節分は大事な年の節目!節分の歴史についてわかりやすく解説

節分 季節のイベント

スポンサードリンク



2月3日といえば節分の日です。

節分は各地で豆まきやお祭りが行われるなど、

古来より日本人に親しまれてきた行事ですね。

 

しかし、実際になぜ節分をするのかと聞かれると

不明な部分があるのも事実。

 

なぜ豆をまくのか?

また、恵方巻きを食べる意味とは?

今回は節分にまつわる豆知識を

わかりやすくご紹介します。

 

そもそも節分はいつから始まった行事なの?

豆まき

 

節分の歴史

節分が始まったのはいつからでしょう?

それは飛鳥時代までさかのぼります。

 

節分の原型となった「大儺(たいな)」

という行事が中国では行われていました。

それが遣唐使によって日本に伝えられ、

現在の節分の形となりました。

 

大儺とは、一年の終わりに疫鬼を追い払い、

新しい年を迎える行事です。

 

疫鬼とは中国に伝わっている鬼神あるいは

妖怪といわれており、疫病を起こすなど

人を苦しめる存在であると言われていました。

 

日本の節分も、目に見えない鬼を追い払うための

行事として行われているので、

そこまで違いはないように感じますね。

 

豆まきの歴史

今では「豆」をまきますが、

室町時代には「」をまいていたそうです。

室町時代を過ぎるころには米から

豆をまく習慣に変わっていきました。

 

なぜ豆をまくのかというと、

豆には鬼を退ける力があると信じられており、

まくことで邪気を追い払い、

厄払いをしていたのです。

 

そして、自分の年齢(数え年)の数だけ

豆を食べることにも意味があります。

 

炒った豆は邪気が払われることから

福豆」と呼ばれていました。

その「福」を歳の数だけで体内に入れることで、

翌年もたくさんの福に恵まれるように…

と祈願したそうです。

 

恵方巻の歴史

では、恵方巻きを食べるようになったのは

いつからでしょう?

それは不明とされています。

しかし、江戸時代にはすでにあったという説も。

 

”大阪の商人たちが商売繁盛と

厄をはらうために食べ始めた”

ことが発祥だという説が有名です。

 

恵方巻きが全国に広まったのは、

コンビニのセブンイレブンが1989年に

販売したのが先駆けだといわれています。

 

今では節分になると、

全国どのスーパーにもコンビニにも

恵方巻きは並んでいますね。

 

節分行事の歴史

節分とはうんと昔から行われている行事であり、

昔と今でも「邪気をはらう」という

厄払いをする点では変わらないということです。

 

昔は、病気をすると鬼や妖怪のしわざだと

信じられていました。

なので、今では節分といえばちょっとした行事

といったイメージですが、

昔は本気で鬼をはらうために行われていた

欠かすことのできない慣習だったのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

知らなかった!節分は実は夏にもあるんです

恵方巻

意外や意外!

なんと節分は夏にもあるということを

知っていましたか?

 

節分とは季節の分かれ目の日を指すため、

立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分の日

となります。

 

このことから、夏の節分といえば、

8月6日ということになります。

 

節分といえば寒い季節の行事という

イメージなので、どうしても真夏に

「鬼は~外!福は~内!」

と言うのは変な気がしますね(^^;)

 

しかし、コンビニでは「夏の節分」という名目で

恵方巻きを売るところが増えてきています。

いつか夏の節分もいたって普通になる日が

来るかもしれません。

 

まとめ

節分の日は、私にとって恵方巻きとイワシを

食べる日というイメージしかありませんでした。

 

豆まきはどちらかというと面倒くさがって

あまりやらなかった記憶があります。

 

なぜ豆を食べるの?と親に聞いたら、

「お腹にいる怒りんぼの鬼や泣き虫の鬼を

追い払うためだよ」

と教えてくれたのを今でも覚えています。

 

子どもの頃は

「私の中にいる鬼さんいなくなーれ!」

と、お願いしながら豆を食べていたものです。

 

小さなお子さんがいらっしゃるお家は

節分の歴史についてお話した上で、

一緒に豆まきや恵方巻きを食べてみては

いかがでしょうか。

 

ちなみに、豆まきの豆は一般的に大豆を

使いますが、地域によっては違うものを

投げることがあります。

 

私の親は東北出身のため、

豆まきには落花生をまきます。

私にとっては豆まきと言えば落花生

というのが普通でした。

 

落花生だと、豆まきをしても掃除が楽ですし、

まいた落花生も美味しく食べられるので

おススメです^^

 

節分の歴史を理解した上で、ぜひ今年の節分は

ご家族で楽しみながら厄払いをしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました