水着は洗濯しないとどうなる?洗濯機や乾燥機は使ってもいいの?

水着 季節のイベント

スポンサードリンク



水着プールや海水浴のシーズンになり、水着の出番が増えてくる今日この頃ですが、ふと、水着ってどうやって洗うのが正解なんだろう…と思ったことはありませんか?

そもそも、水着は普通の衣類とはちょっと材質が違うため、他の洗濯物と一緒に洗ってもいいのか、洗濯機で回していいのか、更には乾燥機を使ってもいいのか…と色々と疑問に思いますよね。

今回はそんな疑問に答えていきたいと思います!

 

水着は洗濯しないもの?水洗いだけでOKなの?

水着は使ったら必ず洗いましょう

どうせまた濡れるものだし、そのままでもいいや…と思いそうですが、プールは色々な人の皮脂や汗が浮かんでいるので、塩素消毒をされているとはいえ綺麗とは言えないです。

また、海水や塩素がついたままだと、水着は傷んでしまい、寿命が短くなります。

正しいお手入れ方法を覚えて、長持ちさせましょう!

 

水着は脱いだ直後に水洗いしよう!

水着の多くが、ポリエステルとポリウレタンの2種類の繊維が編まれて作られています。

他にもポリエステルではなく、ナイロンとポリウレタンの2種類の繊維で編まれているものもあります。

 

プールには塩素が含まれているのですが、水着の素材になっているポリウレタンはなんとその塩素に弱い性質があるんです。

そのため、プールから上がった後の水着を洗わずに、そのまま持ち帰ってくると水着の色あせや傷みの原因になってしまいます。

 

なので水着は着用したら、脱いだ後すぐに水洗いをしておくようにしましょう

私も健康のために、たまにプールに運動しに行くのですが、泳ぎ終わった後は水着を水道水で洗ってからもって帰ってくるようにしています。

これだけで塩素が流れるので、水着の痛みをかなり防ぐことが出来ますよ。

 

お子さんが学校の水泳の授業などで、水着を洗ってくるのがと難しいようであれば、帰ってきたらできるだけ早くお洗濯するようにしましょう。

ポイントは塩素がついた状態をできる限り短くすることです!

 

家に帰ったら中性洗剤を使って手洗いしよう!

プールから上がった直後に、水着はまず水洗いをしておくと説明しましたが、お家に帰ったら、改めて中性洗剤を使って手洗いをするようにしましょう。

洗い方と脱水の仕方、干し方について説明しますね。

 

〈用意するもの〉

  • 中性洗剤
  • 洗面器など水着を洗うための容器
  • 30℃程度のぬるま湯
  • バスタオル
  • ハンガーなど水着を干せるもの

 

〈洗い方~干し方〉

  1. 洗面器などの容器にぬるま湯と中性洗剤をいれます。
  2. 水着の汚れた部分を表にして容器に浸けます。
  3. 水着を30回ほど押し洗いします。
  4. 容器のぬるま湯を捨て、新しいぬるま湯と入れ替えます。
  5. 再度水着を押し洗いして洗剤を落とします。
  6. 洗った水着は絞ったりせず、乾いたバスタオルではさんで水気を吸い取るようにします
  7. バスタオルに挟んだままポンポンと軽く水着をおさえてタオルドライします。
  8. 水気が大方取れたら、水着を裏返しにします。
  9. 裏返したら水着をハンガーなどにかけて陰干ししましょう。

ちょっと工程が多いですが、これくらい丁寧に扱ってあげると、水着の持ちも全然違いますよ。

 

スポンサードリンク

 

水着の洗濯機&乾燥機の使用は禁止!

上記工程を見て、「え~面倒くさい。洗濯機でパパッと洗っちゃいたい!」と思った方もいるでしょう。

 

しかし、水着を洗濯機で洗うのはNGです!

水着を早くダメにしてしまいます。

 

水着を洗濯機の強い力で洗ってしまうと、生地が傷んでしまうのです。

せっかく買った水着がすぐダメになってしまったら勿体ないし、嫌ですよね?

なので、できるだけ手洗いをするようにしましょう。

 

手洗いするのって大変そうに思えますが、水着はひどく汚れるものではないので、軽く押し洗いするだけでOKですし、時間も5分程度ですので、簡単ですよ。

このひと手間だけで、水着がグンと長持ちしてくれますので、是非やってみてください。

 

どうしても忙しくて手洗いができないという場合は、洗濯ネットにいれて手洗いコースで洗うという方法もありますが、手洗いに比べると寿命は短くなるかと思います。

 

また、洗った後の水気を切るために、水着を絞ることはやめましょう

これも水着の寿命を縮める原因の一つです。

上に書いた方法でタオルドライしてあげると水気はほとんどなくなりますので、ギュッ!と絞りたくなる衝動を抑えて、優しく扱って下さいね。

 

すぐに乾かしたいからって、乾燥機を使うのもNGですよ。

水着って熱にとっても弱いのです。

なので、乾燥機を使って水着を乾燥させるなんて言語道断です。

縮んでしまう原因になりますので気を付けましょう。

 

水着は乾きやすい素材で作られていますので、タオルドライのあと陰干しをするだけで、数時間で乾きますよ。

 

まとめ

今では屋内プールが増えて、一年中プールに入れるようになりました。

そのため、夏に限らずプールに通う大人もお子さんも増えています。

 

通う頻度が増えれば、水着の消耗も早くなります。

ぜひ、正しい水着の洗い方と干し方を覚えて、長持ちさせてましょう。

 

水着は間違った洗い方や乾燥をすれば、すぐにダメになってしまう繊細なものです。

水着も消耗品ですから、いずれは買い替えなければいけなくはなりますが、環境面や省コストの観点からも、1つのものを長く使っていけるようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました