学級閉鎖の時は留守番を子供にさせる?留守番は何歳から大丈夫?

誰もいない教室

小学生の子を持つワーママにとってのこのシーズン一番の悩み!

それは学級閉鎖・学年閉鎖・学校閉鎖ではありませんか??

私は北海道在住です。

風邪などの他にも、台風や吹雪で学校が臨時休校になります。

特に「台風の予報」「吹雪の予報」だけで休校は正直困ります!

「実際そうなってから決めてよ〜!」と思う気持ちもあります…

まぁ、でも、子供の安全を第一に考えれば、何も間違ってないんですけどね(^^;)

でも、職場には

「子供の学校が臨時休校なので、お休みします。」

と、なかなか言いづらい時がありますよね?

特に月末や月初などの忙しい時期であれば余計に。

かといって、周りに頼れる人もいない…

そんな時どうすればいいのでしょうか?

私の実体験を元に、お話しさせていただきます!

スポンサーリンク

学級閉鎖の時は留守番をさせる?それともさせない?

いきなりぶっつけ本番で留守番をさせるのは危険ですので、やめましょう。

前もって留守番の練習をした方が良いですね。

我が家は小2からやってみました。

ちょうど2年生になった時に「下の子の妊娠」が分かり、今後を考えて…というキッカケでした。

でも、子供の同級生の中には1年生から留守番をしている子もいました。

「すごいね〜!偉いね〜!」と思いましたが、急ぐ必要はないです。

子供の成長にも個人差がありますしね。

ここで、お留守番をさせる前に、まずはやって頂きたいことがあります。

1.「職場に連れて行くことはできるか?」を事前に会社に確認

実際、私は今の職場も、前の職場もOKでした!!

普段はもちろんダメなのですが、「臨時休校だったら仕方ない」ということで、緊急時は連れて行っても良い決まりになっていました。

「一緒に職場に行っても良いか?」はダメ元でも良いので、聞いてみましょう!

2.学童に通ってる子は学童に確認

私が通わせていた学童では「基本的には、親御さんがお休みしてください」というスタンスでしたが、「仕事の場合など、やむを得ない時は相談してください」と臨機応変に対応して下さいました。

「親御さんが送り迎えができるなら良いですよ」と言ってもらえましたので、学級閉鎖などになっても、預け先があるという安心感がありました。

3.自治体の制度を利用できるか確認

学童にも通ってないし、職場もダメ…という方は、お住まいの自治体に相談してみましょう!

私の地域では、「特例で」だったのですが、児童養護施設で短時間預かってもらえました。

本来、平日は17時〜しかダメなのですが、事情を話すとOKでした!

利用料はかかりましたが、一人で家で留守番をさせるよりは安心ですよね。

子供を一人で留守番させるのは不安…と感じてるママさんは、まずは職場・学童・自治体にお子さんを預けられるかどうかを確認してみて下さいね。

スポンサーリンク

子供に留守番をさせるなら何歳から?

子供に留守番をさせたいなら、下記4つは出来るようになってからの方が良いでしょう。

  • 約束を守れる
  • いつもと違うことがあったらお母さんに言う
  • お母さんに電話できる
  • 住所、名前、電話番号が言える

突然の学級閉鎖につい焦ってしまい、「いい機会だから、お留守番練習に!」と思っても、危険なことが起きた時に何も出来なかったら、意味がありません。

お留守番で大事なことは「危険なときでも、自分の身を守れる」ことです。

これは1年生からOK!の子もいれば、3年生でも不安…という子もいますよね?

先ほど挙げた4つのことが出来る・言えるようになってからの方が安全です。

一概に「何年生から」ということはないのです。

お子さんの成長度に合わせて、お留守番ができそうかどうか判断してあげて下さいね。

学級閉鎖で子供に留守番させる時に気を付けるべきポイントは?

事前にルールを決めることがポイントになります。

  • 何かあったら、お母さんに電話する
  • 誰か来ても家のドアを開けない
  • 学級閉鎖なので、外出はしない(ベランダも危険なので出ない)
  • ガスを使わない(お昼ご飯は火を使わなくていいものを用意しましょう)
  • 自分の家の電話番号・住所が言える

主にこの5つが大事なルールになります!

そのルールを決めた上で、事前に練習できるといいですね。

とはいっても、いきなり何時間も!は危険ですし、心配ですよね。

最初は30分程度から始めてみましょう。

そのあと、1時間、2時間…と徐々に時間を伸ばしましょう。

お母さんに電話するなどは、実際に電話をかけさせてみて、練習するといいですね。

ただ、留守番中の子供はやることがなかったら退屈して、危険なことをする可能性があります!

なので、「留守番中にやることを決める」というルールも我が家では入れています。

例えば、

  • お風呂掃除をする
  • トイレ掃除をする
  • 洗濯物をたたむ
  • 部屋を片付ける
  • 家庭学習をする
  • それが終わったらゲームしてOK!

ってな感じです。

今では、私が仕事に行っている間に、「家事手伝い」をしてくれるので、学級閉鎖になってもありがたいと思うほどです(笑)

そこそこ大きい年齢のお子さんなら、「家事手伝い+ご褒美」で結構手伝ってくれると思いますよ!ぜひお試しあれ^^

まとめ

我が家は、学級閉鎖で留守番をさせた時、子供より私の方が不安がってました。

子供は「大丈夫だよ〜!」と笑顔だったのですが、「その『大丈夫』が怖いんだよ…」と私は思っていました(^^;)

ですが、何度かお留守番をしてもらううちに、「大丈夫だ!」と思えるようになりました。

何事も、経験ですね…

これから学級閉鎖が頻繁に起こってくるでしょうから、まずは親子間で留守番のルールを決めて、何回か練習をしてみて、突然の留守番にも対応できるようにしておきましょう。

更にお家のお手伝いもできるようになったら、お子さんもグッと成長できて、お母さんも助かって、一石二鳥です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする