退職の引継ぎを十分させてくれない職場!どうすればいい?

悩むサラリーマン 仕事

スポンサードリンク



転職先が無事に決まり、新しい職場でのお仕事を

楽しみにしている方もいらっしゃるかと思います。

現在の職場で円満な退社をするためには、

しっかりとした引継ぎをすることが求められます。

 

しかし、場合によってはこの引継ぎの期間が

十分に確保できないという事態も

ありえるかもしれません。

 

このような時はどうすれば良いのでしょうか。

一緒に考えてみましょう。

 

退職の引き継ぎが不十分なまま辞めると迷惑がかかりそうで心配…

引継ぎ

退職の引継ぎが不十分だと、

どのような問題が起こるのでしょうか。

 

考えられるのは、

事前に決めた退職時期を先延ばしにすることを

会社に要求される

という事態です。

 

会社側としては、しっかりとした引継ぎをして、

後任者が問題なく業務を行えるようにして欲しい

と考えています。

 

もし、引継ぎの期間が足りないと判断したら、

退職の時期を先延ばしにしようとするのは

ある意味当然の行動でもあります。

 

しかし、これに安易に応じてしまうのは

考え物です。

 

転職先の会社も、事前に聞いている入社日に

合わせていろいろな準備をしていますので、

多大な迷惑をかけてしまうことになります。

最悪の場合、「内定取り消し」等といったことが

起こってしまうかもしれません。

 

だからといって、

退職時期の先延ばしを拒否した場合は

会社と禍根を残す結果となってしまう

ことも考えられてしまいます。

 

それを防ぐためにも、短い期間であっても

しっかりとした引継ぎをすることが大切です。

 

たまに、わざと退職時期を延ばすために、

後任者を一向に採用しないといったことをする

ブラック企業も存在するようです。

 

もしあなたがきちんと会社で定められた

規定日より前に退職を申し出ているのなら

気にせず、粛々と退職準備を進めておきましょう。

 

それで、引継ぎ期間が短くなったしても

それは会社の責任なので、

気にしないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

退職の引継ぎ期間が足りない時はこうやってみよう

マニュアル作成

それでは、退職の引継ぎ期間がとても短い場合は

どのように対処すればよいのでしょうか。

 

このような場合、後任者に手取り足取り

業務を教えるのはとても難しいので、

引継ぎマニュアルを作成するのが

良いかと思います。

 

マニュアルを作成することで、

引継ぎをしている証跡にもなります。

 

こちらに盛り込む内容は、

  • 日常業務の流れ
  • イレギュラー業務の対応方法
  • 見落としがちな注意点
  • 業務に関わる社内関係者リスト
  • 取引先の担当者リスト

などあれば良いと思います。

 

引継ぎマニュアルが

「読むだけで最低限の仕事ができるレベル」

の内容であれば、十分な引継ぎをした

ということになるでしょう。

 

私が新入社員の時に当時の上司が、

”マニュアル”とは、誰が読んでも

その業務ができるものを指す

と言っていたのを覚えています。

 

口で言うのは簡単ですが、

なかなか実際に作成するとなると

時間もかかりますし、文章で業務内容を

伝えるというのは難しいものです。

 

ですので、出来れば退職の有無に関わらず

日頃から手の空いた時にマニュアルを

作成をしておくと便利です。

 

急に長期で休むことになった時や、

急な異動となった時でも、

予め作成されたマニュアルがあると

引継ぎもとてもスムーズに進められます。

 

これはどの職場でも使えるやり方ですので、

ぜひ次の職場でも日頃からコツコツと

マニュアルを作成されることを

おススメします。

 

余裕があれば、上記で書いた項目以外に

  • 業務をする上で気が付いた点
  • 改善した方が良い点

などの詳細な内容を書いておくと親切でしょう。

 

私は引継ぎマニュアルに、各担当者の

クセや仕事の頼み方といった攻略法を

記載していたのですが、これが後任者に

「とっても助かる!」と評判でした。

他のどのマニュアルにも載っていない

私だけのオリジナル情報ですからね(笑)

 

これはみなさんにおススメしたいです。

 

まとめ

退職をする際の引継ぎは、退職者が果たすべき

最後の仕事であると言えます。

お世話になった職場への恩を返すためにも、

引継ぎはしっかりとしていきたいものですね。

 

嫌いな職場であっても、関係者や後任者のために

できるだけ引継ぎはしておくことを勧めます。

今後もどこで縁があるかわかりませんし、

なんといっても引継ぎが不十分であった時の

後任者のことを考えると不憫です(経験談)。

 

引継ぎマニュアルは余裕を持って作成していれば

引継ぎも楽ですし、時間がなくても対応できます。

 

例えどんな職場であっても、

「立つ鳥後を濁さず」という言葉を

しっかりと実践して、

円満退職を目指してください。

 

タイトルとURLをコピーしました