成人式に出ないのはおかしいし、後悔する?行かないと親不孝なの?

成人式

「成人式に出るべきかどうか?」

このように悩んでいる方、実は結構多いですよね。

振袖レンタルや着付けの予約も前年の早い時期から予約しないといけないですし、当然「式自体に行くのが面倒」と思う方もいますよね。

ちなみに、私は成人式には行ってません!

理由は主にこの4つ。

  • 出産後、わずか3ヶ月だった。しかも基本的に既婚者は振袖を着れない。
  • 北海道在住なので、1月は寒い(笑)
  • 結婚した以上、親からお金を出してもらうのは悪い。
  • 正直、興味ない!

その私が31歳になり、成人式について思うことを色々話して行きたいと思います!

スポンサーリンク

成人式に出ないっておかしいことなの?

もちろ成人式に出ないことはおかしくない!です。

冒頭で申し上げたように、私自身が成人式には行ってませんから。

親は「行っても良いんだよ?」「振袖着たって良いんじゃない?」と言ってくれましたが、「行くのが面倒」という気持ちが強かったです。

何より産後でしたし、子育てで手一杯!でした。

親もしきたりなど気にしない人だったので、それ以上は特に何も言いませんでした。

親心としては「本当は行ってほしいな…」と思っていたのかもしれません。

でも、自分が興味ないのに、行って楽しいでしょうか?

しかも、結構な出費ですよ。

レンタルもピンキリですが、有名デザイナーの振袖は20万円くらいします。

着付けや髪の毛も美容院などでプロにお願いしたいでしょうし、草履で歩いて行くのは辛いからタクシーを使う人もいるでしょう。

また、成人式の後にパーティーに参加するなら、かなりの額になりそうですよね。

私はそういう諸々のことも気になったので、「それなら、家族皆で旅行に行こう!」と誘っちゃいました。

私1人にそんな大金を使ってほしくなかったですし。

でも、「晴れ姿を見たい」と思う親心も、母になった今になってわかるものです。

なので、式に出席をしなくても、「プロのカメラマンによる写真撮影」だけでもすると、お互いにとって良い記念になると思いますよ!

私も記念に写真だけは撮りました^^

スポンサーリンク

成人式に出ないと後悔する?した人はいる?

私に関して言えば、「後悔はない!」です。

でも、「行っても楽しかったかな?」と思うことはありました。

友達がSNSで成人式の様子をアップしていたので、それを見ると、すごく楽しそうに見えました。

また、私の地域では三十路式といい、「30歳の集い」がありました。

その三十路式に出ると、とても楽しかったんです!

中学校の同級生にも会えましたし、当時あまり知らなかった人とも仲良くなれました。

その繋がりで、時々遊びに行くようにもなりました。

そう思うと、「成人式も出ておけば、同じように楽しめたのかも」なんて思いました。

でも、三十路式で十分交流はできたので、成人式に対する悔いはないです!

ちなみに、経済的・時間的に行けない等の理由で欠席をする方は、後悔しがちなので注意が必要です。

なぜなら「お金さえあれば」「時間さえあれば」行きたかった…となるからです。

一方で、

  • 行きたくない
  • 興味ない
  • もっと他に楽しいことがある

など、自分の意思で行かなかった人は後悔しないでしょう。

あの時の自分はそう思ったからOK!と納得できるからです。

自分の気持ちを大事にしていれば、成人式に限らず後悔などないはずです。

さて、あなたはどちらでしょう?

成人式に行かないと親不孝なの?親を説得させる方法とは

親不孝になるかどうかは、あなたの本当の気持ちを尊重できるかによります

「行きたいけど…お金が心配」であれば、まずは親に相談しましょう。

「行きたくない!」ならハッキリと行きたくないと伝えましょう。

私、この歳になって改めて「親不孝ってなんだろう?」と考えました。

親不孝の意味って、「親を大切にしないで、心配や迷惑をかけること」ですよね。

もし、お金が心配…であれば、相談せず行かないと言うのは「親不孝」です。

だって、子供にお金の心配をさせているって親が気付いたら、悲しいですもの…。

でも、「行きたくない!」という自分の意思であれば、「親不孝」ではないはずです。

20年近く育ててくれた親です。

きっと「あなたの意思を尊重する!」と、思ってくれますよ。

もちろん「行かないと後悔するよ!」「私は行ったよ!」など、色々なことを言われる可能性もありますよね。

でも、それは、「あなたに後悔してほしくない!」と思う愛情です。

私から見ると、優しいお母さん・お父さんですよ^^

そんな時には、

ありがとう!でも私成人式は行きたくないの。行っても疲れちゃうし…。

だったら、その日一緒にご飯に行って私の成人お祝いしてくれる!?

記念に写真だけは撮りたいから、写真撮る時についてきて!

などの、別な提案をしてみてはいかがでしょう?

そこまで行きたくないなら…と、親御さんも理解してくれるはずですよ。

ちなみに、成人式直前になって「やっぱり行こう!」と決めても、美容室などは既に予約で埋まってしまい、空いていないこともありますし、レンタルできる振袖も限られるので、お気に入りの柄がない…ということが考えられます。

反対に、直前になって「行かない!」と決めてキャンセルしても、キャンセル料が発生することがありますので、非常に勿体ないことになります。

ですので、できるだけ早めに、行くか行かないかを決めることをオススメします^^

せっかくの一生に一度の成人の日ですから。

どちらの選択になっても、悔いのないようにして下さいね。

まとめ

私は「成人式に行かないと自分で決めた」ので、後悔はしていません。

でも、誰かに「行くな」と言われたら、後悔していたかもしれません。

反対に「行け」と言われて行っても、後悔していたかも。

まずは「どうして行きたくないのか?」の理由を整理してみましょう。

そして、自分の中で答えが出たら実行するのみです!

考えた結果、「行きたい」と思って成人式に行った人は、もちろん後悔しません。

その逆もまた然りです。

後悔するのも、親不孝になるのも、

自分の意思で行く・行かないを決めなかった人

だと思います。

成人になって最初の決断をご自身でできることを願っています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする