二次会でカラオケはなぜ鉄板なのか?行きたくない人の心理とは

デンモク 仕事

スポンサードリンク



忘年会に新年会に歓送迎会。

幹事の方はメンバーを集めないといけないし、

更に美味しいお店も選ばないといけないしで、

気苦労が絶えませんよね。

 

中でも頭が痛いのが二次会ではないでしょうか。

ちょっと昔なら二次会はカラオケが鉄板でした。

しかし、今の若い人はカラオケを好みません。

 

一人や気心知れた仲間と行くのは好きですが、

選曲に気を遣う付き合いのカラオケは

楽しくもなんともないのです。

 

なので、「二次会はカラオケ行こー!」

と言うと、残ってくれる人はドッと減ります。

 

カラオケが嫌いな人がいる場合、

どうすれば二次会に参加して貰えるでしょう?

 

二次会のカラオケが嫌いという人は実は多い

カラオケ

先ほど若い人は付き合いのカラオケを好まない

という話をしましたが、実は調べてみると、

若い人に限った話ではないようです。

 

今の若い人は「嫌なものは嫌」と

自己主張をすることにあまり抵抗がないですが、

上の世代の人は場の空気を乱さないよう、

多少嫌でも付き合いのうちと割り切っています。

 

なので、若い人のカラオケ嫌いが

目立つように見えるだけで、

どの世代にも一定数は

カラオケが嫌いな人はいるのです。

 

ネットのお悩み掲示板を調べてみて、

カラオケが嫌いな人の理由をまとめてみました。

 

【カラオケが嫌いな理由】

・音痴

・歌うのがそもそも好きじゃない

・人前で歌うのが嫌

・普段は洋楽やクラシックやジャズを聴いているので歌える曲が無い

 

実は私もカラオケが嫌いで、

上の理由に全て当てはまりました。

 

もともと歌うことが好きじゃありませんし、

歌もそんなに上手くありません。

しかもその上手くない歌を

職場の人に聞かせるのは恥ずかしいです。

 

そんなにテレビやラジオも聞かないので、

流行りの曲も知りません。

 

ただし全てがつまらないわけではありません。

他の人が歌っているのを聞くのは楽しいですし、

盛り上がっている場の雰囲気も割と好きです。

 

ただ、二次会は別にカラオケじゃなくても

いいのではないかと思っています(^^;)

 

スポンサードリンク

 

二次会はカラオケ以外にもたくさん選択肢はある!

ダーツ

二次会は毎回カラオケにするのではなく、

苦手な人でも参加しやすいように

たまには変えてみるのも良いでしょう。

そこで二次会の候補を挙げてみました。

 

・ダーツ

最近は投げ放題のお店もあります。

ペアを組んでチーム対抗戦をすれば

盛り上がりそうですね!

 

・ビリヤード

ダーツのお店に一緒に置いてあることも。

インターネットカフェだとビリヤード、

ダーツ、カラオケが一緒になっているので

そこで二次会をされる方もいるようです。

 

・ボウリング

一定の世代以上は喜ぶこと間違いなし(笑)

気軽に楽しめるスポーツですが、

翌日以降に来る筋肉痛にはご注意を。

 

・複合型レジャー施設

ボウリング、アミューズメント、カラオケ、

スポーツができる屋内型複合施設です。

皆さんご存知のラウンドワンがその代表ですね。

各々好きなことができる点が良いですね!

 

・カフェ

女性が多い場合は、まったりできるカフェで

スイーツなどを食べながらの談笑は喜ばれます。

 

私のおすすめはインターネットカフェです。

理由は繁華街に多くあり、選択肢が多いので、

同じ施設内でグループに別れることができます。

例えばカラオケ組とビリヤード組で別れるなど。

 

ただ、大人数では行ったことが無いので、

行く前にはお店に人数確認をしておきましょう。

 

まとめ

二次会の選択肢はいかがでしょうか?

いつもと違う場所で二次会をすれば、

カラオケが苦手な方でも参加しやすいですし、

また普段と違った一面が見れると思います。

ぜひご参考にしてみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました