようにするという方が大半ですが、そもそも、返事をしない人はどのような人が多いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

年賀状を出したのに返事なしの人の理由って何?

年賀状の返事をしない人のほとんどの理由は「面倒くさいから」です。

自分がもらって嬉しいと感じている人は、年賀状をきちんと返事をしている人でしょう。

 

つまり、年賀状が返すのが「面倒くさい」と感じている人は、年賀状をそもそも貰っても嬉しいと感じていない人が多いのです。

そのため、年賀状のやり取りを終わらせたいという思いや、自分が嬉しくないものを押し付けるのは嫌だといった思いから、返さないことがあるようです。

 

また、お正月は実家に帰ったり、初詣に出かけたり、旅行に行っていたりと、何かと忙しい時期でもあります。

そのため、年賀状が届いていても、バタバタしている間に返しそびれてしまったという理由で返さない人もいます。

 

少数派ではありますが、年賀状が来ていても、喪中のため返せなかったという人もいます。

その場合は、事前に喪中はがきで知らせている場合も多いので、きちんと届いていないか確認してから送るようにしましょう。

喪中はがきは年賀状の準備が始まるかなり前に届くため、つい受け取っていたことを忘れてしまうことがあるので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

 

年賀状の返事はいつまでに出すのが礼儀?

年賀はがきを使った年賀状を出していいのは、松の内という期間までといわれており、一般的には、1月7日までには出すのが礼儀です。

 

なので、返事を返すのが遅くなってしまった場合でも、年賀状として返事を送る場合には7日までには必ず出すようにしましょう。

 

年賀状を7日までに返せなかった場合には、1月5日から立春まで送ることができる、寒中見舞いを送るのがベストです。

 

また、7日より前に送る場合であっても、年賀状のシーズンは郵便配達も混雑していてなかなか届かない場合があります。

そのため、ギリギリになりそうな場合も、寒中見舞いに切り替えて送るのがいいでしょう。

 

年賀状を返す場合や、寒中見舞いを送る場合には、日付を1月吉日とし、年賀状をいただいたお礼などを一言添えると、より印象の良い返事を送ることができます。

 

年賀状の返事がない人には来年は出さなくていい?

年賀状が返ってこなかった相手に対して、来年からは送らないという意見はとても多いです。

相手が返してこないのも、「年賀状は送らなくていいよ」という意思表示である場合も多いため、無理に毎年出す必要もないでしょう。

 

ですが、毎年返信をくれる人から、その年だけ返ってこなかったり、普段からお世話になっている人だったりする場合は、来年から送るのをやめてしまうのではなく、少し様子をみて送り続けるというのもありですね。

 

年賀状をこちらから送らなかった年に、向こうから年賀状が来た場合は、こちらからきちんと返せば何の問題もありません

送られてきた年賀状をチェックして、送らなかった相手には、なるべく早めに年賀状を返しましょう。

 

また、「年賀状自体が面倒だし、自分にはわざわざ送らなくていい」というように思っている人に対しては、年賀状ではなくメールやLINEで新年の挨拶を送ってみましょう

意外と、新年の挨拶をする気はあるのに、年賀状の文化が嫌だという人は多いのです。

 

私は2つの職場を経験していますが、必ず1つの職場に1人は年賀状を頑なに返さない女性がいました(^^;)

1つ目の職場では、お世話になっている先輩に年賀状を送っていたのですが、返信がなく、「見落としされたかな?それとも忙しくて返す暇がなかったのかな?」なんて思って、何年か送り続けていました。

しかし、年明けに会っても、特にお礼も何も言われないので、そこでやっと「ああ、この人は年賀状いらない人なんだ」と気づいてやめました。

 

次の職場では、先輩に年賀状を送りたいからと住所を聞いたら、「私はいらないから!」と断言してくれました。

これくらいスパッと言ってくれた方がわかりやすくて、いいですね^^

 

まとめ

お正月の恒例行事である年賀状。

日本に古くからある文化の一つでもありますが、時代の変化とともに、年賀状を出さない人、返さない人も多くなってきました。

 

人々の生活スタイルが変われば、文化が変わってくることもあります。

年賀状を送っても返ってこないからと言って、深く考える必要はありません。

 

年賀状を返さない人には、来年から送らなくても問題はないですし、どうしても新年の挨拶をしたい場合は、メールやLINEなどを活用して連絡してみてもいいでしょう。

 

また、年賀状を返しそびれてしまった場合にも、寒中見舞いで対応することもできますので、タイミングや相手に合わせて、ベストだと思われる対応をしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました