既に限界かも…新人研修が長いと嘆いている新入社員の君へ

だれる新人 仕事

スポンサードリンク



入社後間もなく始まる新人研修。

早く仕事を覚えて、独り立ちしたい!

業務に精通して、活躍したい!

 

そんな明るい未来を想像して

胸が高鳴る日々を送っていたのに…

あれ…?うちの研修ちょっと変かも…?

と、何か違和感を覚えるなら要注意です。

 

内容がつまらなさすぎて退屈だ…

会社の沿革や商品の説明が長くて飽きた…

グループワークがぎこちなくて辛い…

と、これくらいの不満ならいいんです。

 

むしろ、こういうのはホワイト企業によくある

マニュアル通りの研修なのです。

 

じゃあ、どんな研修なら要注意なのか?

 

長い就活を耐え抜いてせっかく入社した

会社で頑張りたい気持ちもわかりますが、

限界を超えてまで耐えちゃいけない研修も

世の中にはあるのです。

 

筆者の体験談を交えながら見てみましょう。

 

新人研修が理不尽すぎてしんどい!もしかしてブラック企業かも…?

頭を抱える男性

要注意と疑うべき新人研修のまず一つ目。

それは「精神論」をやたら押し付けてくる

 

社是や企業理念ならまだしも、

「諦めなければ負けない」とか

「断られてからが営業だ」みたいな

何の根拠もない精神論ばかりを

刷り込んでくる研修は気を付けましょう。

 

私の新人研修の時に、当時の部長が、

 

「私はその場で土下座して契約を勝ち取った。

社会人たるもの、泥臭い仕事の一つや二つ

出来て当たり前だ!」

 

と、熱弁されていました…

いや~時代を感じますね(笑)

今の若い子が聞いたらドン引きしそうです。

 

もちろん精神面での強さは必要ですが、

それだけを押し付けてくるのは、問題です。

 

そして二つ目は「非常識」を押し付けてくる

これは実際、私が電話営業の研修の時に

教育係から言われたことなのですが…

 

「受話器はなるべく置かないように。

(=耳に当てたままかけ続けるってこと)

18時~22時までは個人宅を中心に電話すること」

 

「何、電話置くなって!?22時まで電話!?」

と、当時は心の中でツッコミまくってました。

22時なんて深夜に電話する方もされる方も

たまったもんじゃないですよね。

 

最後に三つ目が「人格否定」をする

これは洗脳系の新人教育に多いのですが、

人里離れた研修会場で(逃げられないように)

何日も合宿させられて、罵声を浴びせられたり、

大声で自分の短所を責められたり、

社是や社歌を大声で言わされたり…

 

と、信じられないですが、こんなことやってる

企業はまだまだあるようです。

 

個人的には、自衛隊研修とか船上研修とか、

「仲間意識を芽生えさせる」という名目の

洗脳系合宿は生理的に無理なので、

そういう研修をやってる会社は避けてましたね。

きっと勤めてもノリが合わないなって(笑)

 

このように、「あれ…何かおかしいな…?」

と少しでも感じたら、一歩引いて見る

これが非常に大事だと実感しました。

 

スポンサードリンク

 

新人研修がきつい!身の危機を感じたら早めに転職を…

悩む女性

研修がきついというだけで、

簡単に辞めるのは良くない!

そんなことは、みんなわかっていると思います。

 

でも、そんな正論だけでは片付けられない

心身に不調をきたすような有害な新人研修が

実際にあるということも忘れてはいけません。

 

精神論や非常識な考えを押し付けてくる。

1日30件飛び込み営業で名刺交換してこいとか、

研修中の態度を見てクビをちらつかせたりとか、

そういうのは、明らかに異常です!

 

心身共にボロボロになりながら、

研修を乗り越えたとしても、

そんな会社に未来ないでしょう。

 

私は上記の理不尽な新人研修を乗り越えて、

なんとか1年勤めましたが、そこでギブアップ…

唯一得たものは強靭な「KY力」でした(笑)

※KY力=危険を予知する力

 

新人研修に明らかな違和感を覚えるようなら、

早目に転職を視野に入れるのも、一つです。

第二新卒」の採用も増えてきましたしね。

 

できれば在職中に転職準備をするのがおススメ

退職してから転職活動をすると、

時間に余裕があるのでゆっくりじっくり

探せるという点ではメリットなのですが、

なかなか良い案件に巡り合えず無職期間が

長くなってくると気持ちに余裕がなくなります。

 

そうなると、また「この辺でいいかな」と、

あまり考えないでテキトーな会社を

選んでしまうことになりかねません。

 

「転職」という逃げ場があるのとないのでは、

精神面の負担が全然違います。

 

在職中に転職活動をしていると、

多少嫌なことがあっても、

「もう少しでこの会社ともオサラバできる!」

と、サラリと流せるので本当に気が楽ですよ。

 

まとめ

新人研修を受けてみて、自分に合う合わないは

当然出てくると思います。

 

明らかに洗脳系など異常な研修は論外ですが、

何となく自分と合わないと感じた場合でも

研修が終わって配属された後も、

結局しっくりこない可能性があります。

 

だからといってホイホイ転職するのは

なかなか難しいでしょう。

 

そんな時は慌てず「転職」というカードを

良い会社に出会えるまでこっそり

自分の中にしたためておきましょう。

 

そして、実際に転職先が決まったら、

今の勤務先には本当の理由を告げず、

「スキルアップを図りたいから」

というような前向きな理由を伝えましょう。

 

もちろん、心身が限界に来ているのであれば、

転職先が見つかるまでは…!と無理をせず、

休職するか、それをさせてもらえないなら、

そんな会社は迷わず退職しちゃいましょう。

 

社員を大事にしない会社に長居は不要です。

何をするにも健康な身体があってこそ!

まずはご自身を大事にして下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました