子供に教えたい!なぜ鬼は赤鬼と青鬼がいるの?違いは何?

赤鬼と青鬼 季節のイベント

スポンサードリンク



節分になるとあちこちで鬼のお面や

鬼の仮装などを見かけるようになりますね。

 

「ねえねえ~ママ、なんで鬼は赤と青なの?」

 

子供って些細な疑問で頭がいっぱいです!

あなたは「赤鬼」と「青鬼」の違いを

お子さんに説明できますか?

鬼の色に込められた意味を紐解いてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

赤鬼と青鬼が誕生した由来とは?なぜ赤と青なのか?

赤鬼と青鬼2

 

子供に読み聞かせる昔話によく登場する

赤鬼」と「青鬼」。

鬼と言えば赤と青というイメージが

大人になった私たちには刷り込まれていますが、

なぜその色なのでしょうか?

 

鬼とはそもそも、日本の民話などに登場する

人型の妖怪です。

 

棍棒を振り上げるたくましい肉体。

恐ろしい強面がジロリと睨みつけてくる姿は、

大の大人でもドキドキしてしまいそう。

頭に生えた角が特徴で、大きな牙やとがった爪

などが描かれることもあります。

 

人を食らう魔物であるとか、

姿の見えない幽霊のような存在であるなど、

時代や地域によって鬼の捉え方は様々です。

 

鬼の色の意味合いは仏教に由来しています。

五蓋(ごがい)と言われる

人間の煩悩をそれぞれ色に例え、それを

鬼に当てはめたのではないかと言われています。

 

赤鬼は「貪欲(とんよく)」を表しています。

貪欲とは欲深さを表す言葉で、

欲にまみれて心の静まらない様を指します。

欲望は全ての煩悩の根源ともされていて、

リーダー格っぽい赤鬼にぴったりですよね。

 

青鬼は「瞋恚(しんに)」の化身として

描かれています。瞋恚(しんに)とは

あまり聞きなれない言葉ですが、

仏教用語で「怒り」を意味します。

心の狭さ・貧しさを表現していると考えられます。

 

鬼の色は人間の邪念を具現化したものでした。

これから昔話を読む際には、

鬼の役割に注目してみると、物語に隠された

メッセージが見えてくるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

赤鬼と青鬼が登場する昔話をご紹介

泣いた赤鬼

ここからは読み聞かせにぴったりの

定番のお話から隠れた名作まで、

赤鬼・青鬼が登場する昔話をご紹介します。

 

一寸法師

【あらすじ】

昔々、とある村に小指ほどの大きさの男の子が

生まれました。男の子は「一寸法師」という

名前を付けられて、大変可愛がられました。

 

成長した一寸法師は侍になることを志し、

針の剣とお椀の船で旅立ちます。

 

道中、お姫様をさらった赤鬼に出くわします。

一寸法師は懸命に闘いましたが、

小さな体は鬼に丸呑みされてしまいました。

しかし、一寸法師は持っていた針の剣で

鬼の腹の中を突いて見事に降参させてみせました。

 

大手柄の一寸法師は、助けたお姫様と

幸せに暮らしました。

 

【ひとこと】

悪い赤鬼が登場するお話しとして有名です。

勇敢な主人公に降参させられる姿は痛快ですね。

 

鬼の爪

【あらすじ】

大変に強欲なことで有名なお婆さんが

遂に死んでしまいました。

お寺の和尚さんはこのお婆さんの

お葬式の準備を始めます。

 

そこへ、地獄からやってきた赤鬼と青鬼は

「嫌われ者の婆さんは地獄行が決まっている!」

と言って、お婆さんの眠る棺桶をさらおうと

邪魔をしてきます。

 

和尚さんは必至に棺桶にしがみついて、

村人たちにお経を読むように訴えます。

嫌われ者のお婆さんに構うことをしなかった

村人たちですが、和尚さんの必死の呼びかけに

お経を読みだすと、たまらなくなった鬼は

棺桶を放りすてて逃げていきました。

 

無事取り戻した棺桶には鬼の爪が刺さったまま

だったそうです。

 

【ひとこと】

生前、欲深な行いをしていると

地獄から鬼が迎えにくるという内容です。

強欲なお婆さんと鬼に通じる物を感じますね。

亡くなった人に甲乙はないと言うメッセージも

込められています。

 

泣いた赤鬼

【あらすじ】

赤鬼は人間の友達を欲しがっていました。

しかし、人間たちは赤鬼を怖がって

近づこうともしません。

 

見かねた青鬼は

「僕が町で悪さをするから、

君が町の人たちを救って人気者になりなよ!」

と提案してきました。

 

赤鬼は青鬼に悪いと思い断りましたが、

青鬼は構わず作戦を実行し、思惑通り大成功。

たちまち赤鬼の家には人間の友達が

集まるようになりました。

 

しかし、あれからというもの青鬼の姿を

見かけていない赤鬼は心配になり、

青鬼の家に向かいました。

すると扉にこんな貼り紙がしてありました。

 

『赤鬼君へ。僕と仲良くしていると、

人間たちに怖がられてしまうでしょう。

僕は遠くへ旅立つので、赤鬼君は人間たちと

仲良く暮らしてください。』

 

貼り紙を読んだ赤鬼はただただ、

涙を流し続けました。

 

【ひとこと】

鬼が悪役ではないストーリーのひとつです。

この昔話には考察が様々あって、

大人でもじっくり考えたくなる内容ですね。

 

まとめ

赤鬼と青鬼の由来は仏教の五蓋から

来ていることが分かりました。

 

昔話や絵本では悪役になりがちな鬼ですが、

実は人間の煩悩を背負った

切ない妖怪なのかもしれません。

 

昔話からから学べる教訓というのは

とても多いものです。

 

私も小さい頃、「日本昔話」をよく見ていて、

祖母に絵本全巻セットを買ってもらいました。

何度も何度も読んだのでボロボロですが、

何十年経った今も保管してあります。

 

それくらい読み返しても飽きないし、

毎回学ぶことがあり、大人でも楽しめます。

 

情報に溢れすぎて忙しい現代社会で

忘れがちな人間のあるべき姿、

そして人が本来持つ優しさを思い出させてくれます。

ぜひ、節分を機に昔話を読んでみて下さい。

 

鬼の由来や存在について考えながら

お子様とコミュニケーションを取ると、

また新たな気づきがあるはずですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました