よく考えて!派遣から直接雇用へのオファーを断るのはあり?

悩む女性 仕事

スポンサードリンク



悩める派遣社員のみなさん、こんにちはー。

元・派遣社員7年選手です。

 

この記事を読んでいるということは、

あなたも今いる派遣先から直接雇用の

オファーを頂いて悩んでいるということですね?

 

何もない派遣社員の方からすると、

「直接雇用になるのに、何を悩んでいるの?」

と思ってしまいがちですよね。

 

でも、実際のところ、直接雇用になった途端、

給料が減ったり、業務量や責任が一気に増えて

自分の時間がなくなる可能性もあるわけで。

すぐには二つ返事ってできないものですよね。

 

そこで、直接雇用のオファーが来た時に

注意すべき点や、実際そのオファーを

断ったことがある私の体験談を

少しお話ししてみようかと思います。

 

派遣からの直接雇用はパート?契約社員?正社員?

求人を見る女性

直接雇用と一重にいっても、

雇用主が直接その派遣先に変わるだけで、

パート・契約社員・正社員と雇用形態は様々。

 

「直接雇用=正社員」と思って飛びつくと、

痛い目に合います。

パートや契約社員など非正規雇用形態も

含まれることがあるので、よく確認を!

 

まず、この直接雇用3タイプについて、

それぞれの特徴を簡単に見てみましょう。

 

・パート:

時間雇用であるため、給料は時給制。

派遣と同じく休んだ分だけ給料は減ります。

フルタイムでないことも多く、時給が良くても

月収や年収で見るとあまり伸びないことも。

 

ただ、あまり責任ある仕事は任されないため、

時間も融通が利きやすく、

子育て中のママさんや介護がある方などには

働きやすい形態と言えるかもしれません。

 

・契約社員:

契約期間や業務範囲は決まっているものの、

仕事に求められるスキルや責任は

正社員とほぼ同等。

 

ただ、賞与や昇給がないことも多く、

契約満了後の先行きも不透明なため、

非常に微妙なポジションです。

 

・正社員:

実際安定しているかどうかはさておき、

社会的に最も信頼されているポジションです。

クレジットカードの入会やローンの申込なども

正社員であれば、ほぼ苦労しないでしょう。

 

よっぽどでない限りクビにはならないので、

基本的には定年まで勤めることができます。

 

ただ、拘束時間や責任はどの雇用形態よりも重く、

最もストレスフルなポジションとも言えます。

「時間<お金」重視の人向きと言えるかも。

 

と、上記3つの雇用形態を経験した

私の独断と偏見で書いてみました。

 

どれがベストっていうのはなくて、

ご自身の望む働き方と一番マッチしているもの

を選ぶと良いと思います。

 

年収を取るのか、時給を取るのか。

キャリアを取るのか、プライベートを取るのか。

ストレスを取るのか、心身の健康を取るのか。

今一度、自分の価値観と向き合ってみましょう。

 

スポンサードリンク

 

派遣から直接雇用になると時給が減る!?

給料

直接雇用になった場合の給料を

時給換算したら今より減ったんだけど!?

 

これは、直接雇用あるあるですね。

元々、派遣社員は交通費が出ないため

時給を高めに設定してあると言われています。

(この理論もなんか納得できませんが…)

 

なので、直接雇用になった時に時給換算すると

派遣社員の時よりも少なくなってしまうのは、

ある程度は仕方ないのかもしれません。

 

ただ、各種手当や賞与などを含めて年間で見ると

給料全体としては上がっているはずです。

それでも少ない場合は…足元見られているかも?

ちょっと正社員になるのは考えた方が良いかもです。

 

しかし、昇給が大きい会社なのであれば、

例えば毎年1万円ずつ給料が上がる会社なら、

すぐに派遣時代の時給を

超えることができるでしょう。

 

派遣社員で年間1万円分の時給交渉をしよう

と思ったら、相当なスキルでも持っていない限り、

かなり難しいでしょうしね。

 

目先の給料で考えるか、長い目で考えるか、

ここも悩ましいところですね。

 

私は派遣社員→契約社員のオファーを頂いた時、

時給換算云々以前に、年収が100万以上も

上がることが明確だったので、OKしました。

まぁ、元々が低すぎたんですけどね…(^^;)

 

あなたも3年くらいのスパンで一度考えてみて、

どちらがより時給が高くなるか計算してみては

いかがでしょうか。

 

大手企業正社員のオファーを断った私の体験談

断る女性

派遣として7年ほど働いた経験のある私ですが、

派遣先は2ヵ所経験しています。

 

最初の派遣先は上場一部の大手企業で、

派遣法改正前で5年半勤めました。

CMもやってる優良企業で、配属当初は

「ここで正社員になれたらいいな~」

なんて思ってました。

 

が、長く勤めていると色々な事が見えてきます。

何と言っても、心の病にかかる人の多いこと!

そりゃもうビックリするくらいです。

 

更に、どんどんスキルを高めてきた私に

中堅正社員の女性(いわゆるお局様)が、

 

「〇〇さんが正社員になったら

もっと色んなことやらせてやるのに~」

 

と、嫌味たっぷりに言ってきたので、

 

(あ~、絶対ここで長く働きたくねぇわ)

 

と思い直しました(笑)

 

その時、ちょうどやりたい仕事が見つかった

こともあって、派遣社員の特権である

帰宅後の潤沢な自由時間を使って(笑)、

その仕事に向けて毎日勉強していました。

 

やがて正社員のオファーを頂いたのですが、

上記の理由から、断って間もなく退職しました。

 

もちろん、例の女性に

「なんで?なんで断るの!?勿体ない!」

って何度も詰め寄られましたけどね。

 

でも、そこは「やりたいことがあるので^^」

ってその会社のことやお局様のことは悪く言わず、

前向きな理由で断ったことを伝えました

 

その後は、やりたい仕事が安定するまでは

またどこかで派遣でも~と思っていたら、

現職場への派遣が決まり、勤務開始1年半後に

直接雇用のオファーを頂きました。

 

今のところ、ワークライフバランスは取れていて

どちらの仕事もきちんと取り組めているので、

まぁ満足かな、といった感じです^^

 

まとめ

直接雇用のオファーって突然来ますからね。

心の準備ができてないのに、

短期間で結論求められてあたふたしますよね。

 

派遣社員をされている方は、みなさんそれぞれの

お考えがあってのことだと思います。

 

特にお金よりも時間を大切にしたいという

思いの方が多いのではないでしょうか。

私もその1人でした。

 

正社員含め、直接雇用のオファーを断ることは

何も悪いことでも変なことでもないですよ。

 

・本当は自分がどうしたいのか

・これからどうしていきたいのか

・どんな未来を思い描いているのか

 

を今一度整理して、よく考えてみましょう。

 

特にやりたいこともないしな…という場合は、

とりあえず直接雇用になってみて、

走りながら考えるというのも1つの手です。

 

あと、「雇われるだけが仕事じゃないよ」

というのも言っておきます。

今のご時世、ネットを使った様々な

可能性があることを忘れないで下さい。

 

あなたがあなたらしく活き活きと過ごせる

環境を見つけられることを祈っています^^

 

タイトルとURLをコピーしました