メールを無視する失礼な人と仕事をする秘訣!送り続けるのはあり?

返信を待つOL 仕事

スポンサードリンク



返信を待つOL

仕事をしていると色んな人がいますよね。

現在のオフィスワークは、その仕事のほとんどがメールでやりとりされています。

 

メールだと国内外問わず、すぐに相手に届くし、料金もかからないしで、気軽に手軽にやりとりできます。

おかげで、仕事が円滑に進むことに一役買ってくれているわけですが…

 

たまにいませんか?

メールを無視する失礼な人が。

 

絶対見てるよね?

メールの内容は質問になってるよね?

もう数日経ったよね?

 

でも、なぜ返信しない…!?

回答に時間かかるなら、そう一言返してくれるだけでいいのに。

 

今日は、そのメールを無視するへの対処法について、熱く語っていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

メールを無視されたら送り続けずに、口頭で伝えよう!

メールを無視する人には、

 

『**の件について(再送)』

『**の件について(再再送)』

『【至急!】**の件について』

 

などと送り続けても無駄です。

逆に神経を逆撫でして、余計に返事が貰えなくなる可能性があります。

 

そういう人にはいくつか対策がありまして、まず一番良いのが「電話に切り替える」です。

メールを見ないなら、電話で捕まえてやりましょう!

電話なら一度出てしまえば逃げづらくなりますしね。

 

「例の件でメール送っておきましたけど、〇〇さん、もうご覧いただけましたか?」

 

と、あくまでも明るく、嫌味のない爽やかなトーンで伝えましょう。

「何度メールしたらわかるんだよ!?」という気持ちはおくびにも出さないように気を付けて下さいね。

 

しかし、中には掛かってきた番号を見て判断し、それすらも取らない強者もいます。

そうなったらもう、「その人の元へ突撃です。

 

顔と顔を合わせれば、もう逃げ場はありません。

周りにも聞こえるように、ちょっと大きめの声で伝えましょう。

 

「〇〇さん、例の件メールしましたので、見てもらえますかっ?」

 

と、周囲に業務メールが届いていることを知られた当人は、対応する業務に取り掛からずを得なくなるでしょう。

仕事のメールや電話を無視し続ける人って、自分に何かしら後ろめたいことがある場合や、不利な状況である場合が多い傾向にあります。

 

また、エラソーに構えているように見えて、実は気が小さいという場合も。

 

そういう時は、再度メールで督促し、報・連・相も兼ねてCCに上司を入れておくと、急に返事が来たりする場合があります(笑)

人を見て仕事選んでる人っていますからね…

そういう人には、遠慮なく上司の力を借りて一気にねじ伏せて一押ししてやりましょう!

 

スポンサードリンク

 

メールを無視する人は仕事で損をしている

冒頭で述べたように、今や仕事にメールは欠かせないものとなっています。

このコミュニケーションを疎かにすることによって、仕事への支障は大きなものとなります。

 

では、なぜメールを無視する人がいるのでしょう?

考えられる理由としては、、、

  1. メールを使い慣れてない(年配の人に多い)
  2. 忙しすぎて返信している時間がない
  3. 回答を保留にしているうちに忘れてしまった
  4. 返信するのが面倒
  5. わざと嫌がらせをしている
  6. 本当に急ぎなら電話してくるだろうと思っている

などなどです。

うっかり忘れであれば、大抵リマインドすれば返信をくれますが、リマインドすら無視する場合は4~6の理由が考えられますね。

 

完全に舐められていると思うと、腹が立ちますね。

しかし、メールを無視する人は確実に仕事で損をしています

 

まず第一に「信頼をなくす」ということが挙げられます。

「あの人に仕事を頼んだら、余計に遅くなる」と思われて、仕事を頼まれなくなり、やがて閑職に追いやられる可能性があります。

 

次に「チャンスを逃す」ということも挙げられます。

何度言っても返信が寄こそうとしない人に新しい仕事やポジションを頼もうとは誰も思いません。

 

その職場だけで見たら、そこまで大きな損には感じないかもしれませんが、そこから広がっていくであろう縁も全て潰してしまっているかもしれないと思うと、人生そのものも損している可能性があります。

 

やはり、丁寧な仕事をしてくれる人には、取引先からヘッドハンティングに合うこともありますし、プライベートで色々なお誘いを受けたり、またそこから新たな人間関係が広がって…なんてこともよくあります。

 

メールであれ、なんであれ、仕事でのコミュニケーションを疎かにすることは、仕事だけでなく人生で色々損しているということを覚えておきましょう。

 

なので、もしあなたの職場にメールを無視する人がいたら、「ああ、色々損してるな。可哀想に。」と思っておきましょう。

 

まとめ

メールを無視する人がいたら、こちらがイライラして返信を待っているばかりでは解決できません。

 

メールを送ったら電話で声をかける!

電話も出なかったら直接口頭で伝えに行く!

離席していたら、PCに付箋で『メール確認願います』と貼っておく!

 

「なんで私がここまで気を回さなきゃいけないの!?」と、こちらが先に折れたような感じがして、癪に障る方もいらっしゃるかもしれませんが、業務を円滑に回すため、そこは少し大人になりましょう。

 

組織の一員として働いている場合、大抵ひとりでは仕事が成り立ちません。

せっかく同じ組織と言う船に乗り合わせたのですから、ある程度は大人な態度で割り切るなどして、うまくやっていけるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました