女子が選ぶ!ホワイトデーのお返しに貰って嬉しい物はこれだ!

ホワイトデーのプレゼント 季節のイベント

スポンサードリンク



バレンタインデーの次はホワイトデー。

企業の戦略に乗せられている気もしますが、

楽しい行事はどんどん乗っかっていきましょう!

 

バレンタインの時期になると、小売店では

チョコレート用の特設コーナーが出来たり、

普段は買えない珍しいチョコや有名メーカーの

スイーツなどが売っていたりするものです。

 

女性は異性にプレゼントするものの他に、

友チョコや自分用のチョコレートなどを買って

バレンタインをそれなりに楽しんでいます。

 

一方ホワイトデーはどうでしょう?

男性はバレンタインの直後からお返しのことで

頭がいっぱいで、女性のようにイベントを

楽しむ余裕なんてないかもしれませんね。

 

そこで、少しでも男性の不安を和らげるべく、

女性に喜ばれるホワイトデーのギフトを

女性目線でお話ししてみたいと思います!

バレンタインのお返しに悩んでいる男性は

参考にしてみて下さいね。

 

ホワイトデーのお返しは彼女には何をあげるといい?

プレゼント2

彼女へのホワイトデーのお返しは、

お菓子+小物」など+αの要素が必要でしょう。

小物はアクセサリーでもなんでも、

彼女が喜びそうなものを、普段のお付き合いで

ご存知でしょうから、選んであげてください。

 

私はアイマスクとかビーズクッションとか

もらった記憶がありますね~。

どちらも「仕事でお疲れだから」という

理由だったと記憶しています。

父の日か!(笑)

 

でも、ぶっちゃけ好きな人から貰えれば

なんだって嬉しいもんですよ^^

ただ、自作のポエムとか歌は、人によっては

引かれる可能性があるので気を付けましょう。

 

それはさておき、お菓子が問題です。

実はホワイトデーに女性に渡すお菓子には

ちょっとした意味が隠されているのです。

そういうことを気にする彼女でしたら、

予め気をつけておきましょう。

 

・キャンディ … あなたが好き

・クッキー … あなたはお友達

・マシュマロ … あなたが嫌い

 

なんと、こんな意味があるのです!

おそらくお菓子業界の戦略によって

こういう意味が付け加えられたのでしょうが、

間違えて彼女にマシュマロを渡すことだけは

避けなければいけませんね。

 

彼女にはキャンディ一択です!

彼女がその意味を知らなかったら、

教えてあげてください。

喜ぶかもしれませんよ^^

 

ちなみに、バレンタイン発祥の欧米には

ホワイトデーという習慣はありません。

ホワイトデーは、主に日本の

「いただいたらお返しを」という

気持ちから生まれた文化のようです。

 

そもそも、海外のバレンタインデーは

男女関係なくチョコレートやプレゼントを

贈る日なので、日本とは様相が違うのですね。

 

スポンサードリンク

 

忘れると怖い!ホワイトデーのお返しは職場の義理チョコに対してはどうすべきか?

お菓子

バレンタインにはまだままだ義理チョコの文化も

根強く残っていますね。特に職場はそうです。

 

景気がいい頃は、

「バレンタインに何かもらったら、

ホワイトデーに3倍返し」

なんてお話もありました。

 

義理チョコに3倍返しは金銭的に大変なので、

それは彼女だけにしてあげてください。

もちろん、余裕があったらで(;^_^)

 

職場でもらった義理チョコのお返しとしては、

無難なところではクッキーでしょうか。

「あなたはお友達=同僚」ということで…。

 

もしくは、キャンディでもクッキーでも

マシュマロでもない、他のお菓子を

お返しするのもいいでしょうね。

何を買えばいいかわからない場合は、

彼女や奥さんに相談してみましょう。

 

人数が少なければ、ひとりひとりに

お返しに行きましょう。

 

女性の数が多かったり、女性スタッフ一同などと

連名で義理チョコを貰った場合は、

大きな菓子折りやケーキでも買ってきて、

代表またはボス的な女性に預けて

分けてもらうのもいいでしょう。

 

チョコをくれた・くれなかったに関わらず、

「みんなで食べて」とたくさんのお菓子を

持っていけば、好感度アップ間違い無しです。

 

もしホワイトデーに出張や休みが重なったり

するようなら、前倒しで渡しておきましょう。

自分がホワイトデー当日は不在だからと、

お返しをスルーしてはいけません

 

また、義理チョコのお返しは

あまりケチってはいけません

女性陣全員にお返しするのは大変ですが、

少し良いお菓子を選びましょう。

 

きちんとお返しをしたとしても、

チロルチョコ一個では女性陣はドン引きです。

上がるはずの好感度が下がってしまいます。

 

女性陣は後が怖いですからね(;´Д`)

「あの人何もお返しをくれなかった!」

「あの人のお返しケチすぎない?」

など更衣室や給湯室で噂されてしまうかも?

 

「文句言われるくらいなら、チョコいらんわ!」

「お返し目当てでチョコを配るな!」

なんて男性側の主張も聞こえてきそうです。

 

気持ちはよぉ~くわかります。

でも、これもコミュニケーションの1つと

割り切って、きちんと対応しておきましょう。

 

そうすると、後々きっといいことがありますよ。

自分の仕事を優先して処理してくれたり、

困った時に助け船を出してくれたり。

 

女性陣のネットワークを侮るなかれ!

一見関係ないような部署同士の人でも

繋がっていることがあります。

良い評判も悪い評判もツーツーです。

 

悪いことは言わない。

女性を味方につけるべし。

特にリーダー格のベテランのおばちゃん。

時には上司たちより力になってくれ、

仕事も円滑に進むことでしょう。

 

まとめ

私が昔働いていた職場では

男女比が5:1くらいでしたので、

義理チョコを選ぶのも配るのも苦労しました。

 

女性スタッフが一丸となって、

この係は〇〇さんの担当…あっちの係は…

などと相談して、男性全員に渡していました。

 

ホワイトデーは比率のとおり、5人くらいの

男性で女性1人にお返しを下さったので、

結構おいしいものや素敵な小物を頂いた

覚えがあります。

 

別に3倍返しじゃなくてもいいんです。

本命チョコは別ですが、義理チョコは感謝の印。

義理チョコのお返しにも日ごろの感謝が

詰まっていれば、それでいいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました